眠いんだから!  10月13日

f0113639_15474822.jpg

10月中旬の3連休 みなさんいかがお過ごしでしたか。釧路地方は若干風が強かった
もののお天気も良く、所どころ色づいた紅葉もいっそう美しく映えていました。
まだまだ紅葉は楽しめますが北海道の夏型観光も標高の高い峠の白い便りとともに
終了します。ところがこれから忙しくなるのはバードウォッチャーのお客様です。
ちょうどこのころから渡り鳥の移動がはじまり野や山は鳥達でにぎわいます。
タンチョウも人里近くに寄ってきて「えっ! こんなところにツルがー。」ということも
しばしばです。
写真はシマフクロウ「森の哲学者」ともいわれております。シマフクロウは渡り鳥では
ありませんが生息数は非常に少なく国内では約120羽しかいません。
生息環境の悪化により最も絶滅が危惧されている鳥です。
国内で唯一シマフクロウがご覧になれる釧路動物園では国内生息数の約1割の12羽が
飼育されていて人口孵化も行われています。
タンチョウは野生のものでもわりと簡単に写真を撮ることができますが、シマフクロウは
よほど生態を把握していないとみつけられません。
それで・・・動物園で撮ってきました。
夜行性のフクロウ、どうやらお昼寝のじゃまをしたみたいですね。
                             <moyan>

by trlkushiro | 2008-10-13 15:49 | えとせとら  

<< オンネトー紅葉 10月16日 かけマス?   10月10日 >>