さすらいのアングラー 前編  4月22日

さすらいのアングラー 前編  4月22日_f0113639_11255827.jpg

豊かな自然が残る道東は釣りのメッカ。それも川での釣行は大自然を満喫して
そして大物トラウト(ます類)とのドラマを繰り広げています。
多くのアングラー(釣り人)は魚や虫に似せた毛針(フライ)や金属や木材を小魚に
似せた疑似餌(ルアー)を使い、巧みにそれらをあやつりトラウトを釣り上げます。
広いフィールドの中で魚もいつも同じところにいるわけではありません。アングラーは
それを知っていて、今日はどこを攻めようか、水量はどうか、にごりはないか、過去の
経験からここぞというポイントへむかいます。春はとりわけ魚も行ったり来たり、海へ
下るものもいれば川へ遡上するものもいます。
思わぬ大物と遭遇するのもこの時期です。
自分も某日、釧路川本流へ行ってみました。川の規模が大きいので大物もいるはず
決して油断できない。
先客が数人。
「こんにちは どうですか?」
「いやー だめ ピクッともしねぇ」  先行きに暗雲たちこめる。
 いや、そんなことはない必ずいるはず!
過去にも50センチオーバーのアメマスやニジマスを釣った
ことがよみがえる。
さすらいのアングラー 前編  4月22日_f0113639_1127457.jpg

水量OK。 にごり まずまず。 大物は底にいる。
「よしこれだ」と金色のスプーンをセット。最近は精巧に作られたミノープラグが
ルアーフィッシングの主流のなかでいわばオールドスタイルのスプーン。
ただし 実績がある! そして根がかりしてもあきらめがつく (安いから)
さあ、 気合をこめて第1投!

続きはまた明日です。                  <moyan>

by trlkushiro | 2007-04-22 11:30 | えとせとら  

<< さすらいのアングラー 後編  ... えっ! いまごろ流氷?  4月21日 >>