カテゴリ:旬のみどころ( 197 )

 

とうせんぼ 3月8日

f0113639_1345080.jpg

真冬なみの気温かと思いきや暖気が流れ込むと道路わきの雪や氷も
一気にとかして道路もべちゃべちゃにしてしまう今日この頃です。
野性動物たちも春を感じていて、いつもの湿原パトロール釧路湿原の奥座敷
コッタロ湿原ではシカちゃんの歓迎をうけて道路が塞がれました。
「よけろ こらっ!」
「何しに来たんだよ おりゃ!」と押し問答のあげく強行突破ですw
f0113639_1353095.jpg

湿原のガタガタ道をゆっくり走っているとシカちゃんにあちこちで遭遇します。
春の野性動物がテーマなのでシカちゃんの歓迎はありがたいのですが・・・。
本命はこれです! 
湿原の神 カムバック! 給餌場で集団でエサをついばむ姿もいいけれど
本来の姿がこれです・・・でも ちょっと様子がおかしいぞ! 
親子ならもう子別れしたはず、首が黒くてどうみても成鳥が3羽。
2羽はつがいでしょ、じゃもう1羽はなんでしょうね?
f0113639_1355062.jpg

つがいのほうは盛んになわばり宣言をしている脇でくっついている。 
で・・ その他1羽。
「あの~ちょっと相談なんですが、この場所わたしたちに譲ってもらえませんか?」
みたいなことを言っているようにも見える。
f0113639_1361959.jpg

道路をはさんだ向かい側では、うちの旦那?うまく交渉してんのかしら?と
けげんそうな奥様?
f0113639_1364519.jpg

交渉はうまく進むはずもなく怒り出すカップル。
「ふざけんじゃねーぞ! だれがお前らなんかに渡すもんか!!」
えらい勢いで怒ってます。
f0113639_1371092.jpg

話し合いつかず どこへ行こうかと道路を歩き出すカップル。
クルマが来たって避けるようすもなく・・・・・じゃまだよ。
f0113639_1373047.jpg

「しかし、あんたって何やってもだめね!」
「そう言うなよ 俺だって一生懸命がんばったのに・・・。」
「私たちどこへいけばいいのさ!」
と 途方にくれているようにも見える。
f0113639_1374868.jpg

ツルちゃん社会も大変だね・・・・。

ツルちゃんたちは数が増えてきたのでテリトリー争いが激しくなってきました。
冬から春にむかうこの時期はあちこちでいろいろなドラマが待っていて
なかなかおもしろいシーンも見ることができますよ。
                                 <moyan>

問題発覚のランキングですが・・・・
どうやら新しいセキュリティーが原因かも?
只今 調査中です。
せっかく「ぽち」してもらったのに
申し訳なく思っています。

     ここいまだに「0」・・とほほ。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2018-03-08 16:43 | 旬のみどころ | Comments(0)  

もうすぐSL始るよ! 1月12日

f0113639_17523654.jpg

日本をすっぽり覆った寒波は九州や四国まで雪を降らせて大暴れしてます。
北海道も日本海側や道北では局地的に雪が降っていて交通機関の乱れも
あるもようです。
釧路はというと・・・先日まさかの1月の雨で雪もすっかり消えてしまいそうでしたが
今朝はふわふわの雪が5センチくらい積もってお化粧直しをしてくれました。
f0113639_17531183.jpg

冬の道東観光、タンチョウはもちろんですがもうひとつの主役「SL冬の湿原号」が
1月27日から今シーズンの運行が始ります。
今回はおそまつな写真いっぱいですけど見てください。
まずは車庫から出てくるところ。
釧路ガスの跨線橋から撮っています。
f0113639_17534161.jpg

出発は釧路駅
駅前の車輪はSLの動輪、けっこう大きいのです。
f0113639_17541134.jpg

出発前はみなさん記念撮影。
f0113639_17542810.jpg

客車の中へ入ると昭和レトロに癒されます。
f0113639_17545522.jpg

釧路市内中に聞こえそうな汽笛で出発進行!
当社釧路店近くの歩道橋から撮影です。
レンタカー利用のお客さんでSLに乗る方はお車お預かりしているので
お申し付けください。
f0113639_17551842.jpg

SLはすぐに釧路川を渡ります。
材木町の高台から撮影。
f0113639_17555862.jpg

晴れた日は阿寒の山もよく見えます。
望遠レンズの圧縮効果で山が近くに感じますが肉眼ではこうは見えません。
緑ヶ岡トンネル脇から撮影。
f0113639_1756207.jpg

SLの写真もよくわからない時の写真。
列車が鉄橋に全部乗っかり列車全体が入るのがいい!・・・と
となりのカメラマンが言っていたので、そんなふうに撮ってみたら
しばらくyahooのSL写真で1番目に出ていた。
f0113639_17564832.jpg

鉄橋のたもとはいつもこんな感じでにぎわっています。
f0113639_17572392.jpg

たまに違う場所でと高いところに行ってみたけど電線がいっぱい入るとは
思わなかった。
あっという間に通り過ぎて後悔するのです・・・ぁ~ぁ。
f0113639_1758546.jpg

少し郊外に出ると撮影ポイントはけっこうあって、
でも山に登って遠くで汽笛を聞きながらって言うのは好みではなく
鉄の鼓動が聞こえるような接近戦が好きなのです。
岩保木水門近くから撮影。
(まちがっても轢かれてしまうようなことが無いように注意です。)
f0113639_17592485.jpg

湿原号というからには「釧路湿原」とどこかに書いているものを・・・と
見つけたのは細岡展望台に行く途中の踏切。
出発直後で煙もモクモクなのです。
f0113639_1802459.jpg

煙モクモクといえば塘路駅。
ここも人気スポットでいつもカメラマンがいっぱいです。
お昼近くの出発で太陽の角度がいいのか煙がいい感じに写ります。
この写真は機関車2両の重連運転のもの、モクモク感がハンパではないのですが
もう見ることはできません。
f0113639_1825942.jpg

釧路湿原を走るSLも昭和15年製、もう相当老朽化していて、
昨年はシーズン半ばで動輪にキズが見つかり以後運休となりました。
お休みのときは急遽ディーゼル機関車がピンチヒッターで登場したりしますが
なんせ接近戦が好きなので通り去ったあとのルンペンストーブのような
石炭を焚いたにおいとかがたまらなくいいのです。
ディーゼル機関車の石油ストーブのにおいはどうもなあ。

今シーズンの運行は1月27日・28日
2月に入ると1日から25日まで毎日(14日・15日・21日22日は運休します)
今シーズンは最後まで走ってほしいものですね。
                          <moyan>


もっとたくさん写真を掲載しようと思ってましたが
長すぎるのでカットになりました。
初めてのSL撮影は今でもはずかしい限りです。
今でもはずかしい事いっぱいありますけどね。

     「ここ」には立派な方々が!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2018-01-12 19:35 | 旬のみどころ | Comments(0)  

聖地OTOWABASHI 2018 1月8日

f0113639_1522556.jpg

お正月休みが終わったと思ったら3連休(なかには年末からの11連休?)
さあさあ皆さん明日からは本格的に仕事ですよ~!
明日は何曜日か知ってますか~?
もう曜日の感覚も無くなっているんじゃないですか?
さあ!今年もはりきって仕事しましょうね。

さて、釧路の話題、本格的に始ってきたのはタンチョウ撮影です。
先日は聖地(あえて言いたい)タンチョウのねぐら鶴居村の音羽橋へ行ってきました。
f0113639_15232060.jpg

世界的にも有名になった音羽橋、夜明け前からカメラマンが集まってきます。
ここ数日は朝の最低気温もやや高めで、あの幻想的な雰囲気をかもしだす
けあらしもイマイチなんですが、霧氷はちゃんと付いてまだ薄暗いうちは
おどろおどろしい景色ですけど、陽が射すころにはけあらしも立ち始め
木々に満開の花が咲いたような華やかな景色にかわります。
今シーズンのタンチョウはカメラを嫌ってかちょっと遠めなので、風景を入れた
アクセントみたいな感じで撮るといいかも。
f0113639_15241144.jpg

陽が登って時間が経つと逆光ぎみでツルなのかダチョウなのか真っ黒で解らなく
なってしまいます。
露出補正とかホワイトバランスとかisoとかカメラをいじくりまわせば解決するのかなあ。
f0113639_15243235.jpg

これは最盛期(2月中旬ころ)の音羽橋、
国際色豊かで英語・中国語・韓国語飛び交います。
カメラマンの皆さんが乗っている橋は実は歩道橋です。
もともとは人なんて歩いていない橋だったのですけど、カメラマンが橋(道路)に
三脚立てて、こんなにいっぱいいたんじゃ危なくてしょうがないのです。
そこで歩道橋を作ったというワケでなのです。
ただ、どうしたもんじゃろの~と思っていたのはトイレ。
駐車場の雪山には「小」のあとがくっきりと残されていたのです。
「大」なんてあったら、それこそどこの国の話?になってしまいそうでした・・・が!
今年から簡易トイレも設置され、とりあえず日本も恥をかかずにすみそうです。
f0113639_15244745.jpg

朝早く、極寒のなかタンチョウのねぐらを見ていた最後の楽しみは、
おなかがすいたツルちゃんたちが給餌場へ飛び立つシーンです。
今シーズンは2羽3羽とパラパラ飛んで行くのではなく、20羽~30羽で
橋から見ていると正面からこちら目がけてバッサバッサ飛んでくる圧巻の
シーンがごらんいただけます。
これはカメラのファインダー越しではなく実際に見て感じてほしいなあ。
今は午前8時30分くらいから待ち受けていると感動のシーンに遭遇できるかも。
気温が低すぎたり、風が強かったりすると午前10時くらいの時もあります。
なんせ野性なので、なかなか言う事を聞いてくれるわけもなく都合よくならない
こともありますが、どんな時も期待を裏切らないでツルちゃん達に会える
なんともありがたい鳥なのです。
                        <moyan>

明日はひさしぶりの雪の予報がでてますね
出勤の際は慎重な運転をお願いします。

   ここも慎重に
      押してください。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2018-01-08 16:44 | 旬のみどころ | Comments(2)  

丹頂シーズン・イン 12月8日

f0113639_17551344.jpg

北海道のなかでも雪の少ない釧路ですが、先日につづき今朝はサラっサラの雪で
銀世界となりました。
道路はところどころアイスバーンになっていてクルマを運転するドライバーさんは
「あ~この季節がきたのか~。」と嘆くかもしれませんが、この雪を待ち望んでいた
タンチョウカメラマンの皆さんは大喜びのことでしょう。
f0113639_1755535.jpg

タンチョウは渡り鳥ではないので、1年中釧路湿原などで暮らしています。
秋、収穫の終わったトウモロコシ畑では50羽くらいの集団をつくることもありますが
絵的にはちょっとね・・・・・・。
なので、なんとか絵になるような背景とコラボしそうなところををさがすんだけど
必ずしもツルちゃんがいるとは限らないので運しだいです。
f0113639_17561417.jpg

冬になるとツルちゃんの行動範囲は容易に察知できるので狙いを定めて
待ち伏せもできますね・・・・もうストーカーの領域です。
f0113639_17564824.jpg

ほらほら飛んできた!
カメラもすごい機能がついていて連写中に動いているものを自動でピント合せを
してくれますが、被写体を一度はずすとピンボケ写真の山となることもしばしばです。
当然ですが山のようにあるピンボケ写真の中からほんの数枚だけ良く写ったのを
掲載してます。
フィルム写真だったらとんでもない高い一枚だろうけど、デジタルはお財布に優しい
のです。
f0113639_1757766.jpg

個人的にはこんな写真が好き。

カメラマンの皆さん! 今シーズンの用意はできてますか?
昨年 私、極寒の音羽橋でカメラ構えて数分でバッテリー切れを
やったことがありました。
ちゃんと満充電してたんですよ、しかも予備バッテリーまでも!
原因は2個ともバッテリーの寿命でした。

クルマのバッテリー点検もそうだけど、
カメラのバッテリー点検もしないとね。
                       <moyan>

あすの朝はマイナス14度、内陸部では20度くらいまで
なるのかなあ。
極寒の朝 クルマのエンジンがかからないと大変なんだから。

     「ここ」は只今5位で安定してます。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-12-08 19:36 | 旬のみどころ | Comments(3)  

ぼちぼち秋色 9月24日

f0113639_170128.jpg

ごぶさたでした・・・ご無沙汰してる間に秋の気配がじわじわ押し寄せてます。
釧路湿原もじわじわ秋色になってきましたよ!
過去記事で「釧路湿原の紅葉はどうですかー」なんて記事がこの時期は
読まれているようですが・・・
釧路湿原自体は赤くなる木もそう多くはなくて地味なんです。
なので「花」を見つけましたw
f0113639_1703932.jpg

雄大な釧路湿原を見渡せる細岡展望台はいちばんの人気スポット。
みなさんいい記念写真が撮れましたか?
f0113639_1713792.jpg

いっぽう釧路市内ではそろそろ夕焼けがいい時期になってきました。
幣舞橋から沈む夕日、皆さんは何を思って見ているんでしょうか?
f0113639_1715615.jpg

橋の上には観光のお客さんがいっぱい。
すっかり定着してきましたね。
観光のお客さんも沈む夕日を見て何を思ったでしょうか?
f0113639_1721924.jpg

沈む夕日を見ていたのではなくて岸壁炉ばたの赤ちょうちんを見てたかもね。
すぐ脇には今が旬のイワシ漁の漁船も停泊して雰囲気充分です。
f0113639_1724334.jpg

山のほうではチラホラ紅葉が始ってきました!(以下昨年の写真)
最近の朝晩の冷え込みで今年はちょっと早めに色づきだしました。
f0113639_173040.jpg

北海道の紅葉はなんせキャンバスがでかいので、ここの紅葉とかあそこの紅葉
というようなスポット的なところは意外と少なくて、あっちもこっちもという感じです。
しいて言うなら摩周湖のふもと川湯温泉周辺から屈斜路湖ぞいの砂湯あたり。
この辺は樹木が道路わきにあって紅葉トンネルのようです。
f0113639_1732222.jpg

そして阿寒湖周辺はここは有名な滝見橋やオンネトーは一見の価値ありです。
阿寒湖の遊覧船からの紅葉も捨てがたいなあ。
                                <moyan>

ひさしぶりに「ぽち」っとね。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-09-24 19:04 | 旬のみどころ | Comments(4)  

湖めぐりはどうですか 4月11日

f0113639_15512021.jpg

北海道観光の4月は来るべきゴールデンウィークへむけての冬から夏バージョンへ
切り替えの時期の時期です。
冬の間は閉ざされていた知床横断道路の除雪からはじまり、阿寒湖の遊覧船による
氷割りはテレビのニュースにも取り上げられ観光業者は「そろそろだな。」と実感する
のです・・・・・「そろそろ・・えっ!あと2週間後?」まったりしているのも今のうちなのね。
f0113639_15514765.jpg

ゴールデンウィークの予約も順調にいただいています・・・ありがとうございます。
昨年から高速道路 阿寒ICが開通して札幌圏からもずいぶんと近く便利になりました。
阿寒ICから阿寒湖まではわずか30分ほどで到着します。
富士山型の山は阿寒富士、そのとなりで噴煙をあげているのは雌阿寒岳です。
この山をめざして国道240号を北上すると阿寒湖に到着です。
f0113639_1552715.jpg

阿寒湖を通り過ぎて足寄町方面に行くと宝石のようなオンネトー(沼)があります。
山の位置が入れ替わってますね、ちょうど山の反対側なのです。
阿寒湖が有名になりすぎて知名度が低い?
紅葉の名所ではありますが、シーズン通してみていただきたい名所なのです。
その日によって色の変わる湖面を見てほしいなあ・・できれば風の無い日に。
エメラルドグリーンやコバルトブルーに変化します。
f0113639_1552222.jpg

ブルーといえば忘れちゃならない摩周ブルー。
晴れている日の摩周ブルーは吸い込まれそうな神秘的な色合い。
超有名な湖ですから写真ではよく見ていますけど、実物はスケールの大きさで
圧倒されます。
ゴールデンウィーク期間中の5月3日~5日あたりは駐車場に入るまでの渋滞が
あるので時間に余裕をもって行かれるといいですよ。
摩周岳がより近くに感じる第3展望台もおすすめです。
f0113639_15531437.jpg

スケールの大きさでは摩周湖以上の屈斜路湖は北海道の大きさを感じるパノラマです。
湖岸の砂湯や和琴半島でグツグツ湧き出る地球の息吹を実感して、美幌峠からは
絶景をご覧ください。
f0113639_15535542.jpg

釧路北部の湖を見たあとは釧路湿原の川や湖もどうぞ!
ここは野性動物を間近で見るカヌー下りも都会の喧騒を離れて異次元の空間が
あります。
聞こえるのは鳥のさえずりと風の音・・・・・しかし!
チュルチュルと聞こえていた鳥のさえずりも「カーぁ カーぁ・・ガー!」という
カラスの鳴き声で帳消しにされることも正直あります。
野性動物がいた!・・・と目をこらすと
釣人だった・・・なんてこともあります。

自然を見る北海道観光は天気にも左右されることが多いので、まずは防寒対策と
雨の日は本来の自然探索から別メニューのグルメ探索とか博物館めぐりみたいな
2の手、3の手も計画しているといいと思います。
                                   <moyan>

まじめな観光案内でしたね・・なにか役に立ったでしょうか?
それともグルメ案内のほうが良かったでしょうか?
グルメ特集はそのうちやるのでお待ちください。
そこまで待てない人はこちらをどうぞ!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-04-11 19:02 | 旬のみどころ | Comments(0)  

夕焼けシーズン到来  3月4日

f0113639_14135727.jpg

陽ざしはもうすっかり春だけど時おり吹く風はまだまだ冷たい釧路です。
3月ともなれば日に日に日の出は早く、日没も遅くなってきました。
夕焼けシーズン到来ですね。
f0113639_14142216.jpg

1年中 陽は昇り沈んでいくので毎日見ることはできるのですけど、この時期は特別
なのです。
それは・・・幣舞橋とのからみ。
釧路川の河口は真西に開けていて春分の日の太陽は幣舞橋の真ん中に沈みます。
(秋分の日も同様ですよ!どちらも若干前後するけどね)
幣舞橋は全国でも例をみない橋にブロンズ像がある橋で、それとのからみがポイント。
太陽の落ちる位置は毎日少しづつ変わっていきますが、夕焼け撮影のポイントの
東部漁協前(センチュリーキャッスルホテル前)はガーブを描いていて太陽の落ちる
位置にあわせて移動できるのです・・・これでいろいろな角度から撮れますね。
春の夕焼けはしっとりしているのがまたいいのです。
f0113639_14144281.jpg

写真が趣味ではない人は幣舞橋から海に沈む夕日をながめ旅情に浸るのもいいですね。
(実際には日高山脈があるので海には沈みません)
これから漁に出る漁船なんかが橋の下をくぐりぬけていくとシチュエーション的には
最高です。
今夜は獲れたての新鮮な魚でぐいっと・・・期待がふくらむというものです。
f0113639_14151022.jpg

釧路は海あり川あり、そして背後には果てしなくひろがる湿原もあります。
湿原の夕陽もまた格別。
写真は春の雪解けが一気に進んで大増水のころ。
昨年の台風後もしばらくこんな風景でしたね。
f0113639_1415307.jpg

細岡展望台も夕焼け撮影では人気スポット。
夕陽に照らされたヨシ原も黄金色に輝き、よく晴れた日は地平線はグラデーションに
反対側の空には星が輝きます。
その頃の気温はけっこう冷え込むので日中暖かいときも万全の防寒スタイルで
礼拝しましょう。
真ん中の人・・・寒いのかな? 腰のくねくねが気になります(笑)
                                      <moyan>

今日はちょうど釧路夕焼け倶楽部による
「夕焼けフォーラム」が開催されました。
夕焼け倶楽部さんは
「釧路の世界3大夕日」世界にむけて毎日ライブ発信中です。

「釧路からのご当地情報」は気まぐれで発信中です・・・・なにさ!      
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-03-04 17:55 | 旬のみどころ | Comments(0)  

白鳥の湖  3月1日

f0113639_1924854.jpg

3月にもなると道東の冬の観光も終盤となります。
冬の観光「道東3白」と言われオホーツクの流氷、釧路湿原のタンチョウそして・・・
わりとあちこちにいる白鳥。
前回はタンチョウの美しさを目いっぱいお伝えしましたので今回は白鳥です。
弟子屈町の屈斜路湖、そうです、怪獣クッシーがいるらしい湖ですよ。
湖岸の砂を掘るとお湯がわき出てくる砂湯は白鳥の越冬地として有名なところです。
冬は背景の藻琴山がきれいですね。
まさに白鳥の湖 首をのばして泳ぐ姿は気品が感じられますね。
f0113639_1965532.jpg

あれっ?こんどはみんな整列して左から右に移動中。
f0113639_193792.jpg

なんで?と言うと・・・・・
近くの売店で白鳥のエサをバケツで買って歩いていると、白鳥はそのバケツを見て
エサがもらえると思ってついていくのです・・・・気品もなにもないね。
白鳥の動く姿をカメラに収めるカメラマンも近くで「ふがーふがー」鳴かれて
うるさいと思うのですけど決定的瞬間を狙って気にならない様子でした。
f0113639_1932372.jpg

今年はなぜかタンチョウの給餌場にも白鳥が多くて、足の短いツルなんて呼ばれて
ます。
湖に浮かぶ姿はきれいなんですけど
陸にあがると・・・短足・おでぶな体型は認めざるをえないのです。
黒いゴム長はいているようにもみえますね。

そんなこんなで湖に浮かぶ白鳥は絵になるけど、陸にあがるとちょっとね・・・
と言う話でした。

変だな 白鳥を褒め称える記事にしようとしたのですが・・・・。
                                      <moyan>


  3月もよろ「ポチ」!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-03-01 19:36 | 旬のみどころ | Comments(0)  

ここでしか見ることができないもの 2月9日

f0113639_18585349.jpg

釧路の冬の観光といえば・・・・イチバンはなんたってタンチョウでしょう!
世界中でタンチョウを見ることができるのはこの時期は釧路管内だけです。
気品のあるスタイル、優雅な舞、赤白黒のコントラスト、
そして写真が撮りやすいあのデカさ!(それなのにピント外れることもしばしば)
いつも裏切らないでここにいる!というのも大事なことです。

早朝まだ暗いうちからにぎわいを見せる「OTOWABASHI」は日の出とともに始る
大ファンタスチィックショーに今か今かと海外のお客さんも期待をふくらませます。
木々にはりついた霧氷は時間とともに満開のサクラのようにも見えます。
そしてけあらしの先に見えるタンチョウの優雅な姿はまた格別なのであります。
しかし、いつもいつも霧氷が付くかというとそうでもなくて・・・
気温が高かったり、風があったりすると残念でしたということになりますが・・
よ~し! 明日はお休みで音羽橋にいくぞ!と決めた7日の朝はまさに残念でした。
それでも春を感じるようなせせらぎに仲むつまじいカップルがお迎えしてくれました。
f0113639_18592696.jpg

この日は10時近くになっても給餌場に飛び立たず残っているツルちゃんたちが
いっぱいでした。
このツルちゃんたちもそのうち飛んで行くのでそれを待ちましょう。
                ・
                ・
                ・
         待ちました  いっぱい。 
            早く飛んでよ!
f0113639_1901025.jpg

願いが通じたのか来ました来ました。
この日は風が強くてツルちゃんたちも向かい風で飛びづらそう。
f0113639_1922281.jpg

最初はパラパラと飛んできたツルちゃんも最後のほうは団体です。
みんないっせいにこちらに向かってきますが、なんせ強風で高度が上がらない様子
それをカメラのファインダーで見てますけど頭上通過するころはギリギリの高さです。
f0113639_1903697.jpg

羽根をひろげると2m40cm日本最大の鳥が頭かすめて飛んで行くのは大迫力なので
あります。

ファンタスティックショーは見ることができなかったけど、
こんな体験も味わってほしいなあ・・・・・・
なんて思うのでした。
                                <moyan>

地元にいるとリベンジできるけど
飛行機代もかかると本当に大変かと・・・・。
北海道観光は天候に左右されることが多いよね。
ご予定のある方はてるてる坊主いっぱい吊るして願ってください。
   
   ここを「えいっ!」と押すといいことある・・・かも。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-02-09 20:26 | 旬のみどころ | Comments(0)  

びみょーにハマるSL撮影 2月5日

f0113639_13343454.jpg

「節分過ぎれば日がのぼる」って昔ラジオでよく聞きましたが、季節の変わり目なのか
ここ数日の太陽の光はやや黄色味をおびて優しく感じられます・・もうすぐ春なのかなあ。
ただ、気温はまだまだ低くて釧路へお越しの際は最強の防寒スタイルでお越しください。

さて、前回に引き続き「SL冬の湿原号」ネタですけど・・・快調に運行中です。
1月28日が運行初日でした。
f0113639_1335210.jpg

初日は特別な日で釧路駅のホームでも出発式のセレモニーが行われます。
たしか数年前はえぞ太鼓がドンドンドドーンと鳴り響き「出発進行!」の掛け声と共に
汽笛の雄たけびで走り出すというような感じでしたが・・・・・
この日はものすごい強風で煙が大暴れ、どこかの国のスモッグを思わせるような
ばい煙で走り去ったあとに残された人は顔が真っ黒?
f0113639_13353453.jpg

とりあえず走り出すと煙は後ろになびいてくれましたが、歩道橋でカメラをかまえても
風であおられて集中力ゼロです。
さすがにこの風では「煙が命」のSL写真には厳しかったのかカメラマンも少なめでしたね。
しかし翌日からは好天に恵まれて、みなさんいい写真が撮れたのではないでしょうか
f0113639_13363854.jpg

SL写真は「釧路からのご当地情報」が始って以来
「そうだ!釧路は冬になるとSLが走ってるじゃないか!」と観光的な要素として
飛びつきましたが・・・なんせその頃はカメラ初心者で大失敗の数々。
クルマで移動して、沿線で撮影場所を確保してシャッターを切るのはほんの数十秒、
失敗したときのショックは大きいのです。
f0113639_183350.jpg

厳しい掟にも遭遇します。
ここはSL冬の湿原号の写真ではもっともポピュラーな釧路川にかかる鉄橋です。
釧路市内にあり川も凍って冬の厳しさが伝わる釧路ならではの撮影ポイントです。
ここはまず駐車スペースが問題で10台くらいの駐車場はあるけど土曜・日曜日は
道路もいっぱいになるので早めに行ったほうがいいですよ。
そして、熱心なカメラマンは早い順番で撮影場所を三脚で確保しているので、その前に
入るときは恐る恐る「ここ・・・大丈夫?じゃまになりませんか?」と声をかけたほうが無難
です。凍った川面とSLを入れる構図があるので前に入られると川面のはずが
後頭部なんてことになるからです。

先日は記事的にカメラマンとSLというテーマでちょっと別な場所から撮りました。
どうせ後ろから撮るので釧路駅出発の10分前くらいに現地到着したのです。
一番良さそうなところはすでに先客がいて三脚をかまえています。
ところがちょうど良さそうな雪山を見つけてそこに登ってやや上から撮るとSLもカメラマンも
入るのでここに決めました。
ややななめ後方に先客がいたのでご挨拶は言うまでもありません。
時計を見るともうまもなく出発です。
たぶんホームのSLは今にも走り出すくらいブルブルしている頃でしょう。
SLの軌跡を予想しながらのリハーサルもバッチリです・・・・が!
「あっ そこ! 今 そこで撮ろうとしたのよ!」といい場所で三脚を構えた先客が・・・。
「え~っ なんで?」と思ったけどそんなこと言ってる余裕はないし・・・。
でも ちょっとまてよ この先客がそのいい場所を離れるということは
そこが空くよね・・・じゃあ 
「それじゃ そこで撮りますよ!」と
「あー そこで撮られるとシャッター音入るからダメダメ!」・・・三脚は動画用ってことか
結局 三脚からはちょっと離れてなんだか中途半端な位置だけど・・・
「そこまで離れたら シャッター音も汽車の音で消されて大丈夫だあ。」 おっ 神の声。
まわりの方が言ってくれました。
それで撮ったのが1枚目・・・リハーサルではもうすこしSLが手前に来たらカメラを振る
予定がバタバタしてたんですね早く振りすぎて、このあとすぐ電柱が入ってしまいました。

・・・と いつもこんな事してますけど SL撮影は楽しいのです。
                                    <moyan>

しばらく更新サボってたら・・・・
なんだかずるずるランクダウンしてた!

 もっとがんばらなくっちゃね。
   どれだけずっこけた?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-02-05 18:22 | 旬のみどころ | Comments(0)