「シマ」が付くと付かないのでは  5月18日

「シマ」が付くと付かないのでは  5月18日_f0113639_18593583.jpg

17日・18日と釧路地方は低気圧の通過で大雨になり、大雨洪水警報なんて出て
います。それでも、17日午前中は雨が降り出す前で竿をかついで川へ釣りに行って
まいりました・・・・が、 先日来の雨で川の水位もぐーんと上がり川岸を歩くにもキケン
な状態。ならば、安全なところで胴長ぐつに竿とカメラを持った変なバードウォッチャー
に変身となりました。
自分のまわりではホーホケキョとかフィーフィーそしてはるばるオーストラリアから
渡ってきたオオジシギがガガガガーッと羽音をたててやかましくまとわりついています。
ウグイスの姿が見たいなとまわりを見渡すと木の上に黄色っぽい鳥が! 
アオジ? いや違うぞ たしかアオジは胸に黒い模様があるような。 そうすると!
やや! これがシマアオジか? そろりそろり近づいて パシャ
バードウォッチャーあこがれの鳥。 こんなところにいたのかー。
チュルリ~ チュルリ~と鳴いている。シマアオジは湿原の歌姫といわれているが
今日は調子 悪い?
家に帰り野鳥図鑑で調べたら姿は似ているけど 鳴き方はシマアオジが
ヒュルリイ~ ヒュルル~にたいしてアオジはチュルリ~チュチュ
なーんだ ただのアオジか   残念 アオジはいっぱいいるもんね。
そういえば、シマフクロウとフクロウの差もでかい。
そもそも 「シマ」って何だろう? 珍しいってことでしょうか?
調べておきます。        


                      

by trlkushiro | 2007-05-18 19:02 | 旬のみどころ  

<< あの手この手もあります  5月... サクラ前線 ゴールイン  5月16日 >>