<   2020年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日


「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12071250.jpg
雪がないね・・なんて言っていたら先日20センチくらいの積雪があって
なんとか冬らしい景色になってきました。
明日25日からいよいよ今シーズンの「SL冬の湿原号」が運行されます。
2000年から始った「SL冬の湿原号」も今年は20周年。
きっと20周年記念のヘッドマークをつけての運行でしょう。
(写真は10年前の10周年記念)
「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12075883.jpg
明日の出発式も20周年記念でいっそう盛大に行われると思うので
私 明日あさってとお休みなので本社釧路店近くの歩道橋から
望遠レンズでのぞき見してみたいと思います。

「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12080334.jpg
「冬の湿原号」の機関車C11 171は昭和16年製造。
昭和16年といえば空にはゼロ戦が飛んでる相当キナ臭い時代に製造されて
いて今年で満80歳になります。
今やクルマは自動運転だの仕事はAIがやってくれるだの当時は誰がそんな
こと予想してたでしょう。
蒸気機関車って動力も発電機もぜんぶ石炭でお湯を沸かして発生する
水蒸気があの鉄の固まりを動かすってスゴくないですか?
前のほうにある丸い筒状のところ、ふたを開けるとでっかい単3電池が
入っているわけではなさそうです。
(15周年もヘッドマークありました。でもこの年は調子悪かったような)
「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12074129.jpg
鉄ちゃん鉄道愛好家も乗り鉄・撮り鉄・音鉄いろいろありますが
レンタカー屋さんにとっては撮り鉄さんは大事なお客様です。
今シーズンも事故のないように慎重な運転で追いかけて下さいね。
写真を撮る場所も釧路ー標茶間はいっぱいあります。
白い大地を煙をなびかせ風景画のような写真も北海道ならでは写真です。
山や展望台からの写真が多くなりますが、そういうのは登山部の
みなさんにお任せして・・私 機関車の音や迫ってくる迫力を感じたい
ので接近戦の写真を少々。
上の写真は遠矢駅の歩道橋からです。光の当たり方がいい角度なので
煙モクモクがいい感じになりますが・・右奥の道路が入ってしまうので
風向きで煙が隠してくれるといい感じになります。
駐車スペースもあって初心者にはいいところですよ。
「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12071914.jpg
こちらは遠矢駅から岩保木水門の間。
踏み切りや線路わきから撮影です。線路わきは安全に撮影しましょう。
あんまり線路に近づきすぎると汽車を止めてしまうか轢かれてしまうので
なんてったって安全にお願いします。
踏み切りは先着順で場所とりするのでまわりの状況をみて撮影場所を
確保してください。
で ないと・・・
「だめだめ~! そこ入っちゃう!!」となって
なんだか楽しくない撮影になってしまいます。(体験者は語る 誰?)
これはどのポイントも同じです。

「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12080676.jpg
こちらは標茶駅に近いルルラン踏み切り。
ここは駐車スペースがほとんどない!
ないにもかかわらずけっこうな人がいるんです。
どうしてか?と言うと
釧路から出発して、ところどころで撮影すると標茶駅に到着する前の
最後のポイントがここになるのです。
なので・・鉄ちゃんホイホイのごとくここに集まるという仕組みで
毎度 パトカーが出動して「道路に駐車しないでくださ~い」となります。
両脇の林の中から現われるSLは煙モクモクでいい感じなのですけど
(できれば望遠レンズ必要です)
なんせ混んでいて良い場所をとるのは大変です。
「冬の湿原号」20周年出発します 1月24日_f0113639_12081944.jpg
撮影ポイントちょこっとご紹介しましたが、他にも塘路駅のシラカバとか
停車しないけど細岡駅やタンチョウのいる駅 茅沼駅とか比較的初心者も
撮りやすい場所があります。

けっこうご老体のC11 171 なんとか期間中はがんばってほしいものです。
                       <moyan>

全国の北の勝ファンのみなさん!
今年も「搾りたて」発売になりましたね!
幻の酒 今年は本当に幻となってしまうのか
関係者のみなさん!
気合の入った写真でアップしますので
是非 よろしくお願いいたします。

「ここ」もよろしくねっ。
↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


by trlkushiro | 2020-01-24 17:23 | 旬のみどころ | Comments(0)  

ツルちゃん始め音羽橋 1月19日


ツルちゃん始め音羽橋 1月19日_f0113639_12453832.jpg
連日晴天が続く釧路です。
おやおや?明日は朝から雪のマークがありますよ!
いつものごとく喜んでいるのは庭かけまわるワンちゃんと
ツルちゃんを追いかけるカメラマンかな。
降雪量によっては道路の除雪を行う業者さんも満を持して待機してる?
そういえば今シーズンは雪が降ってもほんのサラっとで除雪車出動が
まだ無かったんじゃないかな。
ツルちゃん始め音羽橋 1月19日_f0113639_12454491.jpg
そんな先週 ほんのサラっと降った雪の翌日。
今シーズン初めてのタンチョウ撮影で鶴居村にあるツルちゃんたちのねぐら
聖地 音羽橋に行ってきました。
冷え込みがイマイチなのかけあらし(川から立ち上る湯気?水蒸気?)が
いまひとつなのか奥のほうまでよ~く見えてます。
それでも日が昇ってくるとそれらしい景色 ツルちゃんの大露天風呂の
ような景色があらわれてまずまずです。
本日の撮影テーマは
「タンチョウは白いから、黒いダチョウのように撮らない」です。
露出補正ちょっとプラスにしてみたらちょっと効果ありました。
カメラを知らない人はなにがなんだかわかりませんね・・スルーしてください。
ツルちゃん始め音羽橋 1月19日_f0113639_12455076.jpg
太陽が昇って陽が射し色の変化を期待してましたが・・
なんだか これまたイマイチで金色に輝く水面とツルちゃんフライト。
ツルちゃん始め音羽橋 1月19日_f0113639_12455581.jpg
木々の高いところは霧氷がバッチリなんだけど保護色みたいになってます。
編隊飛行もうしろが華やかすぎて引き立たないなあ。

そんなこんなでなんだか不本意なツルちゃん撮影でした。
まわりの景色がすばらしくて、お腹いっぱいになっていたかもね。
                   <moyan>
今週末はいよいよ「SL冬の湿原号」が
走りますよ。雪が降って本来の
冬らしい景色を期待しましょう。

「ここ」も・・「おー!」
↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


by trlkushiro | 2020-01-19 14:42 | 旬のみどころ | Comments(2)  

冬の道東観光はじまるよ 1月11日


冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14023253.jpg
今年の冬は雪が少なくて生活するには楽チンなんですけど
雪がないと困っている人も大勢います。
寒けりゃ寒いほど喜ぶ変な人達・・古くからの読者の皆さんはお解かりですね
そして、25日に出発式を迎える「SL冬の湿原号」も。
白い雪原を煙をなびかせて走る、白と黒のコントラストはやはり雪が
あってこそなのです。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14024311.jpg
「SL冬の湿原号」が走り出すと、いつもひっそりしている釧路駅前も
人の数が多くなってにぎやかです。(中華系の人はなんであんなに大声?)
なんでもいいのですけど、にぎやかなのはいいことです。
沿線の撮影スポットも全国各地から本格的カメラからスマートフォンまで
北海道唯一のSL撮影で集まってくるのです。
列車の車内から手をふる人、沿線から手をふる人・・いい光景です。
心が温かくなったところで道東の冬の観光をご紹介しましょう。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14025732.jpg
道東釧路にはなんて言ったって世界中でもここでしか見ることのできない
タンチョウがいます。
ツルちゃんの多くはこの時期、朝は川の中で夜を明かし明るくなると
給餌場へ飛び立ちます。
川の中のねぐらは音羽橋が有名ですね。
給餌場は鶴居伊藤サンクチュアリ、鶴見台、阿寒国際ツルセンターなどに
多く集まります。
行けば必ずいる!というのも観光的にはありがたいのです。
ツルちゃんたちはそのへんもよく心得ていて近くに人がいても
逃げないし、優雅なダンスまで披露して観光客を喜ばせます。
ギャラはトウモロコシだけなんですけどね。
以前はお魚(活魚)というボーナス支給もありましたが
現在は支給停止中でモチベーションダウンとのことが囁かれています。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14030561.jpg
根室方面まで行くとでっかいトンビだな・・・なんて思っていると
頭の上をオオワシなんてこともよくあります。
世界最大級のワシ 翼をひろげると2m40cmほどにもなる大きさなの
です。でっかいくちばしと羽の前部としっぽが白いのが特徴でかっこいい
ですよ。タンチョウの優雅さとはまた違う精悍さが欧米人は大好きな鳥です。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14031238.jpg
オオワシを見てからじゃトンビに見えてしまうオジロワシ。
翼をひろげると2mほどでオオワシよりもひとまわり小さく
しっぽの白いのが特徴です。
全体の色は・・・トンビっぽい(残念だったね)
というわけで欧米人にはあまり見向きもされないのです。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14031840.jpg
冬になると屈斜路湖にはハクチョウが飛来しています。
屈斜路湖砂湯キャンプ場付近では湖岸に温泉が噴出して
いて凍結していません。
売店では食パンの耳が売られていて、彼らはすっかり餌付けされています。
食パンを持って歩いているとハクチョウから寄ってきて逃げ場が
なくなるほどの大歓迎をうけることもあります。
ハクチョウを見ると志村けんをすぐに想像してしまうのは
私だけでしょうか?
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14032318.jpg
道東は自然が多く残されていて、野性動物も多い地域です。
たまにはエゾフクロウに出会うこともあります・・と言うか
なんでこんなところにクルマが何台も停まっているの?と
足跡をたどって行くとお目にかかれるって感じかな。
夜行性のエゾフクロウ 昼はのんびり休んでいるので
見つけても静かにしてあげましょう!
夜勤明けで寝ているところに「ピンポーンごめんくださーい」と
来られても迷惑でしょ。
冬の道東観光はじまるよ 1月11日_f0113639_14085483.jpg
キラキラの樹氷輝く早朝から道東観光したみなさんを最後のお楽しみは
だれが言ったか「世界3大夕日」当然この時期は寒いけど刻々と変わって
いく色をお楽しみください。
夕焼けはオレンジ色だろ!と思ったらおお間違いとは言わないけど
ちょっと違う。ピンクだったり紫だったり太陽が沈んだあとはグリーン
だったり。
とんでもなく気温の低い日や雪が降ったあとはマークしておきましょう。
寒いのでクルマの中から見るとホカホカでいいですよ。

ざっと冬の道東観光でした。
ジュエリーアイスとかフロストフラワーとかまだまだ話題になって
いるところもありますけど写真がないのでいつの日か撮ってきますね。
いつの日はさて?いったい いつの日になるんやら
<moyan>

寄せ集めの写真で構成してみました。
ありゃりゃ字の大きさが戻りません。
よかったら「ぽち」してみますか                  

↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


by trlkushiro | 2020-01-11 16:25 | 旬のみどころ | Comments(0)  

謹賀新年お正がチュー 1月1日

謹賀新年お正がチュー 1月1日_f0113639_10491228.jpg
新年あけましておめでとうございます
昨年チューはトヨタレンタリース釧路 
お引き立ていただき誠にありがとうございました。

そして 釧路からのご当地情報もお付き合いいただき
ありがとうございました。
本年もお役にたつかどうか、書いている私もよくわかってませんが
釧路情報お届けいたしますのでよろしくお願い申し上げます。

写真1枚目は『Fun to Drive』(クルマを運転する喜び)を
かかげて昨年デビューしたカローラツーリング
(一応 レンタカー屋さんのブログなので)
今年も新型車 ぞくぞくとデビューしますのでお楽しみに。
謹賀新年お正がチュー 1月1日_f0113639_10492474.jpg
毎年 新年一発目はその年の干支を意識してますが・・今年はねずみ・・んっ?

どぶねずみの写真もあるにはあるけど
キツネに食べられてるねずみとか・・うわっ。
絵的にはちょっとなのでやめておきましょう。

それでお正がチューはめでたいタンチョウで・・・。
謹賀新年お正がチュー 1月1日_f0113639_10491973.jpg
今年も北海道新聞さん・釧路新聞さんのグループ会社の新年広告で
使用してもらった写真2点です。
謹賀新年お正がチュー 1月1日_f0113639_11222795.jpg
北海道新聞さんは2枚組み合わせで。
謹賀新年お正がチュー 1月1日_f0113639_11221884.jpg
釧路新聞さんは左側に余白を空けておいたので謹賀新年すっぽり入って
写真撮影者の意図どおり。 
ありがとうございます。

タンチョウ写真もこれからがシーズンですけど・・・
雪が・・・
昨日の雨と暖気ですっかり消えてしまいました。
全道的な雪不足、なんだか変な天気で今年はどうなることやら。

                 <moyan>

今年もよろしく
初「ぽち」
↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


by trlkushiro | 2020-01-01 11:54 | えとせとら | Comments(0)