黒いダイヤ    6月9日

黒いダイヤ    6月9日_f0113639_12422310.jpg

かつて釧路の基幹産業は漁業・石炭・製紙の3つが経済を支えていました。
しかし、そのうち石炭は近年になって石油化の波におされ、また 安い輸入炭に
より衰退。現在ではいままでに培った最先端の掘削技術をベトナムへ技術指導
を行い、国内では唯一わずかながらですが採炭しています。
釧路の炭鉱は「ヤマ」を掘るのではなく炭脈が海へひろがっているので海底を
掘っています。ただ、元炭鉱マンは海の底を掘っても「ヤマ」と言ってます。
写真上は選炭工場です。ここで石炭を選別して石炭は鉄道に乗せられ港に
運ばれていきます。釧路市内中心部に近いところですので、釧路市民にも
なじみの深いところです。
また、珍しい機関車があるので鉄道マニアもよくこの付近で写真を撮っています。
下の写真は「石炭」。現在は北海道の暖房も石油や電気ガスを使っているので
若い人などは見たことがないかも。直径4~5センチくらいの石ころ状で当然
真っ黒です。燃料ですから火をつけると燃えます。
黒いダイヤ    6月9日_f0113639_12435892.jpg

石油が枯渇してまたかつての「黒いダイヤ」と言われる時代がくるのでしょうか。
今でも暖房用に石炭ストーブを使っている家もあり、焚いたときの煙やにおいが
まわりに漂いなんとなくレトロな気分になります。
                              

by trlkushiro | 2007-06-09 12:47 | えとせとら  

<< かもめのジョナサン Ⅱ ... トキシラズ  6月6日 >>