<   2015年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

How to 冬道ドライビング 11月29日

f0113639_17352384.jpg

11月もあと1日ですか・・・・めちゃくちゃ早いですね。
街を歩けばクリスマスソングも流れ、新聞チラシはおせち料理がいっぱいです。
おまけに今年は先日ドサっと雪が降ったものだから気分はもう年末モードのようです。

さて、今日は前回お約束したとおり冬道でのクルマ運転術です。
これから北海道でクルマの運転をする方ももちろん地元の方も参考になればと
思います。
そういうわけでツルがいっぱいでツルツルしている写真でした・・・・。
先日の雪で散りじりばらばらだったツルちゃんもだんだん給仕場ちかくに集まって
きたでしょうか。
f0113639_1735534.jpg

この写真は数年前に阿寒町に作られた雪道体験テストコースでスラローム走行
しているところ、最終型のスターレットですよ。
釧路空港からレンタカーで出発するお客さんにも
「こんなコースがあるので行ってみてください。」と声をかけたのですけど
そこに行く前にすべる道路は充分体験したようですw
f0113639_17362299.jpg

その当時の釧路空港前の道路(レンタカー屋さんの前)
一時停止があってそこでみんなブレーキをかけるのでツルツルピカピカでした。
(今年はばっちり除雪入ってますよ)
ここで普段のつもりでブレーキをかけると、すぐにABSが利いてドッキリします。
乾いた路面ではABSが作動することないもんね。
地元の人と道外の人ではすべることに関しての認識はちょっと違うようで
地元では滑るのは承知で追突事故など起こさないようにしっかりブレーキが利いて
ほしいと思う。
道外の人はタイヤが雪や氷で滑って(空転して)走り出さないのではないかと思う。
特に登り坂(東京で雪が降るとズルズルやっているニュースよく見ますよね)。
基本的にこのような違いが見受けられます。

前回でもお伝えしたとおり
「4WDだから安全だね。」は
雪道は4輪駆動がベストで当然ブレーキもばっちりだ!・・と誤解しているふしがあります。
f0113639_1737370.jpg

たとえばこんな道路、釧路市内中心部の日陰部分は氷の轍(わだち)が出来やすく
削られた部分もブラックアイスバーンで轍を踏み外すと一瞬でスピンしやすい場所です。
複雑な轍は4WDはちょっと苦手?前輪がスリップすると後輪にトルクが伝わるけど
そこで後輪も空転して低いほうに流れるとクルマの姿勢がありゃりゃ横になってしまった
なんて体験している地元ドライバーも多いはずです。
(自慢じゃないけど何度も体験・・・笑って頭掻いてごまかします。)
これを防ぐにはスピードダウンしかありません。
スピードダウンもただブレーキを踏めばいいものではなくて、アクセルで調整したほうが
無難です。(先を予測するんですよ)
急なブレーキはその時点でスピンすることもあります。
郊外などで轍がある道路で追い越しをかけなければならないような状況って
ありますよね、そんなときは細心の注意が必要です。
柔らかい雪の部分にハンドルをとられてクルマのバランスが崩れることが多いのです。
たとえて言うなら
相手選手がゴールラインに向けて猛ダッシュ→五郎丸選手が横からタックル
二人はもつれながら斜めに進んでタッチラインに押し出される。
わかりやすかったですか?
f0113639_17373782.jpg

年に何回かは全面テカテカアイスバーンみたいな道路に出くわします。
まっすぐ走っているつもりでもクルマはだんだん低いほうに行ってしまうし。
キンキンに冷えているときはまだしも、表面が融けて水がうっすら乗っかっている時は
本当に気をつけましょう。(これもスピードダウンしか打つ手はないのです)
f0113639_17375458.jpg

いっそのこと「すべるように走る」というのもありです・・・すべることを想定してね。
ただスケートのようにエッジというものがないのでそのつもりで。
アイスバーンではスケートは極端だけどモーターボートをイメージするといいかも。
すぐには止まれないカックンとは曲がれない、
ときどきひっくり返る(スリップして路外転落でひっくり返る事故多いのです。)
郊外の道路ではなんでもない直線で路外転落よく見かけます。
道路には中央線が高く路肩が低い傾斜がついていてクルマがだんだん低いほうへ
下がって行く(路肩のほうへ)それをハンドルで修正しますが摩擦係数が極端に
下がるとクルマは斜めになったまま直進して何かの拍子にスピンします。
このようなときはアクセルでスピードの調整(ダウン)するしかありません。
モーターボートのようにと言ったけれどさすがに沈没するクルマは見当たりません。
f0113639_17381368.jpg

今までは道東に多いアイスバーンを想定しての話でしたが・・・・・
ここ数年は雪の少ない釧路も異変でドカ雪が多くなりました。
これは昨年の12月・・・・もう駅前も雪でぐちゃぐちゃですよ。
こんな時はデリケートな運転をしていると本当に前に進まなくなります。
4WDの真価が発揮される状況です。
ちょっとやんちゃな運転もやむをえない状況・・・というか
運転しないほうがいいですよ。
f0113639_17383850.jpg

降雪から数日経ち釧路市内の道路も状況が良くなりましたが慣れは禁物です。
先日の最初の雪のようにそろ~りそろ~りとビビって運転したほうがいいかも。
でも、凍ってすべる路面に出くわすとブレーキを踏むのは姿勢を崩すのでやめた
ほうがいいと思います。スピード調節するならアクセルでブレーキをかけるなら
路面がいいところでかけましょう。
運転免許取得のために子供のときから通ったデパート屋上の教習所。
このときの初心を思い出してこの冬も安全運転をお願いします。
                                    <moyan>

あ~またまた長くなってしまいましたね。
はたして参考になったのでしょうか?
  それではいつもの
      「ぽち」
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-29 20:22 | 道路情報 | Comments(2)  

雪降る街角 11月26日

f0113639_1635563.jpg

そろそろ来るぞ・・と思ったらドサっときましたね雪。
釧路は10センチくらいでしたが湿った重い雪でした。しかも日中も絶え間なく降ったので
踏み固められた雪がアイスバーンをつくりました。
釧路は本来雪が少ない地域なのでほうきで掃けば終わるような雪なのですけど
情緒もなにもないベタベタの雪でした。
それでも情緒がある風に写真を撮ってみたんですよ!。(これが限界)
f0113639_16353461.jpg

人通りは少ないけど交通の要所となる幣舞橋があるので交通量の多い北大通。
中央線と道路端はシャーベット状の雪が残っていて、そこを通過するとバシャバシャと
雪をはねながら通過します。
釧路市民も今期初の雪道なのでゆっくり走行ですね。
f0113639_1636733.jpg

一夜明けるとベチャベチャだった雪はガタガタのツルツル道路となりました。
朝の通勤もノロノロ運転=安全運転でいいですよ、その調子です。
ただ・・・・・
「なんだ そんなに滑らないぞ!」と慣れてついついアクセルを踏むと
夕方くらいにはブラックアイスバーンが現れて痛い目にあいますので注意して
ください。

この時期はレンタカー予約も4WD指定が多くなります。
お客さんも・・・
「4WDだから雪道も大丈夫だね!」とよく言われますが、なにも大丈夫ではありません。
ガタガタツルツル路面はまずクルマが跳ねてバランスが崩れる、尚且つ路面が
デコボコでタイヤの接地面が少ないためスタッドレスタイヤの性能が発揮できない。
4WDとはいえ通常は前輪8~10に対して後輪0~2ぐらいのトルクで走行しています。
それが前輪が空転すると・・・・・
「おいっ たのんだぞ!」とばかりに後輪にも出番が回ってきますが、
「おいおい そんな急に言われたってすべるものはすべるだろ!」ということで
前後とも空転をして(役に立たないってことです)
しまいにとんでもない方向に行ってしまうことになるのです。
FFは前輪がすべったらそれでおしまいですが、後輪はじーっと踏ん張っているので
トルクが加わって空転するより、このようなデコボコツルツル路面では安全です。
(わかりやすかったですか?)
f0113639_16363437.jpg

明日は低気圧接近ですが最低気温プラス5度で最高は9度なので雨かな?
北海道のなかでも雪が少ない釧路ですが、ここ数年はばくだん低気圧に何度も
襲われ冬の道路状況に心配することが多くなったような気がします。
今年の冬はどうでしょうかねぇ。

「How to冬道のドライビング」・・・・役に立つかもしれないので
今度まとめてやってみますね。
                                 <moyan>

記事作成中に「How to冬道のドライビング」思いつきました。
最初からやれば良かったのにね。
近いうちにやりますよ。
   じゃ今日はこれで
     「ここ」もよろしく。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-26 17:50 | 道路情報 | Comments(2)  

クルマのデザイン今むかし 11月21日

f0113639_16315570.jpg

今日こそは朝起きたらきっと白くなってるぞと思ったら・・・雨でした ほっ。
今日から3連休の人も多いかと思われます。
でも、もういつ雪が降ってもおかしくない時期になってきたので天候や道路状況には
じゅうぶん気をつけて運転してください。
レンタカー屋さんはというと3連休とはいえ観光シーズンも終わって余裕たっぷりです。
こうなるとお腹まわりもなんだかたっぷりとしてきてスタイルが気になるところです。
スタイルといえばクルマのスタイルもいろいろ。
今日は日本車のスタイルをたどってみます。

まずは初代プリウス
ハイブリッドってどんなのだろう?と興味深々でしたよ そりゃ。
正直なこと言います・・・・ありゃまあ普通・・・いや ちょっと。
もっと未来的なスタイルを期待してました。
(スタイルの好みは個人差があります)
そのプリウスもまもなく4代目が登場しますので乞うご期待を!
f0113639_16324389.jpg

それでは時代をさかのぼって初代クラウン。
古い日本映画ではパトカーでよくでてきましたね。
ゴジラにも踏み潰されたしさんざんでした。
今日は写真が多いのでどんどんいきます。
f0113639_16344085.jpg

こちらは初代コロナ。
いまではコロナという名前もなくなってプレミオという名前に代わったんですよ。
こんなブリキのおもちゃで遊んだような気がします。
角(かど)が無くて安全だったようです。
f0113639_1635159.jpg

こちらはニッサンブルーバード。このころまではダットサンだったのかな。
コロナとブルーバードはBC戦争とも言われ日本の自動車産業を牽引しました。
f0113639_16353838.jpg

それでも自家用車を持つほど、そのころの日本は裕福ではなくて
社用車が先に普及したようです。そういう需要にあわせたプリンスグロリア。
バンパーやモールがピカピカですね。うしろのほうにクラウンが見えています。
このころからボンネットが低くなりスタイリッシュになってきます。
f0113639_16361223.jpg

カローラとサニーで自家用車が持てるころになり、各メーカーも参入してきました。
スバル1000 スバル自動車はこのころからFFを採用してたんですね。
f0113639_16364222.jpg

マツダ自動車からはファミリア。
すっきりと洗練されたデザインで古さを感じません。
f0113639_163714100.jpg

モータースポーツも盛んとなり左がトヨタ800(通称ヨタハチ)
先日、走っているところを見ました!ちっちゃいですよ。
右はホンダS600 かっこいい!オードリー・ヘップバーンがスカーフなびかせて
乗っていそう。
f0113639_16374443.jpg

手前は三菱ギャランGTOと奥のほうはセリカ。
スペシャリティーカーと呼ばれていました。
f0113639_1638884.jpg

ウルトラ警備隊が乗ってそうなスタイルはマツダコスモスポーツ。
日本初のロータリーエンジン搭載車です。
f0113639_1638248.jpg

今見てもかっこいいのはニッサン フェアレディーZ。
これも先日走っているのを見ましたが・・・こんなに小さかったっけ?
昔の2000ccエンジン搭載車を今みるとみんな小さく見えます・・・実際小さい。
f0113639_1639010.jpg

ヨーロッパの香りがするいすず117クーペ・・・・かっこいいなあ!
この車のフレームをつかったフローリアン対照的にダ〇いスタイルだったけど
個人的には気になっていました。
f0113639_16401279.jpg

117クーペの後継車がピザ・・・いやピアッツァ。これまたヨーロッパの風。
f0113639_1641077.jpg

そして、革命を起こしたと言っても過言ではないホンダシビック。
FR車全盛のころにエンジン横置きのFFで広い室内を実現しました。
走行安定性や燃費にも貢献して以後FF車が小型車の基本となりました。
f0113639_16414348.jpg

そんな小型2ボックススタイルで人気のあったマツダファミリア。
ルーフキャリアにサーフボードを積んでいる車よく見かけましたね。
f0113639_16422997.jpg

きょうはトヨタ車の出番が少ないのでMR2。
エンジンが座席の後ろにありました。
このクルマはレンタカーにもあったんですよ。前後の重心が車の中心ちかくにあって
コーナリングは楽しいはずですが、ぶつけたらこまるのでそろ~りそろ~りと走りました。
なのでよくわかりません。
若いスタッフに乗せてやんちゃな運転しては困るので、車の回送もこのクルマには
まったく似合わないオジサンばかりが担当して悲運のクルマになってしまいました。
f0113639_16434677.jpg

さてさて、クルマも今後どうかわるのでしょうかねえ。
ハンドルも要らなくなる時代になるのでしょうか?
そもそも前を見ている必要があるのか・・・・つまんなくなりますね。
                               <moyan>

長々と読んでいただきありがとうございました。
疲れたでしょ・・・ふぅ。
   気分なおしに
      「ここ」どうですか。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-21 18:49 | えとせとら | Comments(2)  

いつか道端で逢ったなら 11月18日

f0113639_1674051.jpg

11月も早いものでもう半分終わってしまいました。
例年なら気温もぐんぐん下がる時期ですが、このところなんだか暖かくちょっと気抜け。
先日はタンチョウの集まり具合とか見てきましたが、こちらもなんだかな~。
冬が近づいてくるとだんだん人里近くに集まってくるタンチョウもなにかバラバラで
さっぱりいい光景にはめぐり会えませんでした。
まあ、よくあることです。
光るヨシ原のタンチョウとかシカとタンチョウとか・・・
最悪 牛や馬とタンチョウでもいいんだけどなあ。
というわけでただ「躍動感」だけの飛んでいるツルちゃん。
f0113639_1675797.jpg

じゃ、はるばる北の国からやってきた白鳥は・・・・・。
メタボ体型を浮き上がらせる力強いはばたきを感じていただけたでしょうか。
f0113639_1681839.jpg

本格的な人も本格的でない人も道端でタンチョウに出会い
おっ!なんだカメラがあるじゃないか・・・という時は
ツルちゃん下を向いてエサをついばんでいる時はあまり絵にならないことが多いので
声高らかになわばり宣言している時などはとりあえず撮っておきましょうね。
f0113639_1683320.jpg

わりと近いところにいることもあるので、写真を撮っておくと・・・・・・
「釧路に行ったらさー いやいや目の前にツル居てさー びっくりぽんやー!」と
写真見せながら釧路出張のみやげ話にもなります。どこで話そんなするんだろう?
はい、今回はあんまりいい写真が撮れなかったのでボツになりかけの写真を集めて
「日本大型鳥類撮影指南」でした。
                                 <moyan>

暖かかったのもつかの間で
明日からは本来の寒さに戻りそうですよ。
風邪も流行っているので体調に気をつけて
暖かい格好でおこしください。
  それでは「ここ」相変わらず激戦中。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-18 18:00 | えとせとら | Comments(0)  

「起終点駅ターミナル」いい映画でした。 11月14日

f0113639_17513839.jpg

昼間は薄日の射していた釧路も夜になると雨が降り出してきました。
この時期の雨は凍ることもあるので、ちょっとびびりますが・・・・
安心してください・・・あったかいんだから~♪
カレンダーも薄くなって流行語大賞の時期になりましたね・・・合せ技を使ってみました。
どうでもいいことはさておいて・・・・
先日「起終点駅ターミナル」観てきました。
f0113639_1752214.jpg

釧路の風景がところどころに出てきましたよ!
でも、撮影は道東あちこちで行われ、うまくつなぎ合わせてるなあ~と。
そしてCGのすごさ、冒頭の旭川あたりのシーンは冬だったので雪が降って
いますが、撮影は8月後半だったはずです。
冴子(尾野真千子さん)が身を投げるシーンは塘路駅だと思うのですけど
塘路駅には歩道橋がないのでちがう場所かも・・・・。
スナックの外は若松町(駅ウラ周辺)でした。
f0113639_17531158.jpg

釧路が舞台といえばタンチョウとか湿原とかが出てきそうですが一切なし。
そのかわり幣舞橋を渡るシーンは2回出てきました。
めったに入港しない自衛艦がうつってましたよ。
f0113639_17533095.jpg

釧路が舞台の映画は必ずこの幣舞橋が出ることからわかりますが、
本当にいい絵になる橋です。
f0113639_1754458.jpg

雨の日のシーンが数回ありますが消防車で散水したものです。
主人公の鷲田完治(佐藤浩市さん)のとなりに住んでいるおじいちゃんが
雨の日に傘をさして庭木に水をあげているシーンはクスっとします。
f0113639_17542255.jpg

そして釧路が誇るソウルフード「ザンギ」。
この映画を観てザンギが食べたくなった人も大勢いるでしょうね。
佐藤浩市さんは本当に自分で作ったらしい。(ウスターソースが隠し味だとか)
f0113639_17554041.jpg

あまりよろしくない役で中村獅童さんがところどころで出てきますので
これから観る人はストーリー的に要チェックしておきましょう。
f0113639_1805374.jpg

屋内のシーンが全体的に多かったのですけど、ところどころに幣舞橋周辺と
完治の家(家の玄関シーン)は益浦でした。
家の中は白糠町です。
f0113639_194587.jpg

派手さはないけど「じゅわ」っと来る人間ドラマ。
完治が息子のことを思い、泣きながらイクラ丼を食べるシーンが印象的・・・。
(いやいや美味しそうだなということじゃないですよ。)
f0113639_17522560.jpg

最後は釧路駅。
椎名敦子(本田 翼さん)を送り出したのも釧路駅。
そして完治が旅立つのも釧路駅。

「駅・STATION」をも彷彿させる映画で、あとからじわじわときますよ。
                                     <moyan>
  
映画にちなんだ写真を載せたつもりなんですけどね
2枚目の海は益浦のセットすぐ近くの喫茶店から
果てしなくひろがる太平洋がすばらしい場所です。
 もしなんだったら「ここ」よろしく。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-14 19:37 | えとせとら | Comments(4)  

あの頃の話は尽きないもの。 11月10日

f0113639_12504228.jpg

冷たい雨がシトシト降る釧路です。
いつ雪がふってもおかしくはないのですけど、雪ではないのがせめてもの救いです。
雪が降るとスリップ事故も気をつけなきゃならないしね。
写真は雪道にはまったく似合わないトヨタ2000GT、あの「007シリーズ」にも登場
しました。
さて、11月7日の土曜日から「起終点駅・ターミナル」が全国で封切られていますね。
ご存知と通り釧路が舞台となっています。
このブログの検索キーワードでも数日前から映画がらみでいっぱいとなっています。
派手なアクションや衝撃の結末、そういう映画ではなくて地味~な人間心理が
釧路の風土にマッチしてる・・・・そういった映画かな?と思います。
明日はお休みをいただいているので観てきますよ!
映画館で映画を観るのは何十年ぶりだろう。
今日は釧路のちょっと昔の話を懐かしい車の写真とともにごらんください。
f0113639_1251061.jpg

1964年発売のコロナ(通称 出っ歯のコロナと言われています)
2000GTとはえらい違いのボテっとしたスタイルでしたが、これが我家の第1号車
でした。(おまけに色はねずみ色)
子供心には真っ赤なマッハGOGOGOの様な車が良かったのに・・・(現実的ではない)
それでもあちこちドライブに連れて行ってもらいました。
f0113639_12545780.jpg

高校生のころは混んでいるバスがきらいだったので氷点下20度近いときも徒歩通学
でした。(学校に着いたころには自分のはいた息で髪の毛が凍って白くなってます)
帰りはちょっと遠回りでも繁華街を通って帰るのがおきまりでした。
夕方はちょっとおなかが空くので大島まんじゅう店で肉まんもよく食べましたよ。
お店のテーブルにはウスターソースが置いてあって、肉まん(ぶたまん)なのに
そのソースをかけて食べました。(ほとんどの人がそうですよね)
ケンミンショーのスタッフが知ったら釧路ではぶたまんにソースをかけるのが定番と
飛んできそうです。
お茶はポットに入っていて飲み放題なのです。
写真のいなり小路の奥のほうには笛園ビルが見えてますね。
ここも思い出がいっぱい。
f0113639_12512587.jpg

喫茶店のほうは大衆向けなので「モカソフト食べ放題」以外の日は行かなかったような
ビルの2階か3階あたりに「とん喜」があって、そこの「びっくりとんかつ」はよく食べました。
その当時はへっちゃらで食べましたけど、今だとその大きさにびっくりぽんですよ。
今も「びっくりとんかつ」やっているのかなあ。
f0113639_12524685.jpg

北大通9丁目あたりから釧路駅方向を写した写真ですね。
駅前には喫茶ローリエがあって(パチンコ チャンピオンの2階)
そこでも「パフェ 食べ放題」がありました・・・ここもよく行ったなあ。
喫茶店めぐりはどちらかというと、外がよく見えるところが好きでした。
友達と(残念だけど男友達)2階の窓側からヒューマンウォッチングです。
土曜日の午後なんかはコーヒー1杯で延々と・・・・・。
「あ~ 〇〇ちゃん あんな野郎といっしょに歩いてる~!」てな具合です。
f0113639_12562287.jpg

てんとうむしと呼ばれたスバル360発売されてから数年たって軽自動車が躍進してきました。
ホンダN360やスズキフロンテ、ダイハツフェローとかマツダキャロルなんていうのも
ありましたね。
街にはどんどん車が増えてきました。
釧路もこの頃は景気がよかったですからね、漁業は最盛期で石炭も絶好調でした。
f0113639_1254186.jpg

左は丸三鶴屋のとなりにあったマルヤマ時計店でさばいた宝くじから1等が
出たようですね、
1等2000万円・・・・・今じゃ1等5億円だったっけ。(縁のない話です)

右は北大通り9丁目あたりから幣舞橋方向を写した写真ですね。
右側に写っている車は三菱ランサーバン。
世界を制覇したラリーカーはライトバンでも大活躍したようです。
道路向かいには中田スポーツ館、そのとなりには国原楽器店がありました。
レコード屋さんは他にもミサキレコードやオリエンタルデパート(現 オリエンタルプラザ)
に山本楽器店やくしろデパートにもありました。
お年玉はほとんどレコード代に消え、友達に貸したり借りたり・・・・
貸したものは帰ってこないけど、なぜか今でも借りてたものがあるぞ・・・・なんで?
f0113639_12564457.jpg

この当時、車のオーディオは8トラデッキからカセットデッキに移り変わりました。
レコードはカセットテープにダビングされて快適なドライブに一役かいましたね。
高中正義「ブルー・ラグーン」聞いてましたか?イーグルス「ホテルカルフォルニア」かな?
テープが終わると自動的に反転するオートリバース機能は便利でしたが
いつも同じテープを聴いていると飽きてしまうものです。
ラジオの選局ボタンはけっこう力強く押さないと動いてくれませんでしたね。
f0113639_12573658.jpg

その昔、土曜日曜は人があふれていた北大通りも銀行がお休みの日は人通りも
少なくちょっと寂しくなりますね。
あのころは良かった・・・・なんて思うのはすっかり歳だっちゅーことですね。
                                   <moyan>

地元の人しか理解できない記事でしたね。
それも、それなりな人しかわかんないだろうなぁ。
     「ここ」には最新のくしろ情報がいっぱい。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-10 16:49 | えとせとら | Comments(8)  

釧路ラーメンLOVE 11月5日

f0113639_1655431.jpg

午前11時前の釧路空港、気温はこの時点で20度をこえています。
この30分後には11月の観測史上最高の21.0度・・・・暖かい・・いや暑い。
朝はそこそこ寒かったので着ていたライトダウンやベストやなにやらかにやら
みんな脱いで夏バージョンですよ!
しかし・・・暖かいのもつかの間で週末は最高気温が6度なんて日もあるので
暖かい格好でお越しください。
f0113639_1656134.jpg

寒くなると恋しくなるアツアツのラーメン。この夏は蕎麦屋さんのスタンプラリーが
あり、蕎麦漬けだったのか今モーレツにラーメンLOVEのこの頃です。
最近は釧路のラーメン事情も全国的なブームもあって濃厚とか野菜てんこもりの
お店も多くなってきましたが、ここはご当地を意識してあっさり釧路ラーメン特集です。

まずは「麺や 北町」さんのあさりラーメン。
北町さんの自家製麺は絶品です。
自分の好みは全粒粉の細め、麺をすするときの軽くなめらかな感触は他にありません。
季節限定のメニューも見逃されません。
f0113639_1656385.jpg

こちらは「ラーメン夏堀」さん。副編集長!持ち上げすぎだってば!!
ちょっと濃い目のスープは見た目ほどしょっぱくはないのです。
それどころか、そのおいしさに箸を置いたあともつい残ったスープをすすりたくなる
うまさがあります。麺の細さは釧路で一番かな?
その麺とスープが毛細現象のように絡まってバランスがいい!
初代大将、この秋に亡くなられましたが2代目若大将が受け継いでます。
ファミリーのチームワークもばっちりで相変わらずすぐ美味しいラーメンにありつけます。
「起終点駅ターミナル」撮影中は主役の佐藤浩市さんも舌鼓でした。
f0113639_1657242.jpg

だれにもマネのできない、ここだけの味の「らーめん工房 魚一」さん。
この夏は開店して数時間でスープが売り切れてお昼前に閉店も何度かあった人気店
だれにもマネが出来ないのは、看板メニューの魚醤ラーメンの魚醤をこのお店で
作っているからです。
昨年からエビ醤も始めて大好評、ただエビをすりつぶしたものとは違います。
トッピングのこだわりもスゴくて、肩ロースのチャーシューやメンマまで手作りなんです。
f0113639_18431829.jpg

釧路ラーメンの歴史をたどれば「ラーメン銀水」さん。
カツオだしと鶏がらだしに細ちぢれ麺の元祖。
現在のようにいろいろな情報がない時代多くの釧路人は銀水のラーメンこそが
本物の「ラーメン」だと信じていました。
今では全国各地にご当地ラーメンがあっていろいろな味が楽しめ
ネットですぐ手にはいりますね。
でも、慣れ親しんだ釧路ラーメンはソウルフードなのです。
銀水さんのぷるんとした醤油ワンタン 美味いです。(本田 翼さんも大好き?)
f0113639_16575574.jpg

昔ながらの「ほっ」とする味は「いわまつ食堂」さん。
なにも気張らず、なにを主張するわけでもなく、でも美味しい・・・「ほっ」とする味
澄んだスープの塩ラーメンは優しいけどしっかりとした美味しさ。
しょう油が基本の釧路ラーメンですけど、釧路以外の人は塩ラーメンファンが多い
ような気がするのは私だけでしょうか。
f0113639_16581158.jpg

シンプル・イズ・ベストな「まるひら」さん。
メニューはしょう油と塩のみ。
この不純物のない澄んだスープをごらんください!
あっさりだけどあとを引く美味さがどこかにかくれているんですよ。
あっさり釧路ラーメンの毎日食べても飽きないワケがここにあります。
f0113639_16582660.jpg

そんなこと言ってますが・・・・
時にはこんな「THE北海道」的な味噌バターコーンラーメン
昭和60年ころ、札幌ラーメンが釧路に進出してきて食べたときは衝撃的でした
これはこれで美味いんだわ

だって・・・・・北海道人だもの。
                               <moyan>

たかがラーメン、されどラーメン
味の好みもそれぞれですね。
     「ここ」にもおいしい情報がいっぱい
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-05 19:21 | おいしいもの情報 | Comments(0)  

痛ててて。 11月3日

f0113639_15434148.jpg

小春日和の文化の日、観光シーズンもおさまってお休みとなればビジネスのお客様も
少なく、普段の忙しさはどこへやらまったりとしたレンタカー屋さんです。
とは言えお客さんを乗せたレンタカーは今日もあちこち走っています。
でも、気をつけたいのが事故。
最近は日が暮れるのも早くなりました。
そしてこの時期はエゾシカの姿もよく見かけます。
f0113639_1544938.jpg

道東には約30万頭のエゾシカがいるそうで・・・・・このあたりの人口と大差ないぞ!
いるところにはうじゃうじゃいるってことです。
そのエゾシカも昼間はおとなしく草を食べているのですが、薄暗くなるころに移動を
始めるようで、みんなで渡れば恐くないのか道路をよこぎる群れがあります。
f0113639_15501786.jpg

釧路市から阿寒湖温泉へ通じる国道240号。
釧路空港のお店に行くには必ず通る道ですが、この1ヶ月あまりのあいだに少なくとも
5頭のエゾシカがクルマと衝突して天国に召されています・・・・・合掌。
端のほうできれいに横たわっているぶんには あ~可哀想に・・ぐらいで済むのですが
場所が悪くて真ん中あたりで横になっていると・・・・・ハロウィンの仮装を超える惨劇。
でも、運悪くぶつかったクルマもけっこうなダメージでしょう。
f0113639_15442730.jpg

シカの通り道になっているようなところはこんなペイントがいたるところにありますし、
なんでこんなところでブレーキ跡が・・・それはシカが飛び出して急ブレーキですよ。
そういう場所に出くわしたら、まずはスピードダウンそして道路左右を注意して見ましょう
前もよく見なきゃならないし、もう大変なんですから。
f0113639_1547943.jpg

そういうことを言っている間に運ばれてきたレンタカー。
まともにぶつかったようです。
最近のクルマはフロント部分は柔らかく出来てぐしゃぐしゃになって衝撃を吸収して
ダメージが少なくなるようにになっています。
そのため修理代が高いのです・・・・・財布のダメージは大なのです。
f0113639_1620387.jpg

ここに頭の部分がめりこんだのでしょうか、ラジエターも一部破損しています。
ナンバープレートのすきまにはシカちゃんの毛がなまなましく残っています。
f0113639_1547295.jpg

衝撃が大きかったのかエアバックまで開いてしまいました。
こうなるとこれだけで修理代は40万円を超えてトータルで70万円以上行きそうです。
保険(この場合は車両保険を使います)を使うと免責額だけで済みますが、翌年の
保険料がバーンと上がります。割引はちょっとづつだけど上がるときはバーンと
上がるので長い目でみるとけっこうな保険料を払うハメになるので自家用車も
本当に気をつけたほうが身のためですよ。
(レンタカー事故はレンタカー屋さんの保険料も上がるのです・・・・あ~。)
f0113639_161715100.jpg

道路に出てくるシカなどめったに写真を撮ることがないけど、数年まえに撮った写真。
まわりをシカよけネットで覆われているのになぜか出てきたシカちゃん。
エサの草をさがしているように見えたが・・・・・・・・・
f0113639_16173329.jpg

いきなり

こけました!


自分でこけるのはいいけど
クルマを巻き添えにしないでね。
                                <moyan>

ただいま大激戦中!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-11-03 17:54 | えとせとら | Comments(2)