さすらいのアングラー 大魚と格闘編 7月19日

さすらいのアングラー 大魚と格闘編 7月19日_f0113639_19122962.jpg

「早く タモですくえって!」
「もっと こっちに寄せてくれなきゃ入らんてば!」
「タモで魚追っかけたら あばれるべや!」
 ・・・・たぶん こんな状況でしょうか。 さお先が真下に向いてぐんにゃり曲がってますね。

釧路西港もボチボチ カラフトマスの便りが聞こえてきました。
まだシーズン初めで釣果はあまりよくないようですが、10人にひとりくらいの確率で
60センチから70センチのカラフトマスが釣れているようです。
魚は大きく、岸壁からの高さもあるのでタモ網がなければ取り込みできません。
それも一人ではまず無理。隣りの人が知らない人でも釣り人マナーと言うか共同作業が
はじまります。
でも、竿を持つ人、タモ網を入れる人の上手下手はあってお互いの力量や呼吸が合わないと
なかなか取り込めません。
「なにやってんだ こいつら」てな感じで隣りのおじさんは様子をうかがってますが
「いいなー。 俺にも魚かかってくれないかなー。」と思っていることでしょう。

茶路川・虫類川のサケ釣りの受付が始まってます。まだの方はお早めに。
                        <moyan>

by trlkushiro | 2008-07-19 19:14 | えとせとら  

<< 猛暑日ってなんですか?  7月23日 もうすぐ夏休み  7月14日 >>