最後の団らん?  3月19日

最後の団らん?  3月19日_f0113639_18134688.jpg

雪解けが進み もう野生の動物や鳥たちも春を感じているようです。
写真のタンチョウは先日の鶴居・伊藤サンクチュアリ。前日の雨で大きな
水たまりがあります。タンチョウの親子と思われますが、水面に映るすがたも
きれいですね。前回の白鳥とはやっぱり違って品のよさを感じます。
しかし、この親子ももうまもなく子別れの儀式をするのでしょう。
今日が最後の団らんでしょうか。
ある日突然、親が子を追い回し「いつまでもお父さん お母さんって言うんじゃない!」と
突き放します。行き場の失った子が「とーさん かーさん」と鳴くのだそうです。
でも、これも自然の摂理。親は湿原に巣をつくり、卵を産み、また新しい子を育てる。
子供もまた、立派に成長して新しいカップルが生まれるのです。

 人間社会も3月・4月は入学、進学、就職のシーズン。はじめて親元をはなれて
自立した生活をするお子さんもいるのではないでしょうか。
人間社会では仕送りしたり、食べ物を送ったりすることもありますが、
野性はそんな甘いこと言ってられません。 自然界は厳しいのです。

 ・・・・・・・といってはみたものの

 ・・・・・・・こんなのがいました。

最後の団らん?  3月19日_f0113639_18142721.jpg

どうやら牛のエサをいただいているような。
あああ~ イメージぶちこわし!!!       <moyan>


     

by trlkushiro | 2008-03-19 18:17 | えとせとら  

<< シカ飛び出し注意  3月21日 モテモテです。  3月17日 >>