しみじみと「福司しぼりたて」を味わう 1月15日

f0113639_12391447.jpg

ばくだん低気圧 昨日は本州で大暴れだったようで東京も銀世界で釧路と変わらない
景色になっていましたね・・・・・・さすがに鹿やキツネの姿はみえませんけど。
釧路はこのところ穏やかな日がつづいています。
朝の寒さはもう慣れました、冬だから寒いのが当たり前なのです。
最近は日の暮れるのもだんだん遅くなってきて、この日もきれいな夕焼けを見ることが
できました。

1月も中旬になると楽しみのひとつが地元の酒蔵から出る新酒です。
このブログの管理画面ではどんなキーワードで検索されたとか、どんな記事を見てるよ
という画面があるのですけど、最近多いのは「しぼりたて」と「搾りたて」。
「しぼりたて」は釧路の地酒「福司」で「搾りたて」と漢字で書くのは根室の地酒「北の勝」、
どちらも人気がありますよ!
「北の勝 搾りたて」はもう少し先の販売ですけど、それに先がけて「福司 しぼりたて」が
発売になりさっそく味見です。
今年はどんな出来なのか待ちに待ってました!
f0113639_12403157.jpg

一応ブログ掲載用の写真撮影です。
お酒だけじゃ画的におもしろくないので冷蔵庫の中からそれらしいものを探すと・・・
お正月明けは意外とあるもので保存のきく卵豆腐と冷凍のかに肉・・・・おう!これはいい。
かにというのが釧路をアピールしてますね。
うちの副編集長(奥さんですが)玄関の花から赤い実と葉っぱをちょん切り、
器のわきに添えてそれらしくなりました。

・・・で さっそくの味見です!

今年の「しぼりたて」は昨年にひき続き すっと飲みやすい! 香りも上品でうまい酒です。
もうだいぶ忘れてしまったけど昨年との違いは今年はちょっと甘いかな?
キンキンに冷やして飲むほうがスッキリしそうです。
発酵するものは気温とかにも敏感で毎年違うものらしいんです。
それがまた楽しみなんですけどね。
ただ樽から出たばかりのお酒でアルコール度数は17%以上もあって飲みすぎ注意ですよ!

北海道には酒蔵が15ヶ所あって道東では釧路の「福司」、根室は「北の勝」
北見には「栄光摩周」というのがあるんですね・・・・知らなかった。
旭川はさすが酒処で「男山」「高砂」「大雪乃蔵」が、新十津川には「金滴」。
増毛・・・う~んうらやましい地名だなあ「ぞうもう」じゃなくて「ましけ」と読みます。
ここは「国稀」という名前のお酒です。
日本ハムファイターズの栗山監督の第2の故郷 栗山町では「北の錦」。
文字どおり北に錦をかざっていただきました!
江別には「三和鶴」・・・・あまり聞かない銘柄?
札幌では「千歳鶴」と「北の誉」、このあたりは北海道民ならみんな知っていますね。
日本酒には「鶴」と名のつく銘柄が多いのです。
小樽では「寶川」と「北寶」・・・どちらも「寶⇒宝」がつきます流行ってたんですね昔。
京極の名水で有名な倶知安では「二世古」ニセコも漢字で書くとこうなるようです。
この辺は京極町、倶知安町、ニセコ町の町村合体チームでしょうか。

このように北海道各地に酒蔵があります。
居酒屋さんで〇〇はどこの地酒なんだぞ!ここの酒はなぁ・・・うんだらかんだら・・・と
知ったかぶりして語ると・・だんだん自分のまわりに人がいなくなるので飲みすぎには
やっぱり注意しましょうね!

もちろん車は家に置いて、ホテルに置いてタクシーで帰りましょう!!
歩いて帰ってもいいけど転びますよ・・・・足元すべるんですから。

・・・・どこが「しみじみ」だったんだろう?  まあ いいか。
                                      <moyan>

。。。。お知らせ。。。。。
本業のレンタカーの話ですが、3連休明けでお仕事も本格化してきたのか
乗用車が満車傾向にあります。
ご予定が決まり次第早めのご予約をおすすめしております。
                              。。。。お知らせ(終)。。。。。

くるま屋さんがお酒の話をするのは、ちょっと気がひけるのですけど
検索キーワードが示すようになぜか要望があるので・・・やっちゃいました。
次は手堅く本業のレンタカーの話でもと・・・・ただ、つまらないですよ本業の話は。
 それではいつもの「ここ」をお願いします。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-01-15 15:10 | おいしいもの情報 | Comments(0)  

<< いよいよ19日からSL走ります... 極寒モクモク  1月11日 >>