魚の気持ち  2月5日

ここは釧路川の細岡カヌーステーションです。カヌーは上流の塘路あたりから
下ってここで降ります。このあたりから上流のの塘路あたりはカーブや深みが
あってフィッシングの好ポイントがいっぱいあり、40センチから60センチくらいの
アメマスがよく釣れます。この川の大きさですから時折イトウだの特大ニジマス
のはなしも聞きます。冬も前面結氷することはまれですが、上流から氷片が流れて
きたりして釣りずらくなるので春までシーズンオフの状態になりますが、今年は暖冬
ですでに賑わっています。
自分も毎度休日にはさおをかついで行っておりました。家に帰ってから妻に
「おもしろいの」 と聞かれ
「釣り人はいつも魚の気持ちになって考えるんだ。いいかここらへんにルアーを
 着水させて、このへんでヒラヒラさせるだろ、そうするとさかなは
 う~がまんできねェ~と ここで喰らいつくのさ」なんて講釈をはじめます。
「へぇ~、そうなんだ。    ねえ、私の気持ちもわかってね。」 「・・・・・・・・。」

釣った魚にも時々えさはいるようです。
f0113639_1030355.jpg

 

# by trlkushiro | 2007-02-05 10:31 | えとせとら  

たんちょう釧路空港   2月 4日

昨年11月から道東の玄関口 釧路空港が 「たんちょう釧路空港」と名称が
変わりました。空港ビルのネオンサインも新しくなり2月2日に点灯式が行われました。
名前に「たんちょう」がついただけですが、日本もせまいようで広い、まして北のはずれ
北海道の地名と場所がピンとこない人も多いとおもいます。でも、「たんちょう」と名が
つくと北海道東部と気付くのではないでしょうか。
この「たんちょう釧路空港」は丘の上にあって、丘の下には丹頂自然公園があります。
当社 釧路空港店にもタンチョウの鳴き声が聞こえてきます。丘の上にあるせいか
渡り鳥たちの飛行ルートにあたっているようで、春秋はよく上空を飛んでいる鳥を
見かけます。春にはまさにタンチョウが営巣地を探すため上空高く旋回している姿も
よくみます。タンチョウも管制塔の指示を待っているのでしょうか。 そんなわけない!
f0113639_10213366.jpg

# by trlkushiro | 2007-02-04 10:22 | えとせとら  

釧根の自慢話   2月3日

注意  自慢話をぶちかましますから飛ばされないようにどこかにしがみついて下さい。

釧路・根室には釧路湿原、阿寒、知床の3つの国立公園があり知床は
世界自然遺産にもなっています。  ・・・・・・・・・おォーっ!
厚岸と野付・風連の2つの道立公園があります。  ・・・・・ふぅ~ン。
釧路湿原、霧多布湿原、厚岸湖・別寒辺牛湿原、阿寒湖、野付半島・野付湾
風連湖・春国岱の6ヶ所のラムサール条約登録の湿地があります。 ・・・・ラムとサル?
新鮮な魚介類と豊かな恵みの乳製品などの食通をうならす食材があります。
                                ・・・・・いっぱいたべたらイクラカニ。
見どころが各所に点在して、あちこちに旅の疲れを癒す温泉があります。 
                                  ・・・・・・ハァービバノンノ♪
自然が多く、タンチョウをはじめとする国内でも貴重な動植物が多く生息しています。
                                      ・・・クッシーもいるのか?
自然な河川が多くフィッシングやカヌーのメッカです。 ・・・・それじゃ一回いってメッカ。
                                           なんてね。

f0113639_1019328.jpg



クッシー  何十年も前に屈斜路湖でえたいの知れない巨大な生物の背中らしきものを
       見たという事で 「やや!ネッシーならぬクッシー」と全国的な話題になった。

# by trlkushiro | 2007-02-03 10:23 | えとせとら  

初の「SL冬の湿原号」撮影記 その3 2月1日

その3
「いいかんじー」    「あれっ?」 なんかおかしい。「あーっ」
 カシャカシャと音がしているのは隣のお兄さんのカメラで自分のは
「しまった! 連写モードにするのわすれてたー」 シャッター切らさったのは
最初の1コマだけ。機関車はすぐそこに来てるしズーム戻さなきゃと戻したつもりが
逆に伸ばしてしまうし、とりあえずシャッター
うわぁ 真横にいる!「パシャッ」
f0113639_1122784.jpg

ようやくズーム戻して撮った写真 あーなんか「哀愁のうしろ姿」
f0113639_11251459.jpg

まわりのカメラマンはさっさとあとかたづけをはじめ、気がつくと6~7人いるみたい。
もしかしたらと再生してみる。最初の1コマやたら遠いし、次はでっかい動輪
最後は「哀愁のうしろ姿」
けむりのにおいだけがむなしく残っておりました。

# by trlkushiro | 2007-02-01 11:40 | えとせとら  

初の「SL冬の湿原号」撮影記 その2 1月31日

その2

「よーし、この感じで」とAM11:09発のSLを待つ。カメラのチェックをして
時計をチラチラ見ながらいると遠くで汽笛の音 「フォーぉ~」いよいよだ。
駅の方角をみてると遠くで煙がモクモクと上がっている。
カンカンカンと踏み切りの警報音がしている。
ファインダーの中にSLの先頭がみえてきた。
キタキタキタキターッ。 ここぞとばかりにシャッターボタンを押す。
先頭の機関車にあわせてカメラを振る。
自分の頭の中のイメージは鉄橋いっぱいに列車がある図を想像していた、
今。まさにその図!
f0113639_15135831.jpg

その3は明日です。 乞うご期待。

# by trlkushiro | 2007-01-31 15:15 | えとせとら  

初の「SL冬の湿原号」撮影記 その1  1月31日

「SL釧路湿原号」が1月27日から連日運行となりました。この時期はタンチョウ
とSLを撮影するカメラマンがはるばる道外からお越しになるので
「どや、それでは自分も」とはじめてSLを撮影してきたレポートを3回に分けて
お伝えします。(コメントが入りきらないので今日のブログその2もあります。)

1月30日 天気はくもり、風もなくきっとSLの煙がモクモクと出るんだろうなと
期待しつつ釧路駅出発20分前に撮影現場に到着。場所は釧路駅を出発して
最初の鉄橋。旧釧路川に架かる鉄橋と雄雄しく走るSL、撮影ポイントとしては
ポピュラーな場所だ。現場にはすでに3人ほどがカメラを構えている。
線路向いのわきには低いアングルから狙う三脚を立てた本格的な2人、手前には
若いお兄さん。お兄さんの側のほうが初心者にはよさそうだと思い、一応あいさつ。
「こんにちわ。初めてなんですが隣で撮らしてもらっていいですか?」
「どうぞ、僕も初めてなんですよ」 このお兄さんも自分と同じだなんて思いつつ
カメラを見ると 「なんか高そうなカメラ」なんて思ってるとカンカンカンと踏み切り
の音。AM11:01発の根室行きが来るようだ。ちょうどいい時間のリハーサル。
カメラを点検、連写モードで待ちかまえると
キタキタキターっ。 カシャカシャカシャカシャ
さっそく再生すると  いい感じー。 イメージどおり。
f0113639_14293834.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-31 14:36 | えとせとら  

プリウス        1月29日

ハイブリッドって知ってますか。混成するという意味だそうです。
プリウスはご存知だと思いますがハイブリッドカーです。動力は
電気モーターとエンジンによって生み出されます。たいへん良く
できた車で最初はモーターで動き出しその後エンジンがまわります。
走行中エンジンがまわっているときや減速するとき発電機をまわして
蓄電して余分なエネルギーを無駄にすることなく有効に利用しています。
当然、燃費がよくて返却されたレンタカーは24km/ℓくらいです。
特筆すべきは加速性能と静粛性です。あっというまにスピードメーターは
上がっていますが、音が静かなので気がつきません。
 
f0113639_12453028.jpg

 速きこと風の如く 
 静かなること林の如く 
 加速すること火の如く
 在庫する事 山の如し 
「えっ!在庫の山?」そんなことありません。この車は人気車なので
必ず予約をしてください。
   

# by trlkushiro | 2007-01-29 12:48 | おすすめレンタカー  

マークⅩ(ペケでもバツでもない)   1月28日

マークⅡというとオジサンのイメージが強かったのですが、現行は
マークⅩ(エックス)と名称も改められスポーツセダンとして生まれ変わって
います。実際に乗った感じは、足まわりがいい感じです。
フロントはダブルウィッシュボーン、リヤはマルチリンクというサスペンション
のメカニズムで、この方式はベンツにも採用されています。
路面のつなぎめなどの凹凸の吸収もよく快適なドライブができます。
北海道の広くて長い道路を走るのには欠かせない高速性能にも優れています。
かつて私が若かりき頃、伯父さんの車を借りて乗ったスカイラインGT(ジャパン)
のあの路面にへばりつく感じのサスペンションに近いと思います。
あの頃のあこがれの車はスカGやレビン・トレノ・セリカGTなんかありました。
性能では今の車のほうがはるかに上回っていますが昔の車は味があった
ような気がします。
f0113639_1240164.jpg

*昨日の記事の中で「シラケ鳥」って何? という話になって社内調査した
 ところ、25歳以下にはわからない事が判明しました。
 わからなかった人は近くにいる「味のある人」に聞いてください。

# by trlkushiro | 2007-01-28 12:51 | おすすめレンタカー  

主役・わき役・エキストラ    1月27日

ここは阿寒タンチョウ観察センターです。200羽ほどのタンチョウがカメラマン
の要望に応えてポーズをとっています。午後2時に給餌を行います。エサは
ウグイ等の魚をまくのですがその時間に合わせて、なにやら続々と集まって
くるのがいます。カラスが来て、トンビが来て、なんだー白鳥もいるぞトンビかと
思ったらオジロワシが来て黒っぽいのはオオワシです。エサの魚をめぐって
鳥たちは激しいバトルをしています。
この時間の主役はタンチョウからまずはオジロワシに変わり、シャッター音が
けたたましく鳴っています。オオワシはさすがに威厳があって時折しか姿を
みせませんが「このエサ わしのじゃ」といってエサをかっさらっていきます。
えっ・・・・・? 「ワシのじゃ?」
どうやら シラケ鳥も登場したようです
下の写真右手のほうにみえるのはオジロワシです。
f0113639_12583556.jpg

はるばる来てみたけど、あまりエサにありつけなかった白鳥
「ねえどうする? 帰ろうか。」 「うん」
f0113639_1325664.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-27 13:14 | 旬のみどころ  

しょぼん・・・・・      1月26日

「なんか さびしいね・・・」
「なんか 足りないよね・・・・」
「だんだん 土ぼこりかぶって汚れてきたね」
「そうだね そういえばこの前、雪が降ったの20日も前だったね」
・・・・・というわけで小さいのが内側を向いていてかわいい雪だるまです。
この雪だるまの下のほうには「43th くしろ氷まつり 雪だるまの夢」と
いうプラカードがあります。 さて、雪だるまはどんな夢をみるんでしょうか。
この写真の向かって右手200メートル先には当社釧路店の店舗があります。
JRでお越しのお客様は雪だるまをゆっくりご覧になってください。
注意
・エサを与えないでください。
・石を投げないでください。
・かわいいからと抱きつかないでください。  近くに交番があります。
f0113639_1322065.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-26 13:36 | えとせとら  

音羽橋歩道橋から  1月23日

タンチョウのねぐら鶴居村の雪裡川(せつりがわ)です。
早朝気温がマイナス20度近くまで下がると川から「けあらし」(水蒸気)が
たちのぼり、遠くにタンチョウの姿が、また両岸の木々には樹氷がつき
幻想的な風景にかわります。
この時期、毎朝雪裡川にかかるここ音羽橋歩道橋には日の出前から
望遠レンズを構えるカメラマンでにぎわいます。
今年は暖冬で今のところ「けあらし」のあがり具合がイマイチのようですが
これからが本番。用具の手入れや防寒対策をしてお越しください。
ちなみにこの写真は昼すぎに撮りましたが脇の駐車場の車の中で
一服している○○建設のお兄さんに
「おじさん、今の時間はツルいねーべ。 来んなら朝こっぱやくこねーば
 だめだべさ」 ・・・・・と 言われました。
                           
f0113639_1514226.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-23 15:19 | 旬のみどころ  

炉ばたの主役 ホッケ    1月22日

レンタカーを返却したお客様に「何かおいしいもの食べられました?」と
よく聞きますが、以外とおおいのがホッケです。
「大きくて、厚くて、脂がのっていてパサパサじゃないもんね」なんて
よく聞きます。
写真は炉ばたで焼かれる前の魚屋さんの店頭です。
当然うまいのは高いほうでしょうか。
天日干しのホッケは太陽の光でうまみをギューっと濃縮して
じゅーっと焼いたあと皮から身がポロっとはがれる脂ののりと太陽の恵みで
お酒はすすむ、ごはんも進む、体重は増えることまちがいなしです。
f0113639_1617061.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-22 16:37 | おいしいもの情報  

あしあと   1月21日

f0113639_1155254.jpg
前にも道東には野鳥がいっぱいいる事をお伝えしましたが
野生の動物も多く生息しています。
この時期 雪の上を注意してみてみると動物のあしあとを
よく見かけます。
写真は道路から撮りましたが足元から牧草地が拡がって
います。背中のほう道路をはさんだ所からにもあしあとが
あることから、どうやらここは鹿の通り道(横断歩道?)の
ようです。鹿とクルマがぶつかる事故も意外と多くレンタカー
は年間10台くらいの事故があります。
道東は野生の鹿、野生のキツネ、野生のクマ、野生の人間?
が多いので景色にみとれることなく、しっかり前を見て運転
してください。

# by trlkushiro | 2007-01-21 11:06 | えとせとら  

カレイなる一族     1月20日

まぼろしのかれい?ツーショットです。
写真左は正式には「マツカワ」 通称「タンタカ」 ブランド名「王蝶(おうちょう」
です。焼いてよし、煮付けてよし、揚げてよし、刺身は特によし。
身のしまり脂ののり申し分なしです。以前は漁獲量が少ないなりに獲れては
いましたが、その後まったく獲れなくなり幻のカレイとなりましたが、最近養殖後
放流されたものが獲れるようになりました。
写真右は「ばばがれい」漢字で書くと「母々がれい」変換ちがうと「馬場が礼」アぽっ!
このさかなはまちがいなくking of NITSUKE(煮付け)煮つけの王様(女王様)。
身の厚さ、脂ののり、ついでに食べやすさ。5年くらい前までは漁獲量が少なくて
写真のサイズは1万円近くもしていましたが、ここ数年は資源が回復して買い求め
やすくなりました。
どちらも今はこの位の値段で買えますが、ちょっと人気が出るとこの値段では
買えなくなりそうなくらいの資源量です。
f0113639_13552889.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-20 14:09 | おいしいもの情報  

たらちゃん・・・・こわっ!   1月19日

たらちゃんでちゅー。 
      
さかなやさんでマダラの頭だけすみっこにあったのでアップで撮ってみました。
「たらちゃんでちゅー」というわりに、いかつい顔してます。
身を三枚におろされて、たらちりや昆布じめにまた白子は高級食材として
珍重されています。てんぷらやポン酢、みそ汁にいれても美味です。

それに引き替え頭すみっこじゃ  表情も恐くなりますよね。
たらは今が旬をむかえています。下の写真は白子(たち) ちょっと グロい
最近はこの1メートル近い魚を釣るのもはやっています。
f0113639_1675378.jpg
f0113639_1692121.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-19 16:23 | おいしいもの情報