グランドスーパーサルーンリミテッドって? 11月23日


f0113639_16432316.jpg
今日は勤労感謝の日 いつもお勤めごくろうさまです。
そんな私は今日も働いていますが・・それが何か?
どうでもいい前フリをしてしまいました。
今日は先日来のクルマの話でちょっと気になったことがあったので
そんな記事ですよ~。
古い話や写真も出てくるのでレトロ感のある写真を貼り付けてみました。
釧路市民にはおなじみの材木を釧路川上流にある貯木場までいかだを組んで
運んでいる風景です。今では貯木場も閉鎖されてこの風景も見ることが
できません。

f0113639_16433482.jpg
クルマのちょっと気になることなんですけど・・
カタログを見ていると最近のクルマのグレードが「X」とか「F」とか
みょうに味気ない・・・。
その昔はずいぶんと長々ときらびやかなグレードがあったんだけどなあ
とふと思ったのです。

初代カローラと日産サニー いいライバルが仲良く並んでいます。
トヨタ博物館はクルマ好きは何時間でも居られます。
このカローラ・サニーが発売されたころは車のグレードは少なくて
みんなデラックス(DX)せいぜいハイ・デラックスくらいのバリエーション
でしょうか。

f0113639_16435410.jpg
長々したグレードのさきがけといえばクラウンでしょ。
代名詞スーパーサルーンに始まりスーパーサルーンエクストラ
スーパーエディション・スーパーデラックス・スーパーセレクト
みんなスーパーが付くんですね。さらに豪華なものはロイヤルサルーンとか
ロイヤルツーリングなんていうのもあります。
(豪華なのかスポーティーなのか どっちやねん!)
このネーミングはお手の物でマークⅡの最上級車種はグランデと
いうグレードがで~んとあって他を寄せ付けない風格がありました。
バブルになりかけのころはクレスタという車種が登場して
スーパールーセントというグレードが君臨してました。
スーパーホワイトの真っ白なボディーにエンジのシートが豪華に見えて
走るラウンジのようにも見えたものです。
三つ子車チェイサーもアバンテで追従し、最強の3兄弟でした。

このグレードネーミング戦略は小型車にも波及して大衆車のカローラや
スプリンターにも影響してSEサルーンリミテッドとかEXサルーンなど
別にデラックスでもよかったのにカタログを見ているうちに頭がマヒして
ついつい上へ上へとグレードアップの罠にはまってしまったものです。
f0113639_16440337.jpg
むかしのクラウンのハンドルまわり。
今見たらすごくシンプル。
f0113639_16435640.jpg
トヨタがそうなら我社もと、ライバル会社も同様の戦略で魅力的な
ネーミングが登場します。
ブロアム・メダリスト・グランドエクストラ・グランドサルーン
グランドクルーズ・CLUB-L・CLUB-S・エクセレントなど
豪華な車内装備はこれまた走るラウンジです。

いっぽう「GT-R」という恐れ多くもそのグレード名、他社はなかなか
付けることができないのもありました。

一般的に普通クラスのグレードは「GL」というのがどこのメーカーにも
あって広く浸透しているのかレンタカーのお客さんも
「GLクラスでいいからね~。」なんていう人も以前は多くいましたが
最近はあまり聞かれなくなりました。
若いスタッフが聞いたら
「何ですかそれ?」です。
f0113639_16444412.jpg
時代とともにクルマもかわり、街並みも変わってきました。
かつて釧路のメインストリートだった北大通りも閉店していたデパートも
取り壊されて今はマンションが建ってちょっとあか抜けたかな。
もうすこし人通りが多いとにぎわいがあっていいけどね。
一本ウラの末広界隈はもうすぐ忘年会シーズンで夜の人口は急増します。
                     <moyan>

ちょっと息抜きの記事でした。
いつも息抜きでしたかね・・w
新しい車もどんどん進化してきて
ついていくのがやっとです。

進化してないのはあなたでしょ!と
ツッコミがはいりそうなので
今日はこれでおしまい。

「ポチ」して終わってね。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
んブログ村


by trlkushiro | 2019-11-23 18:07 | えとせとら | Comments(0)  

<< 飛んでる写真 11月29日 大地を駆けろ! 新型RAV4 ... >>