<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

北の狩人  2月29日

f0113639_15361887.jpg

今日は4年に1度のうるう日、こんな日は記念の投稿をしておきましょう。
2月はちょっと本業も忙しくて、更新もままならなかったのですが寒のもどりがあって
タンチョウ関係のカメラマンは大いに喜びましたね。
阿寒国際ツルセンターの「お魚タイム」も今日いっぱいの予定ですけど毎年すこし
魚が余るので何日か延長しますけど今年はどうでしょうね。
来年の運行が危ぶまれている「SL冬の湿原号」も昨日が最終日でした。
今年はお天気に恵まれて1日も運休が無かったのが幸いです。
そんなお天気も今日の釧路は大雪に見舞われて今もこんこんと雪が降っています。
こんこん・・・と。
f0113639_15363641.jpg

そうです!今日はコンちゃんの話。
阿寒のツルセンター「お魚タイム」は魚をめぐってタンチョウとオジロワシが大バトルを
くりひろげる、もはやショータイム的な要素があって(全部野性動物っていうのがスゴイ)
そのなかでコンちゃんも時折登場してピエロ的な役割を演じています。
f0113639_15365425.jpg

最初は遠巻きに見てるのですけど、タンチョウとオジロワシがバトルを繰り広げている
スキにいつの間にか近付いてこの表情でムシャムシャです・・・やったね!
f0113639_15371969.jpg

その場にいるとタンチョウもけっこう気が荒いのがいるので突っつかれないように
スタコラサッサと逃げます。
よっぽど栄養が行き届いているのか毛並みの良いこと。
冬毛のコンちゃんはフサフサで見栄えがいいけど、夏になると貧相になります。
f0113639_15374123.jpg

いっぽう、野性のコンちゃん(ツルセンターも野性だけどね)。
エサは主に野ネズミ。オオカミのように家畜を襲うようなこともないし
人が襲われたという話は聞いたことがない。(ごみ箱を襲っているのは見た!)
家族で暮らすがオオカミのように群れることもなく、なんともアットホームなのです。
釧路市内もけっこう田舎なので住宅街をのら犬のようにさまよっているコンちゃんを
時々見かけることもあるけど、ガルル~と威嚇されることもなく大抵はコンちゃんから
逃げていく可愛いやつです。
f0113639_1538560.jpg

そんな彼らも今は恋の季節で5月下旬くらいから「ちびコンちゃん」が誕生してきます。
子ぎつねのつぶらな瞳かわいいですよ! 
子犬となんら変わりないのですけど・・・・しっぽがやっぱりきつねなんです。
                                    <moyan>

キタキツネは写真モデルとしてはけっこう決まります。
極寒の大地で必死に生き抜いているんだ!・・そんなドラマ性があります。
ときどき間の抜けたことをするのもご愛嬌です。

     「ここ」もよろしくねっ!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-29 17:26 | えとせとら | Comments(0)  

鉄の鼓動もあと4日 2月24日

f0113639_1402669.jpg

あと1週間もすればひなまつり、もうすぐ春かなと思ったら北国の春はそんなに甘い
ものではなくて今日の最高気温マイナス4度 ぶるる~。
雪がないです・・・なんて言っていたら、ちゃんと降りこれから一生懸命帳尻あわせを
するのでしょうか?
そうはいっても暦は1日1日と春にむかっていて「SL冬の湿原号」の運行も残すところ
あと4日になってしまいました。今年は昨年のような悪天候での運休もなく順調ですが
いかんせん2月28日までの運行です。
f0113639_141042.jpg

車庫から出てきたところです。
始発釧路駅から11時08分に出発しますが、車庫出発は10時30分でした。
平日のこの日も熱心な鉄ちゃん鉄道愛好家のみなさんが跨線橋の上から
カメラを構えます。
f0113639_1421282.jpg

制限速度10kmでゆっくり釧路駅にむかいます。
途中線路をくねくねとするポイントがあってわくわくするところですが・・・・なんと!
屈辱のバッテリー切れ これからいいところだったのに。
f0113639_1424178.jpg

「SL冬の湿原号」は北海道で唯一実際に走行するSLになってしまいました。
C11-171も昭和15年製でけっこうなお歳なんですよね。
昭和15年・・ゼロ戦が飛び始めた頃?
蒸気機関だけで動輪をまわすのはもちろん電気も起こしてしまうんですよね。
さすがに空調までとはいかず、暖房はダルマストーブで暑いときは窓を開けるだけ
その当時にタイムスリップして「プリウス」見たら、みんなびっくりするだろううなあ。
f0113639_143283.jpg

阿寒休養村に展示しているC11同型の運転席。(雄別鉄道で活躍していた機関車)
当然ですけどデジタルものはありません。
車両点検で交換部品が見つかっても部品などないので作るのでしょうか?
f0113639_1433422.jpg

今年も25日・26日・27日・28日この4日限りとなりました。
今年は「SL冬の湿原号」に関するテレビも多く放映されていて・・・なにか嫌な予感。
来年度はSL老朽化にともない廃止なんてことにならないようにお願いします。
f0113639_1435418.jpg

塘路駅出発直後の大アップ。
JRさん来年のポスターにいかがですか?
この日も間近で昭和15年生まれの鉄の鼓動を感じてまいりました。
                              <moyan>

ここ数日ちょっと忙しい日々が続いています。
moyan今日も更新してないの・・・という時は
大昔の記事など見てもらうとありがたいのです。
進歩がないのがバレバレですけどね。
     ここもよろしく!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-24 15:57 | 旬のみどころ | Comments(0)  

「観光立国ショーケース」に釧路市選定 2月18日

f0113639_16201994.jpg

あいかわらず記録的に雪の少ない釧路です。
1月の爆弾低気圧以来どっさり降るような雪はふっておらず、おまけに先日は雨も
降って牧草地も地面が見えてきました。
3月くらいに帳尻あわせのようにどっさり降らないか、いや~な予感がしています。
(たいていこういう記事を書くとどっさり降ることが多いような気がする)
f0113639_16204999.jpg

さて、1月末に観光庁から発表があり、
「日本再興戦略 改定2015」に基づき、訪日外国人旅行者を地方へ誘客する
モデルケースを形成する取組である「観光立国ショーケース」として北海道釧路市
石川県金沢市、長崎県長崎市の3都市を選定いたしました・・と 発表がありました。
1度読んだだけでは全くわかりませんね。
f0113639_16234451.jpg

「観光立国ショーケース」とは
1、多様な観光資源のポテンシャルを活かした世界に通用する魅力ある観光地域づくり
2、訪日外国人旅行者を地方へ誘客するモデルケースの確立
ますます わからなくなりましたか?
観光庁では、その「観光立国ショーケース」の募集をしたところ10都市から応募があり
そのなかから釧路市も選ばれたようです。
日本を代表するような観光都市金沢市と長崎市とならんで釧路市がですよ!

応募資格は数点あって外国人旅行者にとって魅力があるか・・・等々あって
人口は10万人程度以上で地域資源、食、文化財、環境など多様な観光資源があり
なおかつゴールデンルート上(東京・名古屋・京都・大阪周辺)ではない・・という条件です。
f0113639_16211017.jpg

Super Fantaastic KUSHIRO
世界トップクラスの自然に抱かれ、自然との共生文化を体験するカムイの休日
おお~ なんとかっこいいフレーズ。
これがプレゼンの表題です。
観光資源は前回の記事にもあったように国立公園が2つもあったり、世界でもここでしか
見ることの出来ないタンチョウや阿寒湖のマリモがあって、アイヌ民族の自然と共生する
文化が体験できたりと確かに魅力たっぷり。
f0113639_16214048.jpg

いっぱい神様が出てくるアイヌ民族のお話は自然にやさしくエキゾチックなのであります。
f0113639_16232717.jpg

湿原の神は優雅で美しく世界中のバードウォッチャーのハートをがっちり掴んで
放しません。リピート率が高くて、はるばるアメリカ・ヨーロッパから毎年来られる
レンタカーのお客さんも多く、すっかり顔なじみです。
f0113639_16222126.jpg

国内初のラムサール条約湿地の釧路湿原を流れる釧路川は上流から河口まで
ダムが一切無いカヌーの聖地で四季それぞれの良さはあるけど
キンキンに冷えた早朝カヌーはとんでもなく寒いけど、木々にはりついた霧氷が
とんでもない美しい光景をつくりだしてくれることまちがいなしです。
観光要素としては体験はけっこう重要です。
いい川や湖があるということは「いい釣り」もできますよね。
ここでしかいない大きな魚も釣れるかも。

そうそう!食べることも体験の一部?
世界無形文化遺産「和食」もあって世界的な和食ブーム
中華圏の人が日本に来たら必ず食べるという「ラーメン」も「RAMENスープ」に
使われる昆布(道東はおいしい昆布の産地なんです)を題材に
森から海へ漁から食へを満喫する体験学習プログラムも用意されるみたいで
昆布漁のみなさんもこれから外国人に囲まれて
「えっ?」ということになるかもしれません・・・
いやこれが昆布を世界にひろめる大チャンスかもしれませんよ。
f0113639_1624883.jpg

レンタカーのお店はというとクルマはもちろんグローバルなので問題なしです。
カーナビも英語・中国語・ハングル語と用意されていてこれまたノープロブレム。
しかし!英会話がね・・・・・
なんとなく通じてはいるのですけど・・・最後は絵を書いたりジェスチャーしたり
宴会の余興ゲームのようになっています。
5年後には外国人観光客が現在の3倍近くを目標とされているので・・・・
絵やジェスチャーに磨きをかけて・・・いやいやとりあえず英会話ですね。
                               <moyan>

ちょっと難しい話でしたね。
でも、なにがきっかけで国際観光都市になるか
わからないものです・・・だってニセコがね。
釧路も充分すぎる要素があるのでここで気をぬいてはいけませんね。
    「ここ」も気合を入れて
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-18 19:38 | えとせとら | Comments(0)  

「きゅうひゃくよんじゅうろく市」と読まないで 2月13日

f0113639_1662859.jpg

きゅうひゃくよんじゅうろく・・って 読まないでください!
「くしろ」なんですよ。 
すこし前の話 全国各地で町村合併が行われていたころ釧路市も阿寒町、音別町と
合併しました。
それで新しい市の名前を何にしようかという話になり
「946市」という案も出てきたそうですが、「きゅうひゃく・・・市」と読まれることもあろうかと
却下されたようです。

明日14日はその釧路に関する検定試験「くしろ検定」が行われて当社から2名受験
しますが大丈夫なんでしょうか?
f0113639_16103148.jpg

試験に出そうなネタは豊富にあるのでおさらいしますね。
まずは広大にひろがる自然。
なんと釧路市は国立公園がふたつもあるんですよ・・・・(すごいでしょ!すごい田舎?)
釧路湿原国立公園と阿寒国立公園です。
f0113639_1611012.jpg

阿寒国立公園は阿寒湖・摩周湖・屈斜路湖とそれをとりまく原生林がすばらしい!
f0113639_16111962.jpg

自然が多いとそこに棲む野生動物もいっぱいで、タンチョウは釧路を代表する鳥です。
羽根をひろげると2m40cm日本でいちばん大きな鳥がバサバサ頭上を飛びます。
f0113639_16133016.jpg

大きな鳥といえばオオワシも、世界でいちばん大きなワシで欧米人は大好きな鳥。
f0113639_16135248.jpg

ついでにハクチョウ、飛んでいる時や水に浮かんでいるときは純白で気品がありますが
地上に降りるとスタイルがちょっとね。
タンチョウの脚長スタイルの隣に立ってはいけません。
f0113639_16142222.jpg

だれが決めたか?世界3大夕日の街。
曇って夕日など見えそうもないけど、夕方になると外国人のお客さんが幣舞橋の上に
集まってきます・・・・・地道な広報活動で成功しましたね。
f0113639_1615338.jpg

釧路の産業では昔から漁業で栄えた街です。最近はちょっと様相が変わってきましたね。
f0113639_16432789.jpg

2社ある製紙工場も重要な産業です。
f0113639_16434550.jpg

あの石川啄木も76日間釧路の新聞社で記者として滞在していました。
釧路の街中には歌碑がいっぱいあるんですよ!
f0113639_16441719.jpg

いまでは廃止になった原木を貯木場まで運ぶ風景。
このレトロ感がどことなく郷愁を誘います。
f0113639_16454836.jpg

食の文化も釧路独自のオリジナリティーが。
そもそも釧路は寒いのでいつまでもアツアツのスパゲッティーが食べられるようにと
考案された鉄皿スパゲッティー。(釧路人はこれがあたりまえと思ってました)
そしてトンカツまで乗っけて満腹満足なのであります。
くしろ検定では食の問題も出るんですよ。
f0113639_16484898.jpg

最近はどこでも「ゆるキャラブーム」でいろんなのが登場しています。
釧路管内の市町村代表もあって覚えるのに一苦労です。
さあ 釧路市のゆるキャラはどれでしょう?
f0113639_16493391.jpg

正解はいちばん左の「つるまる君」いや「つるまる子」?
「つるまる」というのが正解のようです。
「くしろ検定」って けっこう難しいんですよ。

問題 新釧路川に架かっている橋を下流から順に答えよ
なんて問題が出ると・・・西港大橋・新川橋・釧路大橋・・さて次はなんだっけ?
と・・いうことになります。
知ってるようで知らない、ずっと釧路に住んでいても試験問題は別物なのであります。

明日受験を控えた方には全く参考にならなかったと思いますが(余計に混乱する?)
一生懸命がんばってください。
                                <moyan>

  ここにも釧路の問題 いや諸問題がいっぱい・・かな?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-13 20:17 | えとせとら | Comments(2)  

風雪なにするものぞ 2月10日

f0113639_1814457.jpg

ばくだん低気圧以来、雪らしい雪が降っていなかった釧路も昨日ちょっとだけ
降りました。おかげで朝はブラックアイスバーンがあちこちにあってクルマの運転も
慎重にならざるを得ません。でも日中は気温も上がってほとんど融けてなくなりましたよ。

昨日の雪は気温が高かったのでベチャベチャそれも短時間にバサバサと、
こういう時はけっこうおもしろいスナップが撮れるので吹雪の中撮ってきたので
見てやってください。
f0113639_18151796.jpg

向かったのは釧路のシンボル幣舞橋。
もうワッサワッサ降ってます。遠くの花時計もかすむほど。
吹雪の中を歩く姿も北国ならでは風景・・・・・・
いやいや最近は東京でも電車が来なくてこんな風景が映し出されていましたね。
f0113639_1816472.jpg

道路の反対側には「宇宙人」?っぽく見える「春の像」。
正面だけ雪がはり付いてコントラストを強調してくっきりです。
f0113639_18162488.jpg

その向かい側は「冬の像」。
寒そうに歩く人を横目に風雪ものともせず堂々と伸びやかに。
f0113639_1816455.jpg

それにしてもジャンジャン降ってます。
「夏の像」の前を自転車に乗っているお父さん・・・・すべるから気をつけてね。
f0113639_1817213.jpg

再び「春の像」、ちょっと大きくしてみた・・・・・やっぱり「宇宙人」っぽいでしょ。
写真を見ていてふと思い出したのですが・・・
「安心してください はいてますよ!」のとにかく明るい安村さん、旭川の観光大使に
任命され授与式が雪の降る屋外ステージで行われていましたけど
あれは寒そうだったなあ。(仕事とはいえ大変ですね お体大切に)
f0113639_18174459.jpg

雪降る日はモノクロの世界をつくります・・・(なんだこの急展開)
北国ではなんでもない景色が特別な景色に見える地域もあるんでしょうね。
ここは釧路のかくれた名所?映画にも時々登場する「六園荘」あたりから海側を
見下ろす坂です・・・・近くには「まるひら」さんや「いわまつ食堂」さんなどのおいしい
ラーメン屋さんもありますよ。
                            <moyan>

明日の休日からタンチョウカメラマンも続々来られて
今日はその準備でバタバタしてました。
記事もバタバタでこの次はしっかりやりますね・・やるつもりです。

   「ここ」もしっかりお願いします!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-10 20:18 | 気候情報 | Comments(0)  

「SL冬の湿原号」撮り鉄萌える 2月7日

f0113639_15321664.jpg

あいかわらず晴れの日が続く釧路です。空気も乾いてパリッパリ洗濯物もよく乾きますが
外に干すと凍るのでほとんどの家は部屋干しなんですよ。
さて、釧路の冬の風物詩「SL冬の湿原号」が1月30日から今期の運行を開始しました。
出発式の日いつものように当社釧路店近くの歩道橋から出発セレモニーをながめます。
今年はなんだかホームもごちゃごちゃしていて何がなんだか・・・・
機関車は定刻の11時08分ごろには黒煙をモンモンと吐き出しやる気満々のご様子。
「出発進行~!」の合図とともに汽笛一発 発車!(いつもゴジラの叫びに聞こえる)
「ボッ ボッ ボッボッ」だんだん近づいてきます・・・が!
黒かった煙もだんだん白く・・・ついに真っ白。(写真的には力強い黒がいいなあ!)
そしていつものごとく煙にまみれるのでありました。
f0113639_15324960.jpg

この日はお休みをいただいていたので、それだけでは物足りず追っかけを始めます。
この際標茶まで行って、沿線の撮り鉄さんの分布状況や道路パトロールも兼ねてます。
てなことを言ってますが、本当は標茶の「もり」さんでおいしい蕎麦を食べるためです。
途中では撮り鉄さんいましたよ~いっぱい!
こんなところに! あんなところにも!!
ふだんはエゾシカとキタキツネしかいないようなところにも・・・ もう びっくりぽんや!
さて、終点がちかづいてきたので標茶手前の「ルルラン踏切」でカメラを構えます。
もうけっこうな人が集まってきました・・・・さすが初日。
ここは車を停めるスペースがないので交通に支障がないように注意しましょう。
案の定パトカーがやってきて
「踏切付近は充分ご注意ねがいま~す。」 みなさん気をつけましょうね。
しばらくして林の中を切り裂いて雄姿がみえてきました。
それはそれでいいかんじなんですが・・・やっぱり接近戦が好きでこんな絵でした。 
f0113639_15332887.jpg

これは昨日 2月に入るとほぼ毎日運行です。
ポピュラーなポイント釧路川にかかる鉄橋はいつも撮り鉄さんがいっぱい。
ここも微妙なルールがあってカメラを構えている人の前に入るときは
「ここ・・・いいですか~?」となにげに聞きましょう。
この日は川面がいいかんじで凍っていて、これも絵的には入れたいところです。
なので前に入られると入ってしまうんですよね。

で、 こんな絵になります。
f0113639_15335231.jpg

個人的にはぐ~っとアップで寄りたい衝動をおさえて耐えます・・・全景のために。
でも、悔いが残ったので。
バック走行だけど標茶ー釧路を接近戦でリベンジです。
f0113639_15343048.jpg

その前に細岡展望台の眺め。
昨日はいい眺め空の広さを感じます。
今年は雪が少ないですね。
f0113639_15345396.jpg

細岡駅ー釧路湿原駅の踏切からです。
風で乱れたけどこの黒い煙がいいですね。
f0113639_15351211.jpg

客室もさぞ煙たいと思いますが。
帰りはこんな感じのバック走行です。
f0113639_15353979.jpg

哀愁のうしろ姿
湿原を覆いつくす煙のルンペンストーブのにおいがなつかしい・・・クンクン。
おやっ? 今年はなにか物足りないぞ・・・・・緩急車がないとレトロ半減かなあ。
緩急車のデッキも鉄道ファンには人気があっていつも誰かがマイナス気温の
吹きさらしの中、寒さに耐えながら萌えているのはよく目にします・・・さすがですね。

                             <moyan>

冬は写真ネタが多いので休みの日もけっこう忙しいのです。
今しか、ここでしか撮れないものが多すぎる。
 9日はひさしぶりの雪マークがありますね
 おや?なんとお休みですぞ・・・雪景色かあ。
         
   いつもありがとうございます                            
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-07 19:09 | 旬のみどころ | Comments(2)  

聖地~OTOWABASHI 2月3日

f0113639_10593132.jpg

抜けるような青空、このところ毎日が晴天の釧路です・・・・その分朝は寒い!
昨日の朝は阿寒湖畔がマイナス27,5度、釧路市内もマイナス18,6度。
不思議なもので朝のこの気温に体が慣れてしまうと気温が上がる昼頃になると
「ようやく暖かくなってきましたね♪」
「ホントだねー♪」なんて会話が聞こえてきますが・・・外気温マイナス3度です。
15度も気温が上がるとこういう会話になるものです。
f0113639_110073.jpg

さて、寒ければ寒いほど喜ぶ全国いや、世界中から集まるカメラマン(一般的には変な人?)
早朝の音羽橋OTWABASHIは国内外から集まるタンチョウカメラマンの聖地でもあります。
その魅力は満開のサクラを思わせる樹氷とタンチョウ、その優雅な姿を気嵐のベールで
包み込み幻想的な空間を演出します。
日の出とともに刻一刻と変わる色も見逃せません。そのため極寒マイナス25度の中
1時間も2時間も待ちます・・・寒いです・・・でも一瞬を逃すまいと待ちます・・・でも寒いです。
こうやって修行の末 悟りを開きます・・・・何をしに来てるんでしょうw
・・・と 言うのは冗談で皆さんすばらしい写真を撮られたことでしょう。
f0113639_1103494.jpg

今年は手前のほうにいつも4羽がいい位置にいて大サービス中!
引いてもいいし、寄ってもいい!ズームレンズのフル活用です。(写りはイマイチだけどね)
f0113639_1105941.jpg

今年を逃すと来年もこんな近くにいるとは限りません!
遠くにいるとどんな風かというとこんな感じになります。
f0113639_11144249.jpg

これはこれでいいの?かどうかわかりませんが・・・・・・
やっぱり、ツルちゃんたちの大露天風呂に見えてしまいます。
陽が上がり過ぎると、みんなシルエットで黒くなり、
タンチョウなのか何だかわからなくなってしまいます。

ちなみに昨年は1月初旬まで良かったけど、途中から天候が悪くて、雪それも暴風雪や
くもり空も多く、しかも暖冬で気嵐もあがらず散々なシーズンでした。
今年は今のところ晴天がややしばらく続きそうで、おかげで道路状況も良く
朝の気温もしっかり冷え込んで申し分ありません。
欲をいうと朝焼け具合が今ひとつなのと、乾燥しすぎて水蒸気のあがる川べりしか
樹氷が付かないのがちょっと残念かな。

旧正月をむかえ中華圏のお客さんも増えるこの時期、今年はさらに増えそうで
OTOWABASHIも朝からさぞかし賑やかなことになりそうですね。
                                  <moyan>

風邪やインフルエンザも流行しているようで
暖かい服装でお越しください。
寒さ対策はインナーにヒートテックはもちろん最強のダウンで、
使い捨てカイロもあちこちにベタベタ貼り付けると効果的です。
カメラの予備バッテリーもカイロでくるんであげると元気です。

   私もここ「ポチ!」で元気がでます!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-02-03 13:55 | 旬のみどころ | Comments(2)