<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ボルケーノ 雌阿寒岳と硫黄山  11月30日

f0113639_1703585.jpg

全国的には大きく報じられていませんが、10日ほど前から雌阿寒岳が火山活動が
活発になり地元新聞やテレビのローカルニュースではちょこちょこ報じられています。
今日の写真はたまたま今年の10月オンネトーへ行った際に撮ったもので、2ヶ所から
噴煙があがっています。これは2006年に噴火したときにあらわれた火口です。
右側頂上が今回噴火したポンマチネシリ火口。火山性ガスで植物がみあたりません。
荒々しい岩がゴロゴロしてますね。当然今は雪におおわれています。
雌阿寒岳は定期的に小噴火を繰り返しているので、注意はするが今のところ大爆発の
危険性は少ないようです。
f0113639_1722585.jpg

一方こちらは金星探索衛星が撮影した地表のようす・・・・・じゃなくて。
摩周湖近くにある硫黄山(アトサヌプリ)です。摩周湖へ行った人や川湯温泉に行った
人はすぐわかりますよね。噴気孔(これも火口か)からは硫黄のにおいと水蒸気をふき
出しています。黄色の物体は硫黄です。
火山といってもグツグツわきでたお湯でゆで卵(茹でた孫ではない!)を作ったり。
レストハウスで買ったソフトクリームを片手に山に登ったり。
煙がもんもんとしているわりにはのどかです。
車に乗りっぱなしで運動不足の人やドライブに飽きた子供さんには人気のスポットですよ。
                             <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-30 17:04 | えとせとら  

ヨットのある風景  11月27日

f0113639_16452650.jpg

おなじみフィッシャーマンズワーフ前です。
写真だけ見ているとヨットが停泊して、太陽の陽射しもさんさんとしていて夏の一コマの
ようですが・・・・・気温3度。 
でも、このごろは寒いのにも慣れてきて風もなく陽射しがあれば
「今日はあたたかいな。」 などと感じてしまいます。

夏のあいだは「岸壁ろばた」でにぎわった このあたりも観光の端境期にあたる今は
平日ともなればひっそりしていました。
時々うしろのほうから 魚釣りのお父さんたちの笑い声が聞こえてきます。
こんどは何が釣れたんでしょうか。
ちょっとのぞいてきます。
 
                          <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-27 16:46 | えとせとら  

タンチョウが集まってきました 11月23日

f0113639_18304351.jpg

今日は11月の3連休の中日でレンタカーのお店も出発・返却とも少なくて、ちょっと
のんびりムードが漂っております。明日は返却が多いので寒風の中、屋外での洗車は
ちょっとつらいのですががんばりますよ~。
さて、昨日出発されたお客様はカメラマンが多かったですね。お目当てはタンチョウですか?
タンチョウも阿寒や鶴居の給餌場に続々と集まってきました。
どこから来たかというと・・・この周辺からです。決してシベリアからではありませんよ。
シベリアから来るのは白鳥麗子さん達のハクチョウです。タンチョウは渡り鳥ではなく
夏の間は釧路湿原を中心とする道東各地に住んでます。寒くなるとだんだん人里近くに
寄って来るんです。
f0113639_18285068.jpg

しかし、いつ見ても美しい鳥です。地上にいても綺麗ですが飛ぶ姿も美しい!
飛んでいる写真は着陸直前はグライダー状態でスピードも遅く、飛ぶコースも読みやすい
ので、連写モードでカシャカシャしているとそのうちいいのが1枚くらいあります。

☆釧路空港ビルの主催で「道東、釧路 大自然の四季」というテーマで写真コンテストが
 あります。12月10日まで応募受付しています。あなたも応募してみませんか。
 くわしくは「釧路空港ビル」で検索してください。
どれどれ、ちょっと出してみようかな・・・・・・ん? なに?デジタル600万画素以上?
愛用カメラMAX150万画素でした・・・。    <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-23 18:32 | 旬のみどころ  

旧釧路空港線 通行止め  11月20日

f0113639_1952418.jpg

おしらせです。
国道240号から釧路空港に接続する道路は合計2本ありますが、そのうちのひとつ
旧釧路空港線が冬の通行止めになりました。来年の4月まではゲートが閉まっていますので
新道(道々65号)を通ってください。
毎年のことですが阿寒方面から釧路空港へナビをたよりに走行されていると、どうしても旧道を
ナビが案内するので迷子になるお客様がいらっしゃいます。旧道の入口から1,6キロ先に
新道があるのでそちらから空港へおこしください。
写真上は通行止めの案内標識や看板を設置しているところです。
下の写真は旧道ゲート手前の交差点です。(ここで迷子になります)
f0113639_196452.jpg

この時期がくるともう冬なんだなとつくづく思います。おりしも今日は日本海側や峠では銀世界
いっきに冬の装いに変身したようですが、さすが釧路はからっからの冷たい風がふきつけて
真冬なみの寒さですが道路は乾いています。

なにかオチをつけたいところですが、今日はちょっとまじめなお知らせなのでお休みです。
                                <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-20 19:08 | 道路情報  

山の雪化粧 11月18日

f0113639_1739335.jpg

ここ2,3日ぐづついた天気がつづき、今日も朝のうちは雨がぱらついていましたが
午前中のうちに雨もあがり久しぶりに綺麗に晴れました。
阿寒の山にかかってた雲がとれた後には、ごらんのような雪化粧をした山があらわれました。
今シーズン初冠雪ではないけれど、これだけはっきり雪をかぶったのは初めてではないかと
思われます。
左側の富士山型の山は阿寒富士、右側(奥側)頂上から噴煙が見えるのは雌阿寒岳です。
雌阿寒岳は活火山で度々小噴火を繰り返していて、今日の噴煙もいつもより多めです。
でも、これもいつもの事で定期的なガス抜きをしているので大事にはならないようですが
いつも監視をしているんですよ。
 道路の状況は、きのうの予報では夜半に雪の予報がでていたので朝もしかしたら真っ白!
なんて思いましたが、雨がふっていてとりあえず釧路市内はひと安心でした。
でも常に濡れているところは気温の変化に気をつけて走行してください。
 今日から全国的に寒くなりそうです。風邪もはやっているようですが私の場合は毎晩適量の
アルコール消毒が効いているのか いたって好調です。 <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-18 17:42 | 気候情報  

今日のおかず   11月16日

f0113639_1817162.jpg

釧路の観光名所フィッシャーマンズワーフと北海道の3大名橋のひとつ幣舞橋。
夏のあいだ、にぎやかに行われていた岸壁ろばたも撤収して観光客も少なくなりちょっと
寂しくなりました。
おやっ? 橋のたもとの一角がにぎわっています。
どれどれ なにやってんだ? 魚釣りかな?
やっぱり常連のお父さんたちのようです。
通りがかりのお母さんもなにやってるの? と 興味津々のようすです。
f0113639_18183048.jpg

バケツの中には コマイ(大きいのはオオマイといいます)カレイそしてカジカでした。
コマイは北海道とくに道東太平洋に多くオオマイにもなると引きが強く釣るとけっこう
おもしろいんですよ。
タラの仲間で身は淡白ですが独特の臭気があります。一夜干しくらいで焼いて食べると
身がしまってなかなかうまいんです。小さいのはもう少し干してからあぶって酒の肴です。
カレイは煮付けに、カジカは身と肝と野菜を味噌汁にするといい出しがでておいしいんです。
今晩のおかずはもう決定ですね。こんな街のまんなかで自給率100%達成!
さすが魚の街くしろ?  それとも「いなか」という事? 
                           <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-16 18:21 | えとせとら  

うにいくら丼もたべたい! 11月14日

f0113639_191795.jpg

突然ですが 無性に うにいくら丼が食べたくなることないですか?

  ・・・・ないよね。  ・・・・ないない。  やっぱり?

でも、一度は食べてみたいと思ったことはあるんじゃないですか?。
地元に住んでいてもなかなか食べられるものではありません。お店の人に聞いても
もっぱら観光客むけとか。
しかし今回チャンスがやってきまして超ラッキーなことに食べることができましたー。
(自分のおこづかいでは少し考えさせてください。 ちょっと1杯をやめればいいんだ。)

まずはウニから、オレンジ色も鮮やかにうにうにしています。(どういう意味だ!)
鮮度がいいのでつぶつぶしています。わさび醤油をちょっとたらしていただきます。
甘く濃厚な味にうっとり。
余韻がさめやらぬうちにルビー色に輝くイクラです。こちらは醤油漬けになっているので
そのままいただきます。
プチとつぶれた後はじわーんとおいしさがひろがります。こちらも濃厚なお味でうっとり。
なんせ高級食材のダブルパンチで味覚神経もメロメロになりノックアウト寸前でした。
お値段はお一人様 軽くラーメン3杯分くらいしますが記憶も3倍分くらい残りそうです。
                                      <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-14 19:05 | おいしいもの情報  

さすらいのアングラー 魚の気持ち編 11月12日

f0113639_17442145.jpg

「なにが 魚の気持ちだ!! 早くはなせーっ!(怒)」

今日いちばんのファイトをしたアメマス君。 きっとこんな気持ちでしょうか。
あんまりいいファイトするから針がかかった口のところちょっと切れてしまいました。ゴメンね。
「なにがゴメンネだ! おかげでうまくしゃべれねーだろが!」
彼はきっとこう言ってるにちがいありません。

このところの川のようすは雨が少なく水量も少なめです。これから越冬しようとしている
アメマス君たちも深みやしげみ、物陰にひっそりと外敵から身を守りそして獲物を待っています
でも、こちらとしても深み・しげみ・物陰だけを攻めればいいのでポイントも絞りやすいのです。
このアメマス君 3つの要素をもったポイントにいましたが、第1投目は反応しませんでした。
そんなはずはない!キャスト地点をもっと岸よりのえぐれに落とし スプーン(ルアー)を
ゆっくりヒラヒラさせていたらえぐれの下のほうからスルスルスルと出てきてガブリ!
見事針にかかって大暴れしてくれました。よほど頭にきたんでしょうか
「くっそー! だまされたー」 てなかんじでね。
2時間あまりの釣行でしたが50~60センチクラスが10数匹けっこう楽しめました。
アメマス釣りは12月中旬まで楽しめそうです。<moyan>


おまけの魚の気持ち関連記事はこちら

by trlkushiro | 2008-11-12 17:46 | えとせとら  

ラーメン食べたい!  11月9日

f0113639_13423852.jpg

突然ですが、無性にラーメンが食べたくなること ・・・ないですか?
子供から大人まで、学生さんも社長さんもじいちゃんもばあちゃんもみんな大好きです。
お酒をのんだ後の締めのラーメン これまたウマイ。
釧路はそばラーメンの麺文化が異常に進んでいて?  
そのせいか旅行で釧路へこられるお客さんも「釧路ラーメン」と指定される方も多くなりました。
お客さんにお話をお伺いすると、
「ラーメン大好きなので旅先では必ず ご当地ラーメンを食べるんですよ♪」と
いうお客さんもいました。
釧路ラーメンは札幌・旭川・函館につづき地位を確立しています。釧路はラーメン専門店も多く、店主の努力と研究によりお店独自の味に仕上がっています。
独特の細ちぢれ麺とかつおぶしベースのスープが特色と言われていますが、最近はこだわらずに自由な発想でおいしいラーメンを食べさせてくれるお店も多くなりました。
味の好みも千差万別。いろいろなお店で食べてみたいですね。
                           <moyan>

by trlkushiro | 2008-11-09 13:57 | おいしいもの情報  

モモの取材活動2  11月4日

f0113639_17303628.jpg

こんにちわん、前にも1回だけ出してもらった「モモ」です。
今日はお父さんが会社お休みなので、一緒にくるまにのせられ人犬合同の取材活動です。
釧路を出発して約30分 国道391号線から細岡展望台へと向かっています。
ひとつ目の踏切を渡ると すぐ前には釧路川が流れていました。
お父さんはカヌーステーションで車を降りて、川の流れを見ているようです。
どうやら景色を見ているというよりは魚釣りの下見のようで・・・・。
「モモ 水量や水のにごりもバッチリだよ!」
そんなこと言われても私には何の関係もありませんが、つきあい程度に 
「ワン!」 と 答えてみました。
「さすらいのアングラーもいそがしくて しばらく休んでいるし そろそろだなモモ。」 などと
言っていますが、休みの日はソファーで横になっている事のほうが多いような気もします。

 その後 細岡ビジターラウンジというところでやっと外に出してもらえました。
まわりの木の葉は落ち、落ち葉は太陽に照らされフカフカしていました。

観光シーズンは大勢いたお客さんも平日ともなれば閑散として私たちだけです。
ややきつい上り坂を駆け上げ一番高い展望台に上って
「この景色のひとりじめだー!」と お父さんは言っていますが意味がわかりません。

そのあと 釧路湿原をひとまわり。途中タンチョウさんやエゾシカさんにも会いました。
お父さんは「カラマツの紅葉もきれいだよ。」 と言ってますが
私には美しいだの綺麗だのという感覚はないのでササミジャーキーの色にしか見えません。
でも、こうしてあっちこっち見ているのも楽しいものなんです。
では、また機会があればお会いしましょう。   
                            <momo>

by trlkushiro | 2008-11-04 17:43 | えとせとら