<   2013年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

そばの街 手打ち蕎麦 宮島  2月28日

f0113639_14183069.jpg

今朝方降った雪もポカポカの陽気でベチャベチャにとけている釧路です。
とけるのはいいけどまた夕方になると凍ってブラックアイスバーンになりやすいので
気をつけないとね。

さて今日はひさしぶりのおいしいもの情報です。
「おいしいもの」と言ってもいちおう「釧路からのご当地情報」では釧路(道東)という
「しばり」があるんですよ。
そういうわけで蕎麦好きの声にお応えして「蕎麦」です。
「そばの街 くしろ」ののぼりもあちこちにあがり釧路はそば屋さんの多い街なのです。
それだけ釧路人が蕎麦好きということでもあります。
f0113639_14192186.jpg

今回は「手打ち蕎麦 宮島」さんです。
住宅街のなかでおいしい手打ち蕎麦が人気のお店です。
コシの強さとのど越しのよさが売りの更科そばと風味豊かな田舎そばにかしわぬきが
セットの2色セットは1000円でいろいろ味わえて大満足です。
最初は更科そばが出てきて時間差で田舎そばがでてきますが、撮影の関係でむりやり
いっしょに並べてみました。どうですこの色の違い!
更科そば(釧路の東家さん系はほとんどこれです。)はけっこうな細めんですがコシの
強さで歯ごたえもあり、そば汁のだしの強さもあいまってとってもおいしい蕎麦です。
田舎そばはこれまた違った味わいで蕎麦の風味を感じます。
大根おろしをそば汁に投入していただくとおいしいですよ!
f0113639_1420739.jpg

そして釧路以外の人にはあまりなじみのない「かしわぬき」。
かしわそばから蕎麦をぬいたもの・・・・いわゆるスープなんですけどね
親鳥からにじみ出るコクのある旨みとかつおだしの効いたそば汁プラス長ネギが
絶妙のバランスです。
釧路のソウルフードならぬソウルスープ?
これに蕎麦をくぐらせて食べてもかまいませんが私のなかでは邪道です。
・・・・・ひょっとしたらうまいかも?
全部たべて最後は蕎麦湯でしめくくり。宮島さんも蕎麦湯専用です。
蕎麦湯のおいしいお店はほんとうにおいしい蕎麦だしますよ。
f0113639_14203862.jpg

これもおいしかった「天南」。えび天がでかい!
まずはかけそばだけを味わって、次はてんぷらをかじって、つゆにひたして食べて
そのあとそばどんぶりに投入して蕎麦を食べてといろいろ楽しみます。
f0113639_14212446.jpg

レンタカーのお客さんもけっこう行っているようです。
わりとグルメ系の旅行誌やインターネットにも紹介されているようです。
今はナビゲーションがあるので住宅街のなかでもピンポイントで行けるんです。
でも、店のうらの小路を案内することもあるみたいなのです。
確かにそこには行くのですが・・・これが実力です。
ショッピングセンタに隣接していて向かい側には百台以上も停めれる駐車場が
あるんですけどね。

手打ち蕎麦 宮島

住所 釧路市美原4-1
電話 0154-37-0354
営業時間11:00~20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 いっぱいあります。
                                   <moyan>

気のせいか毎度こられるレンタカーのお客さんも
蕎麦好きが多いのでついついお店のなかでそば談義がはじまります。
「釧路の蕎麦って別格のうまさだよね!」
ついついうれしくなってしまいます。
ここにもおいしいものがいっぱい。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-28 18:09 | おいしいもの情報 | Comments(2)  

SL運行もあと6日  2月25日

f0113639_16193831.jpg

今日も気温がそんなに高いわけでもないけど、昨日の寒さになれたのかポカポカに
感じる1日でした。やっぱり太陽の陽射しはありがたいものです。

釧路の冬観光もそろそろ終盤戦にさしかかってきました。
「SL冬の湿原号」も今年は老体むち打ってC11-171の1両でがんばりましたが
3月も1日・2日・3日と8日・9日・10日(最終日)で今年の運行が終了します。
4日から7日まではディーゼル機関車での運行です。

先日23日はお休みをいただいていたので撮り鉄をやってきました。なんせ週末だけの
SL運行なので休みと合致したときは貴重なんです。
山登りをしてまでの元気はないので今回は近くの踏切での撮影です。
この日は逆向き運行だったので順序は逆になりますけど、やっぱり正面を向いたところの
ほうが画になるのでこちらから。
場所は川北踏切。15時03分東釧路駅発釧路川橋梁を渡った直後です。
きっと鉄橋のあたりは鉄ちゃんでいっぱいだったでしょう。
もうこのあたりは終点間もないので煙もショボショボ。
ただ惰性で走っています。
f0113639_16202470.jpg

こちらは午前中の材木町踏切です。
踏切付近には2名の先客がいて一応ご挨拶です。
周辺を見回し今日はなんとなく下からのアングルで狙います。
たぶん邪魔にはならないだろうな?と思いましたが一応自分が入ってしまわないか
確認して雪にズボズボ埋まりながら
「ここ 大丈夫ですか~?」と陣取りました。
この日は逆向きだとは知らずに行ったもので、何か変だぞ!とは思いましたが
なんと逆向きバック走行でした。
f0113639_16211652.jpg

だんだん近づいてきましたね。
伸ばしていたズームレンズを戻すタイミングです・・・・・がっ!
f0113639_16214047.jpg

やってしまいました!
最近レンズを変えたので今までとは逆に回さないとだめだったのです。
こんなにでっかくなってしまって・・・・。

よく見ると運転士さん後ろ向き?

このままず~っと標茶までこのかっこうなんでしょうか?
汽車酔いしないのかな?トラベルミン飲んでる?明日は筋肉痛? と
余計な心配をしてしまうのでした。
                            <moyan>

冬は写真ネタが豊富なので今のうちは連チャンできます。
積極果敢な広報活動と言うか・・・・けっしてヒマ?ではないのですよ!
この時期はツル・SL・夕焼けの3本柱のローテーションが確立しています。
しかし、3月中旬すぎからが問題なんですけどローテーションの谷間を埋める
釧路にはグルメがあるんですね! グルメにスランプなしです。
そろそろグルメネタ集めに行きます。
それではいつもの「ここ」です。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-25 18:51 | えとせとら | Comments(0)  

世界3大夕日の街 2月24日

f0113639_1442886.jpg

今日は気温がプラスにならない真冬日の釧路です。
おまけに風があっていつもとは質の違う寒さの1日でした。
でも太陽の沈む場所もだんだん西よりになり日も長くなってきたんですよ。

あと1ヶ月もすると幣舞橋をからめた夕焼け写真のシーズンです。
昨日は幣舞橋をからめるにはちょっと早いのでフィッシャーマンズワーフと幣舞橋の上
から夕焼け見物をしてきました。
1枚目はフィッシャーマンズワーフの外階段を登って最上階から対岸をながめて
みました。蓮の葉氷が引き潮で左から右へどんどん海のほうへ流されています。
f0113639_1452174.jpg

水面が波をうち、空を反射して変な模様です。
f0113639_145586.jpg

橋の上は大繁盛! 団体バスのお客さんがちょうど着いたのでしょうか?
バスガイドさんに「釧路の夕日は世界3大夕日なんですよ!」なんて聞いてこられたの
ですね。
夕方のこの時間はちょっと風が出て寒いのですけど皆さんへっちゃらで写真を撮って
いました。
f0113639_14101937.jpg

フィッシャーマンズワーフ対岸に停泊する船のあたりです。ここは遊漁船が多く停泊
して今はマダラが釣れているようです。
大きいのは1メートル近くでマダラは引きが強いので釣人に人気があります。
f0113639_1464017.jpg

幣舞橋といえば全国でもめずらしい橋のランカンに銅像がある橋です。
「春」「夏」「秋」「冬」と全部で4体の彫像があります。
この像は彫刻家 佐藤忠良氏による「夏の像」です。港文館にある啄木像も同氏に
よる作品なんですよ。
この手の問題は「くしろ検定」でよく出題されますけど、今年はどうだったんでしょうか?
f0113639_1474381.jpg

最後は低い雲に太陽が隠れてしまいましたが、雲の端が光ってきれいです。
このあと、しばしのグラデーションタイムがありますが、ずっと外で見ていると風邪を
ひいてしまいそうなのでヒーターの利いた車の中とかから見ると・・・・・。
若いふたりは見事なグラデーションにうっとり!演出効果満点なのです。

そんな「クルマ」。
いつもピカピカのトヨタレンタカーがお手伝いしています。
                                        <moyan>

2月もあっという間に終わりそうです。
なかなか暖かくならないのでずっと冬のかんじなのですけどね。
なになに・・・・この冬最強の寒気来襲ですか!
  ここを「えいっ!」とついでに寒気団をふきとばしましょう!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-24 17:59 | 旬のみどころ | Comments(4)  

国際定期便エアバスA330 2月22日

f0113639_183849100.jpg

さすが2月も後半にもなると陽射しもたしかに春めいてきました。
でも風が吹くとまだまだしびれるような寒さの釧路です。

今日は金曜日、釧路空港には金曜日に台湾から定期便がやってきます。
普段はエアバス社のA321(182席)という日本でもおなじみの機種ですが、
冬季間のみちょっと大型のエアバスA330(300席)という機種で運行されています。
この機種は日本の航空会社は導入していないので今のうちに記念撮影させてもらいました。

300席の大型機を飛ばすワケは冬の北海道は台湾の人に人気なんですね。
住んでいるともう雪なんか見たくない!早く暖かくならないかなぁ~と思うんですけど
台湾の人は雪を見て大はしゃぎ、そしてタンチョウを間近で見て大興奮です。
中華圏の人はほんとうにタンチョウ大好きなんです!
北海道グルメも魅力タップリのようでラーメンが人気だとか?(中華料理ではないのか?)

まだまだ台湾における北海道ブームは続きそうでありがたいものです。
釧路空港からは大型バスでの移動が主でレンタカーの利用はなく直接の係わり合い
は今のところないのですが、そのうちレンタカー利用もあるかもです。
でも、雪などはじめて見る方々ですので、まずは実際に歩いてみたりして
すべりぐあいを確認して安全に運転してもらいましょう。

きょうは時間がなくなったのでこれでおしまい!
                                <moyan>

写真も1枚(節約?)
このブログも昔は写真1枚だったんだけど
気がつけばいつの間にやらいっぱい貼り付けてました。
明日はお休みなので、たぶんまた何か撮ってきますよ!
   それではいつもの「ここ」ねっ!
     ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-22 19:44 | えとせとら | Comments(0)  

静かなサンクチュアリ  2月19日

f0113639_17115637.jpg

タンチョウシーズンも最盛期で管内の給餌場はどこも超満員です。
でも、時間帯によってはカメラマンもあっちこっちに移動していてポッカリ穴があいた
ようなここは鶴居・伊藤サンクチュアリの午後2時です。
午後2時といえば前回の記事の阿寒国際ツルセンターのお魚タイムなんです。
カメラマンのみなさんもそちらに行ってるんでしょうか、至近距離で狙う日本チームと
わりと遠目から狙う外国人チームがいるだけでした。
f0113639_17131574.jpg

以前から思ってますが、鶴居の鶴はおとなしいのです、なにか品格があるというか・・。
そのせいか写真も絵画的に撮るとなんとなくそれらしくなります・・・なってますか?
絵心のない私ですのでこれがせいいっぱいです・・・(悲)
サンクチュアリではツルその物より風景なんかを意識するといいみたいなんです。
f0113639_17143364.jpg

しかし、寒いなかをじ~っといいシーンを待っているのもつまらないのでカメラマンは
ツルの動きを探します。
てっとり早いのは飛んでくるところ。
カメラマン席ではまわりの空を見回して「3時の方向に3羽!」と誰かが言うと
バズーカ砲のようなレンズは一斉にそちらに向いてカシャカシャカシャカシャと連写の嵐。
対空砲火のようでもあります。
でもそれ以外はとっても静か、大声をだすと叱られそうなんです。
f0113639_1715563.jpg

サンクチュアリは起伏があり、それがいい感じにしてくれます。
ところどころの木も入れるといいと思ったりしました。
作品名 「kiss 」 そんなふうに見えますか?でもあのツルハシみたいなクチバシで
キスなんてできるわけがありません!
f0113639_17152731.jpg

こちらは「鳴きあい」こんなのはあちこちでしています。
f0113639_1716645.jpg

ツルちゃんたちも春を感じているんですね。
この時期のカメラマンさんたちは行動を察知してファインダーをのぞき込み、すでに
シャッターに指がかかっている瞬間です。
でも、これで終わりシャッターを切ることはありませんでした。

タンチョウの求愛シーズンは3月初旬くらいまでです。
その後は成鳥は産卵のため湿原にもどり給餌場にはまだ子供のタンチョウだらけに
なります。
                                 <moyan>
外は雪がしんしんと降っています。
明日はもれなく「雪かき」が待っています。
釧路のみなさんはブログなんて見てないで
早く寝たほうがいいですよ!
 でも、その前に「ここ」!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-19 19:20 | 旬のみどころ | Comments(0)  

阿寒国際ツル・ワシ・シカ・その他いろいろセンター 2月17日

f0113639_1321625.jpg

ここは阿寒国際ツルセンター。
先日阿寒町へ雪道試乗体験会の取材の際に行ってきました。
3連休明けでギャラリーも少なくなったと思いきや、平日にもかかわらずすごい人です。
タンチョウ見物は2月が最盛期で海外からも大勢のお客さんが来ています。
今年はカメラを持たない一般?のお客さんも多いような気がする・・・・。
きっと今日(17日)も混んでますよ!きっと。

給餌場を取り囲むようにバズーカ砲や大砲みたいなレンズがいつもズラーっと並んで
ますね、タンチョウはその姿の美しさからカメラマンの恰好の標的です。
この時期に行けば多い少ないとか、天気がいい悪いはあるけど必ずタンチョウが居て
旅費をかけても期待を裏切らないのがいいですね。

ツルセンターの名物?は午後2時からの「お魚タイム」。
みなさんその時間に合わせてやってきます。
トウモロコシは朝のうちに撒きますが午後は生きた魚を与えているんです。
f0113639_13243658.jpg

不思議なのはその時間にあわせてどこからともなくオジロワシやオオワシがやってきて
タンチョウとの奪い合いバトルが始まり、これがまたギャラリーの人気です。
キタキツネがチョロチョロしたりハクチョウがフガ~フガ~とフラフラ飛んできたりで
ここはまさにワンダーランド!?
写真はオジロワシの幼鳥ですけど、なかなかいいファイトでギャラリーを喜ばせるのです。
f0113639_13252772.jpg

そんな興奮さめやらぬ中、登場したのは立派な角をもったオス鹿。
ちょっとオヨビじゃないですよ!と言いたいところですがこのギャラリー注目の中を
オス鹿の堂々とした入場に一瞬空気が変わります。
f0113639_13262175.jpg

偵察をかねた先頭の鹿の安全が確認されると続々と入場です。
オス鹿はメスにくらべて立派な角を持ち、体も黒く大きいので存在感がちがいます。
f0113639_13271858.jpg

給餌場のまんなかまで来るとタンチョウとオス鹿どっちが主役なのかわからなくなる
決めのポーズ! ありゃりゃ!タンチョウが背景です。
f0113639_13281117.jpg

オス鹿たちの安全が確認されると後を追ってメス鹿たちの入場!
今年のツルセンターは鹿が多いですね~。
f0113639_13284267.jpg

「ちょっと! ちょっと! 変なのが来たよ!」・・・と 言っているようなツル。
f0113639_13301416.jpg

エサを食べ終わるとケンカまで始まるし・・・・・・・。
f0113639_13311874.jpg

鹿の群れを撮ると必ず1頭はこちらを向いている確立が高いんです。
f0113639_1332260.jpg

そしてようやくオヨビでない!ことに気づいた鹿は
「こりゃまた 失礼しました!」とキュートなおしりをむけて退場していくのでありました。
                                       <moyan>

「自然と共生する街」カッコよく言うとこうなりますが
ようするに田舎なんです。
でも田舎ぐらしもいいもんですよ!
  ここにも田舎がいっぱいです。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-17 17:49 | 旬のみどころ | Comments(0)  

DL冬の湿原号 2月15日

f0113639_14172483.jpg

2月も中旬にもなると陽射しが柔らかくなり、ちょっとだけ春の予感がしています。
1月から運行を始めた「SL冬の湿原号」も残すところあと1ヶ月となりました。
今年は2両あるSL機関車のうち1両が入院しているので1両のみ金・土・日曜日に運行
して残りの日はディーゼル機関車(DL)で運行です。
SLはあのモクモクとした煙やシュッシュポッポの音そしてレトロなお姿で冬の釧路観光の
目玉となっています。
平日はSLを見ることができなくて本当に残念です。
でも「DL冬の湿原号」というのも今年かぎりかもしれないので記念撮影をしてきました。
f0113639_14182486.jpg

ディーゼル機関車が客車を引っぱって走るすがたも今では珍しいのですが、
釧路は夏に「湿原ノロッコ号」がこのスタイルなので目新しさはありませんね。
マニアをくすぐるのはこのオレンジの旧国鉄カラーでしょうか?
あんまりマニアではない私はよくわかりません。

2枚目の写真は天気があまりよくなかったので暗~い写真になってしまいましたが、
晴れている日は遠くに阿寒の山がクッキリ写るんです。
でも倉庫らしきものがちょっとツヤ消しです。
SLは煙で隠してくれるといいんですが・・・・。
f0113639_1423571.jpg

ディーゼル機関車はどっちが前で後ろなのかわからないので帰り道も撮っちゃいました。
客車はSLだろうがDLだろうが変わらないのでたぶんレトロ気分を味わえると思いますが
駅に着いてまだ鼓動しているSLを間近で見るとなんとも言えないものがあります。
「はぁーはぁーぜーぜー」言っているようでならないのです。
ディーゼル機関車も「ガラガラ」って言ってますけどね。
                                     <moyan>

今朝の霧氷はきれいでした!
どこかで写真を撮ろうとしていい場所を探しているうちに職場に
着いてしまって結局撮らずじまい。
チャンスはなかなかめぐってこないのに、
とりあえず何でも撮っちゃえということです。
そんなきれいな風景もあるかな?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-15 15:49 | えとせとら | Comments(0)  

雪道試乗体験してきました。 2月14日

f0113639_1419096.jpg

きょうはちょっとまじめな話です。
昨年11月に台湾からの観光客が釧路管内でアイスバーンでスリップして正面衝突事故
がありました。かねてから雪道の怖さをしらない国外はもとより国内のドライバーさんの
冬型事故は懸念されていたことでした。
今年はそのような事もふまえて外国人および観光客を対象に2月10日より3月9日まで
阿寒町の赤いベレーにおいて1周200メートルの特設コースを作り雪道試乗体験会を行い
ます。
そこを実際に凍結路運転を体験して凍結路の怖さを知ってもらい安全運転されるように
するものです。

外国人や観光客が自ら北海道で運転ということになると、どうしてもレンタカーという
ことになってレンタカーのお店はこのようなチラシを受付でお配りして体験試乗を促す
・・というのが私たちの役目です。
f0113639_14202893.jpg

そうは言っても実際にどんなふうにするのか? これは自分で体験しかありません。
とんでもなく滑る道路はいままでに何度も運転して充分承知していますけど
今回は初めての人ならどう思うかなあ・・・などと考えながらの試乗です。
試乗車はなつかしのスターレット(vitzの前身です。)今みるとかなり小さいです。
それでも4WDで雪国仕様でした。
f0113639_14212476.jpg

1周約200メートルのコースの最初はスラロームです。
初めてだったのでちょっと遠慮してアクセルを踏みましたがすべりの体験なら遠慮しな
いほうがいいかもです。
f0113639_1429749.jpg

スラロームも最後のほうはスピードも出てハンドル操作がいそがしい!
路面状況がまだ出来て間もないようでタイヤが雪を噛む状態なため滑る感覚はいま
ひとつ、何度か走行して踏み固めピカピカの路面なら赤いパイロンはみんな倒して
ストライクなのです。
f0113639_14294417.jpg

スラロームを抜けるとやや広いコースでアップダウンやわだちが待ち構えています。
ここも路面はやや柔らかくまだタイヤが雪を噛んでいるのでやんちゃに走れます。
深いわだちがカチカチなら思いもかけない勝手に180度ターン!もありそうな設定
ですけどまだまだ大丈夫の範囲です。
でも、アスファルトの道路しか走ったことのない人には十分かな?
f0113639_14302622.jpg

そして最後のカーブ、ここは水撒きをして凍結路の設定です。
カーブ手前で加速できるのでビビらずにアクセル踏んで突入すると、
車は外側へ滑ってより実践的なすべりが体験できます。

もう少し滑ってもいいかな?と思いましたが、そのうちもっと滑るでしょう。
それより体験されたドライバーさんの安全運転の啓蒙という面ではより効果があると
思われます。


ここ数日の釧路の道路状況は比較的いいようですが、天候の変化で悪くなったときの
運転操作を実践的にちょっと。
今回のコースのようなタイヤが雪を噛むようなときはハンドルもブレーキもある程度は
利きます。
しかし、それがカチカチの圧雪アイスバーンになるとデリケートな運転操作が必要で
「急」のつく動作は厳禁となります。
ハンドル操作は徐々に、アクセルはやんわり、ブレーキはペダルに足をのせる程度で
最も重要なことは路面状況をしっかり把握することです。
走行中ですべり具合がわからないときは前後の安全を確認して軽くブレーキをふんで
みてABSがすぐ作動するようなら要注意です。
不用意にブレーキを踏むと直線にもかかわらずスピンするほど道路の摩擦係数が
低くなっている場合もあるので、スピードコントロールは微妙にアクセルを踏んだり
戻したり最後の最後止まる時にブレーキをそっと踏むのが理想です。

スピンの話を何回かしましたが、北海道のドライバーは何度か経験していると思います。
自分の意思とは関係なくいきなり180度ターンして反対向きになった人もいるし(私?)
そのまま路外転落や道路わきの雪山に乗り上げちゃった人もいるんじゃないですか?
たまたま対向車がなかったので笑い話で終わるかもしれませんが、そこに対向車が
来たら・・・・・・・・・・・・・! 笑い事ではすまないので本当に気をつけて運転しましょう。
                                     <moyan>

今日は私立高校の入試ですか?
すべる話は厳禁だったですか?
明日はすべらないネタさがしてみますね。
       「じゃ!」
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-14 19:17 | 道路情報 | Comments(2)  

OTOWABASHI 2月11日

f0113639_13373858.jpg

2月の3連休も今日でおしまいです。
釧路空港では普段は150人くらいのジェットですがこの時期にあわせて290人の
大型機が飛んできたりしています。
お客さんも国内や海外から来られていて、そのほとんどはタンチョウであったりSLの
写真を撮りに来られているアマチュアカメラマンのみなさんなんです。
今日はタンチョウを写しに来られている皆さんのお話です。
(今日の写真は昨年のものです・・・なかなか早起きできなくて)

釧路市内にいると気がつかないかもしれませんがタンチョウのいる阿寒や鶴居は
今たいへんな賑わいをみせています。
短い滞在期間で少しでも成果をあげるためには、できるだけタンチョウと接する時間を
長くします。そのため早朝、夜が明ける前から極寒の中で日の出を待ちます。
ここはタンチョウカメラマンで知らない人のいない?
かの有名なタンチョウのねぐら音羽橋です。
本来普通の橋だったのですが橋の上で写真を撮るカメラマンが増えて危険なことから
カメラマン用の橋(たぶん便宜上は歩道橋かと思われます)が新たにできたという
エピソード付きの橋なのです。
朝早くからバズーカ砲のようなレンズが並びますが、今は半数ちかくが海外からの
お客さんではないでしょうか。
アジア系が多いのでよく言葉を聞かないとわかりませんが大抵は必要以上の大声です。
外国人にも「OTOWABASHI」は知れ渡っていて、リピーターも多くナビにも掲載されて
いない場所ですがほとんどの人が知っていて場所の説明に苦労することはありません。
f0113639_13385649.jpg

ここでは圧倒されるような見事な樹氷とけあらしの中、朝焼けとともに幻想的にうかびあがる
タンチョウを絵画のように撮るのが理想的です。
ただし、寒すぎてけあらしがたちすぎると何も見えなくなって、ようやくツルの姿を入れると
まわりの風景がよく見えないごらんの写真のようになってしまうこともあります。
そんなときは近くにタンチョウがいてくれるといいのですが、なかなか言うことを聞いて
くれなくて「しょがないなァ~ じゃ~また来るかァ。」とリピート率を高める役割もしています。
f0113639_13402282.jpg

昨年行ったときは本来いてほしいところにはいなくて橋の上流側すごく近いところにいました。
あと50メートル下流にいてくれたら、みんな大喜びだったのですけどツルにしてみれば
そんなの関係ねーというやつです。
f0113639_13411623.jpg

陽もあがりねぐらから給餌場へ飛んでいくすがたを撮って音羽橋は終了です。
あとは給餌場でもうすぐ春の予感で求愛ダンスを興ずるツルちゃんたちを撮ります。
これはツルちゃんたちが勝手にやってくれるのでピントあわせてシャッターを押すだけです。
あっ! そうそう
ダンス中は他のツルがフレーム内に入らないようにお願いすることを忘れずに!
それでもよくワケのわからない幼鳥やまったくワケがわからないカラスが入ったりすると
せっかくのいいポーズが台無しになることもしばしばで幼鳥やカラスもお客さんが釧路にまた
来られるリピート率を高めることに貢献しているのです。
                                       <moyan>

3連休はお天気もまずまずでカメラマンのみなさんは
いい写真が撮れたでしょうか?
ここにもいろんないい写真があります。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-11 18:49 | 旬のみどころ | Comments(0)  

冬の釧路湿原  2月8日

f0113639_1603819.jpg

釧路もひさしぶりのまとまった降雪がありました。
15センチくらいですけどね、豪雪地帯からくらべるとかわいいものです。
道路わきに積まれた雪(氷)の山もよごれてきたので目隠しにはちょうど良いくらい
でした。
この時期はさっぽろ雪まつりやオホーツクの流氷観光そして釧路のタンチョウ
も全部からめての団体ツアーが多く観光客でにぎわう時期なので白い大地を実感
してもらえそうです。
釧路といえば湿原も団体ツアーコースの中に入りそうですけど冬はやはりタンチョウが
メインでしょうか。
夏は観光客でいっぱいの細岡展望台も今は個人の観光客がポツポツ程度です。
雪で覆われた湿原も味があっていいいんですけどね。
f0113639_1613559.jpg

天気の良い日は遠くに阿寒の山々や遠くは知床から連なる山も見えます。
耳をすませば小鳥のさえずりや蒸気機関車の汽笛が遠くから聞こえます。
そしてなにより広大な湿原の中を悠々と流れる釧路川、この風景が癒されます。
f0113639_1622965.jpg

細岡展望台の手前には達古武湖(たっこぶ湖)があります。
冬は凍結して一面の雪原となり風もなく天気の良い穏やかな日はワカサギ釣りの
お父さんたちものんびりと釣り糸をたれています。
湖畔に車を置いて、穴あけドリル・釣具一式・クーラーボックス・いす・テント・お弁当などを
そりに積みこみポイントまで引っぱっていきます。
冬の釧路湿原のこの広大な大地でわずか数センチのワカサギの微妙なアタリを楽しむ・・
これがいいんですよね。
                                  <moyan>
雪が降ってお化粧直しにはなりましたけど
道路はまた滑りやすい状況です。
みなさん気をつけて走行しましょう!
それにしても今朝の釧路市内の除雪はきれいだと思ったのは私だけでしょうか?
  それでは恒例の「ここ」です。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2013-02-08 18:16 | えとせとら | Comments(0)