もしかして「くーちゃん」 3月14日

もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12352216.jpg
今から12年前、春でもない冬でもないちょうど今頃の季節に
とんでもないお客さんが釧路のランドマーク フィッシャーマンズワーフ、
そして幣舞橋周辺に迷い込んできました。
野生のラッコです。
野生ですから、さぞかし警戒心も強く、いくら田舎とは言えこんな人通りの
多い所じゃ居心地が悪いので、すぐにいなくなるだろうと誰もが思ってました
・・・が!
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12352883.jpg
どれだけ釧路が気にいったのか・・居座り続けてすぐに人気ものになりました。
くしろの「く」をとってくーちゃんと名前も即決!
全国ニュースにも登場!くーちゃんは一躍全国区になります。
お天気ニュースで
「今の釧路のお天気は・・・えっ?」
お天気カメラにくーちゃん映ってました・・なんてこともありました。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12354071.jpg
くーちゃんはコンクリートの割れ目に手をかけてよじ登ってきた。
ラッコは時々毛を乾かさなきゃならないらしく日向ぼっこをきめます。
ついでについウトウトとお昼寝も。(人がいたってへっちゃらです)
こりゃ珍しいと釧路市民も物珍しさにに見物です。
この年のゴールデンウィークは全国各地からも見物客であふれて
北大通かいわいもしばらく見たことがないくらいの人通りでした。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12353541.jpg
ラッコは海底の貝などを採って食べる、大食漢としても有名で
こんなところじゃすぐエサがなくなっちゃうよ・・と心配もしたが
エサには不自由してないらしく、逆にだんだんメタボ体形に・・。
休みの日になにもしないでゴロンとしている誰かさんのようにも見える。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12355914.jpg
お腹がすいたらひと潜り、捕まえたのは・・・
ツブ貝か?それ居酒屋で刺身たのむとけっこういい値段なんだけどなあ。
観察してたらホタテとかウニやカニ・・なんとまあ贅沢なお食事です。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12363674.jpg
人が近づいても・・警戒心ってないのかよ!
手を伸ばすと触れるくらい人馴れしてきた。
フワフワの毛皮 この毛皮目当てに乱獲の時代もあったとか。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12364418.jpg
後にも先にもフィッシャーマンズワーフの岸壁にバズーカ砲のような
望遠レンズが並ぶのはこれが初めての出来事。
ラッコ追っかけ隊はくーちゃんが釧路を離れたあとも続くのでした。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12362418.jpg
くしろを離れたくーちゃんは太平洋沿岸を東へと進み厚岸・霧多布・花咲から
納沙布岬をまわり尾岱沼まで達します。
その間に彼女をみつけてラブラブのところを見せびらかしたり
なかなかのプレイボーイぶりを発揮します。
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12371695.jpg
あれからかれこれ12年
かつて立ち寄った霧多布で昨年あたりからラッコの目撃情報が
多数あります。
自然豊かでエサも豊富であれば、ここで繁殖も可能でしょう。
ラッコの寿命は15年から20年だって
もしかして・・くーちゃん?
もしかして「くーちゃん」 3月14日_f0113639_12370474.jpg
釧路もこのところ、あんまりいいニュースがないので
景気をつけるためにも
一族でちょっと里帰りしてみないかい。
釧路市民あげての大歓迎間違いなし、
くーちゃんパンにくーちゃん煎餅
くーちゃん最中にくーちゃん焼きもいっぱい作って
住民票もバンバン発行するからねー。
            <moyan>

ラッコたちの楽園 霧多布も
このたび国定公園になります。
なにがどう昇格するか、よくわかりませんが
出張所が営業所に格上げみたいなものでしょうか?
こんどは支店めざしてがんばってください・・何を?

ここはがんばっているのかな。
↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村


by trlkushiro | 2021-03-14 15:02 | えとせとら | Comments(0)  

<< 「厚岸霧多布昆布森国定公園」誕... 春の光は何色 3月8日 >>