<   2008年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

春っていつからでしたっけ?  3月31日

今日の羅臼の海はこんなんでした。
羅臼の春はまだまだです。

                           
f0113639_19534768.jpg
                                                   <38>

by trlkushiro | 2008-03-31 19:56 | 気候情報  

霧の幣舞橋   3月31日

f0113639_1154974.jpg

今日は31日官庁や会社ではおおかた年度末を迎えています。
また、転勤のシーズンでこの幣舞橋近くの末広界隈(夜の繁華街)も先週あたりは
歓送迎会でにぎわっていたことでしょう。
転勤で釧路へ来る人去る人は2度泣くといわれます。1度目は釧路へ転勤が決まった時
「こんな北のさいはての街なんていやだ!」と泣き。2度目は釧路を去るとき、
「豊かな自然やおいしい食べ物に恵まれたところから出たくない!」と泣く。

今年、釧路を去る人も「霧の幣舞橋」というか末広界隈はよく行かれたことでしょう。
機会があったらまた来てください。
昼は美しい景観と新鮮な空気を味わい。夜は旬のさかなと地酒「福司」を味わい
ノスタルジーにひたってください。

明日からは4月 新年度です。値上げやら値下げやら世の中混沌としていますが
「そんなのカンケーねぇ!」  (中途はんぱに古い?)
自分なりのベストを目指しましょう。   <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-31 11:58 | えとせとら  

取材活動中です。  3月28日

f0113639_165064.jpg

わたしの名前は「もも」といいます。今日はお父さんが休日らしいので
てっきり散歩に連れて行ってもらえると思い喜んだのもつかの間、
すぐに抱きかかえられ車にのせられました。
「もも。今日は 昨晩 雪が降ってべちゃべちゃになっているからドライブ行こう」と
ドライブのお供です。
車を走らせて湖の近くでお父さんは四角い黒いものでまわりをみてカシャカシャして
います。
「もも。おもしろいもの見つけたら教えるんだよ」と言われたので、忠実がモットーの
わんことしてはいっしょうけんめいまわりを見ています。
「いいか、ご当地情報も継続は力なり こう★○→残して ◎÷☆○役にたつ A;ゞ
いっぱい//  \\●来てZZ ????」
もう わんこのあたまではなにを言っているのかわからないので
とりあえずわかったふりしてお父さんの手をペロペロしてみました。
お父さん明日はさんぽ連れて行ってね。  <momo>

by trlkushiro | 2008-03-28 16:56 | えとせとら  

ふきのとう  3月26日

f0113639_1313329.jpg

釧路の今日の予報では最高気温が5度。平年並みかななんて思っていたら
釧路空港の温度計は11時で13.4度! たぶん今年初めての二桁の気温です。
この陽気に「ふきのとう」もにょきにょきと顔をだしていました。
毎年この時期は雪解けが進み、雪の下から茶色の枯れ草が目立ち
「みどり」はまだかなと期待するのですが、今年は積雪も少なくこのところの
気温の上昇でいつもより早いような気がします。
「みどり」といえば当社のイメージカラー。近々トヨタレンタリース釧路のホーム
ページのプチリニューアルを行う予定ですが、やっぱり「みどり」が基調です。
存続が危ぶまれていた「ご当地情報」も最近じわじわとたぶん定期購読され
ているお客様もふえてきた実績が認められ続行がきまりました。 パチパチパチ☆

昨日はどうしたわけかアクセス数がふだんの6倍もあってちょっとびっくりしました。
こんなことになるとは思っていなかったので、もう一度昨日の記事を読み返してみると
「well come」は間違いで「welcome」が正解でした。
中学生レベル以下ではずかしい・・・。
こんなこともありますが、あまり役にたたないけど、時々役にたつ「ご当地情報」
これからもよろしくお願いします。
                             <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-26 13:15 | 気候情報  

だれでもWell Come 3月25日

f0113639_13443719.jpg

釧路と十勝は同じ道東エリアで土地柄などでよく比較されることがあります。
釧路は前浜に世界でも有数の恵まれた漁場があり、明治初期には全国から
漁業資源を求めて移り住んできました。目の前にひろがる海は誰のものでも
なく、また、魚も四季を通じて豊富に獲れたので、よその土地からきても
だれでもwell comeでした。
いっぽう十勝は農業で入植しましたが、荒れた土地を少しづつ耕し、先祖代々から
受け継がれた畑を大事に育て上げ、今では安心安全な日本の食糧庫として
重要な役割をはたしています。
十勝人は自分の土地があるので、よそから何かを採ってくるというわけには
いきませんが、釧路人はみんなの海があり 東で獲れるとそこへ行き
西で獲れるとまたそこへ行くことができます。
そのせいか釧路は熱しやすく冷めやすい土地柄でしょうか。
ただ、「だれでもWell Come」精神は今でも息づいていて特に観光のお客様は
大歓迎しますよ。       <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-25 13:45 | えとせとら  

怪獣 クッシー   3月22日

f0113639_15403410.jpg

「ご当地情報」もこのところ白鳥・タンチョウ・エゾシカと野生動物が続いたので
野生動物シリーズのとどめは 「元祖 クッシー」です。(元祖の意味がわかりませんが)
「クッシー」とは、屈斜路湖に太古の昔から住みついている、未確認生物ですが
1973年8月に目撃例があり、証言によると全長は約10メートルから15メートル。
水面から長い首を出して泳いでいるところを目撃されています。
残念ながら写真が残されていないため、目撃例から作ったレプリカが砂湯に
ありました。 なんと恐ろしい姿でしょうか。

屈斜路湖であひるボートをちゃぷちゃぷ漕いでいるうちに ガバーッっとこんなのが
いきなり現れたら・・・・・・・・・笑っちゃいます あははh
なんでドラエモンブルーなのか不思議です。恐竜といえば定番はグレーですよねぇ。

ここからは本当の話ですが、恐竜の色はいまだに不明とのことです。
骨格は化石となって残りますが皮膚の色まではわからないらしい。
赤い水玉模様のティラノサウルスやパンダみたいなトリケラトプスがいても
不思議ではないんですって。

「クッシー」を捕獲したら懸賞金が1億円とか、この春つかまえに来てみませんか?。
                                <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-22 15:43 | えとせとら  

シカ飛び出し注意  3月21日

f0113639_169492.jpg

エゾシカは北海道を代表する野生動物で特に道東の多く生息しています。
その数なんと20万頭。釧路市の人口より多いんです。
釧路湿原でもこの時期は多く見ることができます。
車とぶつかる事故も多くレンタカーのお客さんが出発するときは
「シカの飛び出しとパトカーの飛び出しには注意してください。」と忠告するの
ですが、たまにがっくり肩を落として帰ってくるお客さんもいます。

 このエゾシカ 顔をよーく見るとかわいい顔をしていて、一目見てこの動物は
人を襲ったりしないってわかります。ライオンやトラのような顔のシカがいたら
瞬間で「ぜったい ヤバイ!」と思いますよね。
写真のシカさんはずーっとこちらを見ていますが、
シカは私のことをどう思ったのでしょうか。
「ビミョーだけどかなりヤバイ顔してるぞ!」とでも思ったでしょうか。
                      <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-21 16:11 | えとせとら  

最後の団らん?  3月19日

f0113639_18134688.jpg

雪解けが進み もう野生の動物や鳥たちも春を感じているようです。
写真のタンチョウは先日の鶴居・伊藤サンクチュアリ。前日の雨で大きな
水たまりがあります。タンチョウの親子と思われますが、水面に映るすがたも
きれいですね。前回の白鳥とはやっぱり違って品のよさを感じます。
しかし、この親子ももうまもなく子別れの儀式をするのでしょう。
今日が最後の団らんでしょうか。
ある日突然、親が子を追い回し「いつまでもお父さん お母さんって言うんじゃない!」と
突き放します。行き場の失った子が「とーさん かーさん」と鳴くのだそうです。
でも、これも自然の摂理。親は湿原に巣をつくり、卵を産み、また新しい子を育てる。
子供もまた、立派に成長して新しいカップルが生まれるのです。

 人間社会も3月・4月は入学、進学、就職のシーズン。はじめて親元をはなれて
自立した生活をするお子さんもいるのではないでしょうか。
人間社会では仕送りしたり、食べ物を送ったりすることもありますが、
野性はそんな甘いこと言ってられません。 自然界は厳しいのです。

 ・・・・・・・といってはみたものの

 ・・・・・・・こんなのがいました。

f0113639_18142721.jpg

どうやら牛のエサをいただいているような。
あああ~ イメージぶちこわし!!!       <moyan>


     

by trlkushiro | 2008-03-19 18:17 | えとせとら  

モテモテです。  3月17日

f0113639_13302612.jpg

「クれぇ~クレクレ がークレぇ~」
「いやっ! なにっ! いっぱい来たわ おとーさん 助けて」
「あはははは おまえ モテモテだな」 
 てなわけでヒッチコックの「鳥」みたいな風景になってます。
白鳥のお目当てはすぐそばの売店で売っているエサ(パンの耳)です。
エサの袋をもって歩くとぞろぞろ白鳥もついてきます。

もう春ですが、道東の冬の観光は「道東3白」といって、タンチョウ・流氷・白鳥の
白が観光の目玉です。この「ご当地情報」でもタンチョウはもちろん今年は21年ぶり
に流氷もやってきて、のこりのひとつご紹介していなかったのがが白鳥でした。
写真は屈斜路湖 砂湯の湖岸に羽を休める・・・というか餌付けされた白鳥たちです。
 タンチョウを見ている時はギャラリーも美しさと優雅さにみんな「うっとり」。
たくさんギャラリーがいるのにみんな無口でシーンとしていますが、
ここではあちこちから 「アははハァー」と笑い声が聞こえてくるのです。
どうもその姿に原因が・・・。水面にいる時はきれいなのですが。
陸にあがったときの姿は 短足・やや太りぎみ。
エサにありつこうと走る姿もドタドタと・・・・・ざんねんながら やっぱり笑えます。
そのせいか、とっても親近感がわいてきて、とってもかわいいですよ。
ここでは北帰行がはじまる4月初旬くらいまでは見れそうです。
                          <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-17 13:36 | えとせとら  

「あれっ バックなの?」  3月16日

f0113639_1338169.jpg

この冬も道東の観光に一役買った「SL冬の湿原号」も今日で終了します。
昨日15日は夜半まで激しい雨が降り、午前中もぐずついた天気でしたが
この時期には珍しく霧がかかり
「おっ、これはいつもと違うSLが撮れるぞ」と出かけてまいりました。
場所は釧路湿原駅から最初の踏切です。昨夜からの雨で雪はすっかり姿を
消していますが、まわりを霧のベールが包み込んでいました。
「ふォ~~~」釧路湿原駅を出発の合図です。まもなく「かんかんかん」と
踏切の警報がなり始めカーブを曲がってやってきました。
モクモクと煙がだんだん近づいてきました。ヘッドライトがちょっと眩しい。
ファインダーをのぞいていると「あれっ?SLってこんな顔だったっけ?」と
思いつつシャッターを切りましたが、目の前を通り過ぎる頃にバック走行なのが
わかりました。JR北海道も今シーズン最後で意気なはからいだったんですね。
釧路への帰路は前を向いて走るのでいつもと違った写真が撮れますね。
f0113639_13422723.jpg

 ついでに茅沼駅に行ってみましたがSLはもう通過後。こちらも霧の中でしたが
湿原の神(サルルンカムイ)が線路のむこうに見えています。
やっぱりタンチョウは画になりますね。 
昨日と変わって今日はいい天気、カメラマンのみなさんもいい画が撮れたでしょう。
                               <moyan>

by trlkushiro | 2008-03-16 13:43 | えとせとら