<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

釧路湿原ノロッコ号乗車記 7月26日

f0113639_2057451.jpg

夏休みに入って本州からの観光客も多くなってきましたね。
このところの本州の猛暑から逃げ出した人もいるようですし、この時期に釧路出張ないかな?
というビジネスマンもいることでしょうね。
さて今日は先日のことですが初めて観光客に人気の「ノロッコ号」に乗ってきたレポートをします。
前々からお客さんに接していて気づいたことですけど、釧路湿原を見るには「ノロッコ号」に
乗らないと見ることができないと思っているお客さんが意外と多いんです。
お店では「そんな事ないですよ!」と説明しますが、「ノロッコ号」にはそれなりの楽しみ方があるし
・・・・あるし? 乗ったことあるの?   というわけで乗ってみました。
釧路駅からは今の時期は2往復しております。午前中の10時50分発に乗り、釧路湿原駅まで
乗車時間はわずか25分です。
「しゅっぱ~つ!」  SL湿原号のような派手な汽笛もなくゴン グィ~んとうごきだしました。
どんどん加速して当社釧路店の前を通り過ぎすぐに鉄橋です。鉄橋でもどんどん加速して
あっという間に東釧路駅。  ・・・・速くない? ノロッコ? 快速?
この日は東京からのお客様と同乗で「あれっ? 以外と速いんですね。」・・・と 予想外。
結局ゆっくり走ったのは岩保木の水門周辺だでちょっと残念。
釧路湿原駅までは釧路川からも遠くてその後糖路駅までは川のそばを走るのでゆっくり
なんでしょうね。
f0113639_205965.jpg

釧路湿原駅で下車して細岡展望台まではごらんのような急な階段をかけのぼります。
澄み切った空気と森林浴を十分満喫できるコースですが、足腰に自信のないかたは
ちょっとキツイ勾配です。
もしお年寄りがいらっしゃる時は細岡ビジターラウンジまで車で行くことをお勧めします。
また、ビジターラウンジからは釧路湿原はほんの一部しかごらんになれないので高齢者が
同伴のときはビジターラウンジを通り過ぎて更に上のトイレ付近に車を駐車して展望台まで
いかれたほうがいいですよ。
いちばんてっぺんは駐車スペースがそうないので、また歩行者も多いため健脚のかたは
ビジターラウンジ手前の駐車場を利用しましょう。北海道にきて食べてばっかりでおなかの
出具合を気にする方も歩いてみませんか?

細岡展望台で約1時間をすごし、帰りはあっという間に釧路駅に到着です。
今回は釧路湿原駅までのほんのわずかな時間でしたが、湿原本来のみどころは釧路川の
蛇行が間近で見られる糖路駅まで行ったほうがいいですね。
草木がじゃまで野生動物も今の時期はちょっと見つけづらいし。
ただ、車窓から吹き抜ける涼しい風は35度の世界から来られている都会人には大好評です。
                                       <moyan>
。。。。。お知らせです。。。。。。。

皆様からのコメントを受付しておりましたが、さすがに最近は観光シーズンで
忙しくなってきまして8月から9月まではまことに勝手ですがお休みさせて
いただきます。
更新も例年とおりペースが落ちますが、なんとかがんばりますので引き続き
ごらんいただきますようお願いします。

by trlkushiro | 2010-07-26 21:04 | えとせとら | Comments(1)  

人気者のシマリス君 7月21日

f0113639_1835516.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
きょうは日本各地で猛暑日を記録したようですね。昨日の釧路も夏日になりましたが
今日はくもりで20度くらいでひんやりしてます。
さて、きょうは所用があり、観光客に大人気のノロッコ号に乗って細岡展望台まで行って
きました。ノロッコ号に乗られる人はた~くさん見ているのになんと!初めて乗りました!!
雨は降らなかったものの どよ~んとしてなんとも釧路らしい?お天気。
きょうは東京方面から来られた約30名ほどの方といっしょに観光客気分で参加です。
展望台に着きいつもながらの雄大な湿原風景はいつ来ても癒されますが、
やっぱりスカっとした天気のほうがいいですね。
景色をみたあとはビジターラウンジでみんないっしょにソフトクリームをペロペロ。
(こちらのソフトクリームもなかなか美味ですぞ!)
ソフトクリームを片手に持ちなにげなく建物の横を見ると なんとシマリス君ではないですか!
f0113639_1837353.jpg

シマリス君は人慣れしているのかあまり警戒心もなくこんな近くまで寄ってきて観光客の
カメラに収まっていて、あちらこちらから「かわいい~」と歓声があがっていました。
北海道にはこのうるうるした大きな瞳とシマシマがあるシマリスと大きなしっぽがじまんの
エゾリスがいます。
かわいいのはやっぱりシマリスですかねぇ。
ノロッコ号からはエゾシカのすがたも見えず、お天気がイマイチだったのでちょっと期待
に応えられなかったツアーもこのサプライズで盛り上がっておりました。
シマリス君 ありがとう!
                                <moyan>

by trlkushiro | 2010-07-21 18:40 | えとせとら | Comments(0)  

春採湖の夏  7月17日

f0113639_1848082.jpg

本州以南では毎日のように雨の災害のニュースが伝えられていますが
被災にあわれた皆様にお見舞いもうしあげます。
いっぽう北海道では例年になく気温が高めです、内陸部では30度があたりまえの
ようになっているようです。ただ、釧路は20度くらいでちょうど良い気温です。
週間天気予報もくもりがちの天気が毎日ですが、なぜかいいほうにはずれて朝晩は
霧に覆われますが日中はごらんのようなすがすがしいお天気となっています。

きょうから3連休ということもあって釧路空港も大勢の観光客でにぎわっていました。
ちょうど午前中の便がついたころは写真のような天気になってましてお客さんは
大満足のようです。

              今日は忙しくてニヤリポイントを入れそこなった<moyan>でした。

by trlkushiro | 2010-07-17 19:23 | 気候情報 | Comments(0)  

たんちょうファミリー 7月11日

f0113639_2212978.jpg

これは今朝(11日)の写真です。
釧路空港の近くになわばりを持ってるつがいがいるのは前から知っていましたが、
ここ最近はなかなか姿をみせてくれませんでした。
ところが今朝、なんと子供連れで登場です。子供ももうすっかり大きくなって親の
あとを追いかけていました。まだまだ飛ぶことはできないのでどこかから歩いて来たん
でしょうね。このあたりはキツネも多く生息しているので油断しないで順調に育ってほしい
ものです。
いっぽう近くにある丹頂自然公園では今までで最も遅くタンチョウの赤ちゃんが誕生しました。
まわりの草が生い茂ってちょっと見えづらい時もあるかもとのことですが、生まれてから
1週間以内はとってもラブリーです。その後はどんどん大きくなってローストチキンのように
なるので早めに写真に収めたいものです。
                                    <moyan>

by trlkushiro | 2010-07-11 22:13 | えとせとら | Comments(0)  

あれって何ですか? 7月9日

f0113639_17135639.jpg

ぼちぼち忙しくなってきまして、1週間ぶりの更新になってしまいました。
観光のお客さんもだんだん増えてきましたね、ありがとうございます。
ここ1週間はお天気もなにかどんよりしてました。せっかく来られたお客さんも
「思ったより蒸し暑いね。」とか「高いところからの景色は霧でぜんぜんダメだった。」
なんて声が聞こえておりました。
それでも昨年のような雨、雨、大雨、豪雨のようなこともなく広大な北海道のドライブを
楽しまれていたようです。
お客さんから「道路わきにある矢印ってなんなの?」とよく質問されるんですが本州とかには
ないんでしょうか?
「あれは道路の端をしめしてるんです。」
「吹雪とかになると雪が積もってどこからどこまでが道路かわからなくなるのでんですよ。」
というと「え~そうなんだ。」となっとくしてくれます。
f0113639_17144350.jpg

釧路市内を走ったお客さんからは
「いや~びっくりした!普通に運転してたら左側から追い越された。」
[どのへんですか?と聞いたら市役所の近くということで行ってみたら写真のようなところです。
このへんは釧路人の常識では2車線ですが車線がないので1車線道路のようですね
釧路の常識、日本の非常識といったところですかね。
ちなみに縦型の信号も珍しいようです。
f0113639_1716367.jpg

いっぽうこちらはきっかりと走行車線と路側帯に分かれて車線がひかれていますねえ。
ところが路側帯がひろいのでここを車が走ります。釧路市内にはこのようなところが何箇所
もあって釧路のドライバーは当然のように路側帯をふくめて2車線で走ってますが
はじめての人はとまどいます。
道外のお客さんも、
「自分の住んでいるところもローカルルールがあるから郷に入れば郷にしたがえってやつさ。」
と笑ってくれますがくれぐれも事故には気をつけてほしいものです。
                                   <moyan>

by trlkushiro | 2010-07-09 17:18 | Comments(0)  

飛行機の話題 7月2日

f0113639_1995137.jpg

最近はめっきりいそがしくなって更新ペースもぐっと少なくなりましたが
7月も「ご当地情報」よろしくお願いします。
昨日から航空ダイヤが変わっています。ANAさん系が大幅にかわっていますが
全国版でいうと羽田からの741便が釧路到着が約1時間遅れて11時30分に到着します、
それに伴い釧路出発も12時15分になっています。
これは人によって良かったり悪かったりでしょうけどポジティブに生かしましょう。
f0113639_19101460.jpg

こちらの飛行機は先月まで札幌丘珠空港から飛んできてた飛行機です。
ハマナスの模様が斬新でしたね、ハマナスは北海道の花に認定されているんですよ。
じつはこの便は6月いっぱいで廃止になりました。
もう見る機会がなくなってちょっと残念です。
札幌からのビジネスマンには札幌市内から出発ということもあって人気もありました。
それで今度はANA丘珠便の代わりに新千歳からANA便が飛んでくることになりました。
これはこれで良かったんでないかいと思います。それというのも朝と夜の便はジェット機
が飛んできて釧路空港ご自慢のカテゴリーⅢ-Cというハイテク装置が使えて濃霧の
なかでもほぼ100%着陸できますから時間に追われているビジネスマンには心強いと
思います。(さっそく昨日は威力を発揮しました!)
空港店スタッフも霧の欠航が無くなるので予約車を出したり引っ込めたりしなくていいので
大助かりです。
ちなみに道内便はHACも釧路からは新千歳、丘珠、函館を結んでいて使用している機材は
恐ろしく悪天候にも強い飛行機で「これは無理でしょう」と思っていても降りてくる優れた
飛行機です。
f0113639_19103196.jpg

おまけの写真は長らく丘珠釧路間に使用されていたYS-11です。
純国産の機体は老朽化で現在旅客は退役しています。昨年の12月だったかな?
海上保安部の飛行機が来たときに撮影しました。
「あっ!あの金属音はもしかして」と思ってカメラをかまえたときにはもう後ろ姿でしたね。
たぶんもう見納めだったとおもいます。
たしかゼロ戦を作った人たちが手がけた機体だったと記憶しています。
日本は敗戦により連合軍から飛行機の製造を禁じられ、多くの設計者やエンジニアは
航空機から自動車の製造に移動したと聞いています。
現在の日本車の礎を築いたのですね。
今日はウンチクをちりばめましたが何か役にたったでしょうかねぇ。
                                 <moyan>

by trlkushiro | 2010-07-02 20:17 | えとせとら | Comments(1)