初の「SL冬の湿原号」撮影記 その2 1月31日

その2

「よーし、この感じで」とAM11:09発のSLを待つ。カメラのチェックをして
時計をチラチラ見ながらいると遠くで汽笛の音 「フォーぉ~」いよいよだ。
駅の方角をみてると遠くで煙がモクモクと上がっている。
カンカンカンと踏み切りの警報音がしている。
ファインダーの中にSLの先頭がみえてきた。
キタキタキタキターッ。 ここぞとばかりにシャッターボタンを押す。
先頭の機関車にあわせてカメラを振る。
自分の頭の中のイメージは鉄橋いっぱいに列車がある図を想像していた、
今。まさにその図!
初の「SL冬の湿原号」撮影記 その2 1月31日_f0113639_15135831.jpg

その3は明日です。 乞うご期待。

# by trlkushiro | 2007-01-31 15:15 | えとせとら  

初の「SL冬の湿原号」撮影記 その1  1月31日

「SL釧路湿原号」が1月27日から連日運行となりました。この時期はタンチョウ
とSLを撮影するカメラマンがはるばる道外からお越しになるので
「どや、それでは自分も」とはじめてSLを撮影してきたレポートを3回に分けて
お伝えします。(コメントが入りきらないので今日のブログその2もあります。)

1月30日 天気はくもり、風もなくきっとSLの煙がモクモクと出るんだろうなと
期待しつつ釧路駅出発20分前に撮影現場に到着。場所は釧路駅を出発して
最初の鉄橋。旧釧路川に架かる鉄橋と雄雄しく走るSL、撮影ポイントとしては
ポピュラーな場所だ。現場にはすでに3人ほどがカメラを構えている。
線路向いのわきには低いアングルから狙う三脚を立てた本格的な2人、手前には
若いお兄さん。お兄さんの側のほうが初心者にはよさそうだと思い、一応あいさつ。
「こんにちわ。初めてなんですが隣で撮らしてもらっていいですか?」
「どうぞ、僕も初めてなんですよ」 このお兄さんも自分と同じだなんて思いつつ
カメラを見ると 「なんか高そうなカメラ」なんて思ってるとカンカンカンと踏み切り
の音。AM11:01発の根室行きが来るようだ。ちょうどいい時間のリハーサル。
カメラを点検、連写モードで待ちかまえると
キタキタキターっ。 カシャカシャカシャカシャ
さっそく再生すると  いい感じー。 イメージどおり。
初の「SL冬の湿原号」撮影記 その1  1月31日_f0113639_14293834.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-31 14:36 | えとせとら  

プリウス        1月29日

ハイブリッドって知ってますか。混成するという意味だそうです。
プリウスはご存知だと思いますがハイブリッドカーです。動力は
電気モーターとエンジンによって生み出されます。たいへん良く
できた車で最初はモーターで動き出しその後エンジンがまわります。
走行中エンジンがまわっているときや減速するとき発電機をまわして
蓄電して余分なエネルギーを無駄にすることなく有効に利用しています。
当然、燃費がよくて返却されたレンタカーは24km/ℓくらいです。
特筆すべきは加速性能と静粛性です。あっというまにスピードメーターは
上がっていますが、音が静かなので気がつきません。
 
プリウス        1月29日_f0113639_12453028.jpg

 速きこと風の如く 
 静かなること林の如く 
 加速すること火の如く
 在庫する事 山の如し 
「えっ!在庫の山?」そんなことありません。この車は人気車なので
必ず予約をしてください。
   

# by trlkushiro | 2007-01-29 12:48 | おすすめレンタカー  

マークⅩ(ペケでもバツでもない)   1月28日

マークⅡというとオジサンのイメージが強かったのですが、現行は
マークⅩ(エックス)と名称も改められスポーツセダンとして生まれ変わって
います。実際に乗った感じは、足まわりがいい感じです。
フロントはダブルウィッシュボーン、リヤはマルチリンクというサスペンション
のメカニズムで、この方式はベンツにも採用されています。
路面のつなぎめなどの凹凸の吸収もよく快適なドライブができます。
北海道の広くて長い道路を走るのには欠かせない高速性能にも優れています。
かつて私が若かりき頃、伯父さんの車を借りて乗ったスカイラインGT(ジャパン)
のあの路面にへばりつく感じのサスペンションに近いと思います。
あの頃のあこがれの車はスカGやレビン・トレノ・セリカGTなんかありました。
性能では今の車のほうがはるかに上回っていますが昔の車は味があった
ような気がします。
マークⅩ(ペケでもバツでもない)   1月28日_f0113639_1240164.jpg

*昨日の記事の中で「シラケ鳥」って何? という話になって社内調査した
 ところ、25歳以下にはわからない事が判明しました。
 わからなかった人は近くにいる「味のある人」に聞いてください。

# by trlkushiro | 2007-01-28 12:51 | おすすめレンタカー  

主役・わき役・エキストラ    1月27日

ここは阿寒タンチョウ観察センターです。200羽ほどのタンチョウがカメラマン
の要望に応えてポーズをとっています。午後2時に給餌を行います。エサは
ウグイ等の魚をまくのですがその時間に合わせて、なにやら続々と集まって
くるのがいます。カラスが来て、トンビが来て、なんだー白鳥もいるぞトンビかと
思ったらオジロワシが来て黒っぽいのはオオワシです。エサの魚をめぐって
鳥たちは激しいバトルをしています。
この時間の主役はタンチョウからまずはオジロワシに変わり、シャッター音が
けたたましく鳴っています。オオワシはさすがに威厳があって時折しか姿を
みせませんが「このエサ わしのじゃ」といってエサをかっさらっていきます。
えっ・・・・・? 「ワシのじゃ?」
どうやら シラケ鳥も登場したようです
下の写真右手のほうにみえるのはオジロワシです。
主役・わき役・エキストラ    1月27日_f0113639_12583556.jpg

はるばる来てみたけど、あまりエサにありつけなかった白鳥
「ねえどうする? 帰ろうか。」 「うん」
主役・わき役・エキストラ    1月27日_f0113639_1325664.jpg

# by trlkushiro | 2007-01-27 13:14 | 旬のみどころ