香り華やか!「搾りたて」 1月31日

香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_17131560.jpg

今が1年でいちばん寒い時期、明日の朝は氷点下14度くらいと冷え込みそうです。
風邪やインフルエンザも流行しているので暖かい服装で体調管理には充分気をつけ
ましょう。
それでは・・・お待たせしました根室の地酒「北の勝 搾りたて」ですよ!
このブログの記事も12月後半から何年の前の「搾りたて」と「しぼりたて」が
常にナンバーワンなのです。(せっせと新しい記事書いてるのに)
それだけ皆さんの注目が高いということで、関係者の皆さんにお願いしていたところ
「moyan、搾りたてゲットしたよ!」と・・・・なんとありがたいことか。
釧路市内の居酒屋さんでもなかなか手に入らないのだそうです。
根室市内では今年も21日の大安の日、極寒の朝からスーパーで並びようやく手に入るか
どうかというシロモノです。
今年も発売5分で売り切れみたいな神話を作ったんでしょうね。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_171426100.jpg

いつも通りに底にはもろみが沈んでいるので優しく攪拌させてからグラスにそそぐと
トロっとした感触が伝わります・・・・・期待がもてますね。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_1715343.jpg

この写真でにごりがわかりますか?
こんな感じですよ。
ここから先の写真はちょっとワザを使いました・・・たいした意味はないけどね。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_17154831.jpg

それでは今年のお味はと飲もうとしたら・・・・・・。
香りがすばらしい!
果実のような甘い香りが・・・大きいワイングラスで香りを楽しみたいくらい。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_17163374.jpg

では、仕切り直しで少しだけ口にふくむと・・・・・。
香りがさらにひろがります、トロっとした感触はそのまま、甘み旨みいいぞ!
甘いと言ってもべたべたした甘さではなくすっきりと。
あとから来るずっしり感は度数が高めのせいかな。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_17171616.jpg

北の勝 搾りたては本当に出荷本数が少なくて釧路の居酒屋さんでも置いたらすぐに
売れてしまう人気酒です。もともと北の勝自体が道東で7割から8割消費されている
地酒なので、なかなか他の都市では味わえないお酒です。
釧路・根室にお越しの際 お店で置いていたら是非飲んでみる価値ありますよ!
その時に! くれぐれも飲んだら乗るな 乗るなら飲むなでお願いします。
香り華やか!「搾りたて」 1月31日_f0113639_19203452.jpg

搾りたての香りに誘われた 謎の生物? 
正体はエゾモモンガでした。

写真の仕掛けはテレビの前にテーブルを置いてみたものです。

休みの日の昼間から何やってんだろうね 俺。
                              <moyan>

ようやく記事になりました。
これでプレッシャーから開放です・・・やれやれ。
今日帰ったら当然というかまたまた味見。
あっ もう味見はいいんですね。
それではしっかりと飲んでみます。

     「ここ」もしっかり頼みます!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-01-31 19:47 | おいしいもの情報 | Comments(2)  

Commented by もも at 2016-02-01 12:56 x
こんにちは☆

どんなハイテク合成技術かと思ったら(だって美しいから)…
意外とアナログな技でびっくりぽん(笑)。

スイトピーがとてもいいですね。きっと副編さんですね。
ピヨ達もいつも有難うございます。

北の勝しぼりたて、毎年入手までドキドキですね。
お疲れ様です!

Commented by trlkushiro at 2016-02-01 14:21
超アナログ的な仕掛け・・すごいでしょ!
撮影中に思いつきました!
この手でバリエーションがひろがります。
イタリアミラノの町並みを背景に
泉屋さんのミラノ風っていうのもアリかな
ボーノ・ボーノですよ ふふふっ。

今年の搾りたては飲んでくちの中で含んでいるときの
華やかさの後にガツンとくる力強さもあって
奥が深いというか複雑な魅力があります。

名古屋ではさすがに飲めないと思うので
分身に舐めさせておきますね。
            <moyan>


<< 聖地~OTOWABASHI 2月3日 「SL冬の湿原号」もうすぐ出発... >>