たんちょうの赤ちゃん  4月29日

f0113639_1854030.jpg

釧路空港から5分、釧路市丹頂鶴自然公園(鶴公園)で4月21日にたんちょうの赤ちゃんが
生まれました。   パチパチパチ!
お父さんは「ドウサン」。お母さんは「エムコ」です。赤ちゃんにはまだ名前がありません。
「エムコ」は釧路動物園で生まれ、阿寒国際ツルセンターから鶴公園にやってきました。
 (鶴公園の鶴は羽の一部が切られて飛べません)
鶴公園は周りを金網で囲っていますが、屋根は無いので ときおり野生の鶴が出たり入ったり
しています。
その中の一羽「ドウサン」が箱入り娘ならぬ籠入り娘の「エムコ」に一目ぼれ。
日を追うごとにその思いは募り、悩んだあげく野生を捨てても「エムコ」のためならと
昨年の3月ころから籠の中で同居を始めました。
やがて2羽は結ばれ、愛の結晶かわいい赤ちゃんが誕生したというわけです。
タンチョウは妙に人間っぽくっておもしろいんですよね。
写真は「エムコ」と赤ちゃんを外敵から守る「ドウサン」です。目つきがきびしい~。

f0113639_18551488.jpg


生まれて1週間の赤ちゃんは「エムコ」の暖かい羽毛のなかでぬくぬくと
時おり愛くるしい顔をだしてまわりをキョロキョロしています。
「エムコ」の背中から顔をだしてます。
カメラのレンズめいっぱい伸ばしてこのくらいですので、行かれるときは双眼鏡を
持って行かれる事をオススメします。
丹頂鶴自然公園のホームページ
では赤ちゃんの写真がごらんになれます。
釧路動物園とも関連してますので、そちらもご覧ください。
「ある日の日記」・・動物ネタはやっぱり楽しいです。<moyan>

by trlkushiro | 2008-04-29 19:13 | 旬のみどころ  

<< アオサギ  5月2日 ミズバショウ咲いた。  4月27日 >>