<   2009年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

エブリバディー・レッツ・フィッシング 3月30日

f0113639_1383811.jpg

春になると どじょっこだの ふなっこだの 最近でいうとらっこも目覚めてきます。
お魚さんが目覚めると当然アングラーも待ってましたとばかりに活動開始です。湖はまだ凍って
いるので川でのアメマス釣りがシーズンの幕開けです。
50センチを越えるトラウトが釣れる茶路川や音別川の河口付近は先々週までは大勢の人で
賑わっていましたが、先週は大雨にくわえて雪どけ水が入り濁って厳しい状況のようです。
茶路川や音別川はフライフィッシングで大物が釣れる川として特に人気があります。
レンタカーをご利用のお客さんも9割はフライフィッシングです。
それでは自分も今年は本格的にフライでもやってみましょうか。というわけで、
まずは道具、あっ フィッシングの世界ではタックルといいます。(レスリングの技ではありません)
本を参考に見ていると出てくる出てくるカタカナ英語。
ウェイトフォワードのフローティングライン、フラットモノフィラメント、12フィートの3Ⅹ~6Ⅹ
ストリーマー、ゾンカー、ウーリーバッカー、マドラーミノー、オレンジレッドのアトラクター、
ユスリカのハッチをねらうミッジング。みなさんわかりますか?
釣りをしないひとには訳がわかりませんね。
自分もフライフィッシャーの本を見るときは用語辞典を片手にみます。
秋の釣りシーズン真っ最中にお店の中でお客さん同士が釣り談義をしているときは、
エブリバディーがルー○柴さんのような感じです。

                                   <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-30 13:10 | えとせとら  

くうちゃんの謎  3月27日

f0113639_13254440.jpg

2月11日に突如 釧路川に現れたラッコのくうちゃん、あれよあれよという間に1ヵ月半が
たちました。一時は釣り針がささったりして心配もしましたが、その後は体調もよさそうで
まるまる太ってます。(太りすぎ?)
愛くるしいしぐさは誰もがニッコリさせてくれます。
さて、そのくうちゃん、いったいどこから来たのか?
ラッコはもともと北太平洋に生息していて、ごらんのようなツヤツヤの最高級の毛皮の持主
でぜんぜん警戒心がないため、すぐに人間に捕って乱獲され、今は絶滅危惧種として一切
捕獲は禁じられています。
北海道では根室の納沙布岬や襟裳岬で時々姿を現すようですから、その中間に位置する
釧路に現れても不思議ではありませんが、なぜ釧路川に?それも街の真ん中幣舞橋周辺の
目立つところがお気に入り?
この辺は河口部で漁港にもなっていて外海とは防波堤でかこまれているため入りづらそうな
所なんですが・・・・ナゾです。
一説には海で漁をしていた漁船の網に入ってしまい、引き揚げたらくうちゃんがいて、その
まま入港したが処分に困り釧路川にドボンとか、ロシア船が連れてきてくうちゃんが逃げた
とかいろいろな説があります。
そして、発見された当日のニュースでは「釧路にラッコのくうちゃん現る」と報じられすでに
くうちゃんと命名されていました。(早いよね!)
アザラシのタマちゃんは多摩川だから釧路のくうちゃんでも納得でしたが、
「くうちゃん」なのか「くぅちゃん」はたまた「くーちゃん」や「クーちゃん」まであり統一されて
いません。もうすぐ新年度が始まりますので釧路市役所も4月1日づけで
釧路市北大通1-1 幣舞くう太郎 で名誉市民として登録してもいいころかなと思います。
この必ずしも明るくないご時勢の中、くうちゃんの果たした経済効果や中心部の活性化、
そして釧路市民に明るさをもたらした功績は大きいと思うのですが、どうでしょうかねえ?。
                                   <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-27 13:28 | えとせとら  

春のエゾ鹿  3月25日

f0113639_18114681.jpg

春先の湿原でよく見かける野性動物といえば エゾシカです。釧路湿原の東側、細岡や塘路や
コッタロでもよく見かけます。湿原ももうほとんど雪がなくなり、日当たりの良いところでは
福寿草の花が咲き、草の新芽も出てくるころでしょう。
鹿たちも早く春が来ないかなと首をながく待っていたにちがいありません。
この鹿さんたち、かなりこちらを警戒しているようですね。
鹿の冬毛はごらんのような茶色、夏になるとバンビのような毛に変わります。
どうしておしりの所だけ、おむつをはいたような白かはわかりませんが、きっと何かの理由が
あるのでしょう。集団でピョンピョンはねて走って逃げてもおしりの白だけが目立ちます。
 春はこのエゾシカと車がぶつかる事故も多いので気をつけて運転してください。
「シカの飛び出しとパトカーの飛び出しに注意してくださいね。」といつも声をかけますが、
こんな一声で効果があったのか最近は少なくなりました。
でもやっぱり油断は禁物です。                    <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-25 18:12 | えとせとら  

お気楽くうちゃん  3月23日

f0113639_13313749.jpg

きのう午後からの大雨も今朝には止んでやれやれです。この大雨でくうちゃんどうしたかな?と
幣舞橋へ行ってきました。
大雨で川は濁ってたぶん水中は視界ゼロ、ならばくうちゃん上陸しているだろうと思ったら予想
的中。くうちゃんお気に入りの場所でひなたぼっこしておやすみするところでした。
くうちゃんが釧路へやって来て1ヵ月半ほど、しょせん野生動物すぐに海へ戻るだろうとの予想に
反してよっぽど釧路が気に入ったのかしっかり住み着いています。
f0113639_1334683.jpg

おなかもパンパンでくうちゃん太った?メタボじゃないの?
休みの日にごろんとひっくり返ってテレビを観ているこんなお父さんよくいます。(自分のことか・・)
f0113639_13345975.jpg

きのうまでの3連休でくうちゃんを観にきた方も大勢いたようですが、くうちゃんはあまり姿を
出さなかったようですね。なんせ野生動物ですので気まぐれです。
今のところ私はくうちゃんと相性がよくて5打数4安打の確率でご対面してます。ラッキー!

**ここからはお願いです**

もし、くうちゃんに会えたなら、決して大きな物音をたてたり、物をぶつけたりしないでくださいね。
それと、1枚目の写真のように非常に近い場所にいます。てすりの下から手をだすと大変危険です。
貝殻をかみくだくくらい簡単なくうちゃんですから、かじられたらとっても痛いなんてことでは
すまされません。特にお子様は下から手を出しやすいので注意してください。
くうちゃんに食べさせようとウニやホタテを持ってくる人がいるようですが絶対いけません。
自分で食べたほうがいいと思いますよ。(笑)        <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-23 13:38 | えとせとら  

愛す・ホッケー 3月21日

f0113639_12244237.jpg

釧路はアイスホッケーのまち。地元にはアジアリーグで活躍する日本製紙クレインズを
はじめ、各チームにも釧路出身の選手がたくさんいます。

昨日はアジアリーグプレーオフ決勝、会場の釧路アイスアリーナはホームで優勝の瞬間を
見ようと超満員です。対戦相手は今季かぎりで廃部の決まったSEIBUプリンスラビッツです。
今日勝てば優勝の決まるクレインズと今日負けると永く日本のアイスホッケーを支えてきた
プリンスラビッツの歴史に幕をおろしかねない意地と意地の対戦です。
1ピリオドは両者互角ながらもクレインズのするどい出足が勝りクレインズが3-2の1点リード
で終わりましたが、2ピリオドに入り、わずか2分間で4点連続ゴールを決められ、地元での
優勝胴上げはおあずけになりました。
一方、プリンスラビッツのほうは東京に帰りホームでファンのみなさんに最後の勇姿を見て
もらおうと気迫のこもった必死のプレーです。結果はプリンスラビッツの気迫勝ちでした。
f0113639_1226063.jpg

おまけ 1  
  「Syeeee~!]
  [んっ・・シェーッ? ちょっと違うな」
f0113639_1226353.jpg

おまけ 2
  ピリオド合間の応援風景 ゴールジャッジの人、注目されて照れくさそうです。
                                         <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-21 12:34 | えとせとら  

夜のロータリー 3月18日

f0113639_1224239.jpg

春になると真新しい初心者マークでいかにも運転免許 取りたてですよ~という車をよく
みかけます。
「気をつけて 走るんだよ」と思いつつも、
そういう車には、あまり近づかないで車を運転しているこの頃です。
 
ここは、釧路川にかかる幣舞橋の近くにあるロータリー。
車がビユ~ンと猛スピードで走っているように見えますが、シャッタースピードの関係です。
実際はゆっくりなんですよ。
北海道でロータリーがあるのは釧路と旭川だけとか、釧路のロータリーは6方向からの
道路を信号機なしで交差させる変形の交差点です。
今では道路の拡幅工事も行われ走行車線も整備されて初心者でも安心して通行できますが
前まではどこを走ればいいのって感じで、初めての人は戸惑いました。
モタモタしていると後ろからクラクションを鳴らされ、かといって安全を確認しないと事故にも
つながります。
ロータリーに入る車と出て行く車のかけひきやら度胸みたいなものもあって、
今でも苦手な人 多いようです。
                          <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-18 12:24 | えとせとら  

奥の手  3月16日

釧路のこの頃、お天気もあまりぱっとせず春になりそうでならないような、そんな繰り返しです。
でも、道路わきに積まれた雪の山も小さくなって、融けてなくなった雪の下からは、ひと冬ぶんの
ゴミや砂が見えてきて、観光で来られているお客様にはざんねんだけど、あまり見られたくない
所が多々あります。
3月4月は北海道全体が観光の端境期にあたり「ご当地情報」担当者としてもネタに困るところ
ですが昨年の3月をみると15件も記事が入ってるんですよね、ネタがない?というより
本業ヒマだった?
いやいや、ホームページからの宣伝活動に時間を費やした。というほうが正解という事にしておき
ましょう。昨年の3月はなかなかの傑作がそろってますので時間があったら見てください。

 最近は厳冬期のような白い輝きはもうみられませんが、道東はほじくりだせば何でも出てくる
観光の宝庫です。  ・・・・というわけで、 あれっ?気の利いた写真がない!

そいいえば、先日の休みは雨でたたられ、その前は吹雪に遭いストックがなくなったんですね。
こんなときは困ったときのストックでもだしますか。
f0113639_1354147.jpg
            
道東は観光の宝庫ですが、グルメの宝庫でもあります。
なんと!今日はキンキの煮付け。実はこれ行きつけの居酒屋さんのサービス。
お通しがなくなったんで「これっ お通しね。」というわけで、それじゃお酒はとっておきの
根室の地酒「北の勝」のしぼりたて。このお酒は地元でも手に入りづらい逸品です。
当然、酒よし肴よしでおいしかったですよ。
                                  <moyan>

ご承知かと思いますがお酒を飲んでの車の運転は厳禁です。

by trlkushiro | 2009-03-16 13:11 | おいしいもの情報  

嵐のあと  3月14日

f0113639_19205465.jpg
 
今日は朝から猛烈な風と雨がたたきつけ、せっかく写真の撮り貯めをしようかなと思っても
一歩も外には出られません。でも、時間予報では18時からは晴れマークが出ていて
「おっ!これは幣舞橋でいい夕日にであえるかも」と一縷の望みに託していましたが、
結論からいうとまあまあでしたね。
f0113639_19232664.jpg

日没ちかくまでは、くうちゃんを見に行ったりフィッシャーマンズワーフをのぞいてみましたが
驚いたのはくうちゃんグッズがぞくぞくと店頭に並べられていて、お店の人に聞くと売り上げも
いいようです。くうちゃんが釧路にやってきて1ヶ月をすぎましたがくうちゃんさまさまですね。
このままゴールデンウィークあたりまではいてほしいなあ。
さて、そのくうちゃんですが1ヶ月間、何を食べていたかというとまずはいっぱいあるつぶ貝です。
つぶ貝は刺身にするとコリコリした食感と口のなかにひろがる磯の香りそして甘さが最高。
いけすから取り出したアワビよりはずっと美味。
ほかにはホッキ貝も食べているでしょう。ホッキ貝は生でよし煮ても焼いてもよし。かめばかむほど
甘さがにじみ出ます。
そして、くうちゃんはバフンウニまで食べています。バフンウニ(名前は悪いけど)はウニの最高級品
それも獲れたて新鮮。いともかんたんに中身だけ食べています。
もうこれだけの居酒屋メニューを食べていて、お酒でもと思うのは当然のなりゆきです。
今晩もくうちゃん、人知れず陸にはいあがりどこかで人間に変身して末広界隈に出没しているに
違いありません。   (な~んてね。)  <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-14 19:24 | えとせとら  

春を待つコッタロ湿原 3月11日

f0113639_16481512.jpg

釧路湿原の北にひろがるコッタロ湿原、この冬は雪が多く例年より雪の白が目立ちます。
それでも先日の大雨で川の氷は解け、凍てついた殺風景な景色のなかで水面の青が
命が宿ったような輝きをみせていて思わずシャッターを切ってみました。
管内の給餌場に集まっていたタンチョウも先日の雨でスイッチが入ったのか、しだいに数が減り
湿原に戻っていったようです。
多いときには200羽をこえるタンチョウが給餌場に集まっていました。また、カメラマンの数も
ツルに負けじと集まっていたのはつい最近のことです。
数が少なくなった給餌場に残されたのは、子別れして行き場の失ったまだ幼い子供の
タンチョウ達、その子供たちもやがて新天地を求めて旅立ち、
祭りのあとのような静けさが
おとずれるでしょう。・・うぅぅぅっ(涙)

ふつう 春はスプリング、ランランしそうなものですが (よく意味がわかりませんね・・。)
最近ようやく わびとか、さびが解かってきまして、ちょっとセンチメートルになっているのです。
                                            <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-11 16:49 | えとせとら  

昨日はSLの最終日 3月9日

f0113639_12385335.jpg

最近は気温はまだ低いものの日差しはもう春ですね。昨日の日曜日は晴天に恵まれましたが、
風が強くて日中の気温はプラスでも体感温度はやや低く感じました。
この冬、釧路湿原を駆けたSL冬の湿原号も昨日が今シーズンのラストラン。
観光情報視察もかねて釧路湿原の真っ只中 塘路まで行ってきました。
やや早めに着いてコッタロ湿原へ行く砂利道から山の上を見るとサルボ展望地や二本松展望地は
10人くらいの人影が見えています。みなさん足もとの悪いなかカメラ機材をかついで山登りも
大変ですね。そこまでやる元気もないので、なんちゃってSLファンとしてはてっとり早い塘路駅の
近くでカメラを構えることにしました。このへんも20人くらい本格的なファンやなんちゃって風な人が
いました。
11時54分 塘路駅をSLが出発。すぐに遠くに見えてきましたがなんせ風が強くて煙が横に
なびいちゃってます。だんだん近づいてきてJRさんもきっとカメラマンにサービスでしょうか
ちょうどいいところで機関車の下のほうから蒸気をシュバーと吐いてくれて、うんうんいい感じです。
このまま機関車が真横にきた直後は煙と蒸気でワヤなことに巻き込まれました。
f0113639_12395072.jpg

今日で最後のSL、緩急車のうしろすがたも別れ惜しい気もします。
釧路の冬の風物詩「SL冬の湿原号」の運行が終わり、いつもなら冬の観光も終了間近ですが
今年は雪が多かったのでまだタンチョウは湿原には戻れないようです。
ラッコのくうちゃんもいるしネタはまだまだいっぱいです。
                          <moyan>

by trlkushiro | 2009-03-09 12:43 | えとせとら