<   2007年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

雪・なにも今日降らなくたって! 12月29日

f0113639_17314248.jpg

「今冬は雪が降らないなあ。このツケはいつ来るんだ?」と思っていたら
今日、お正月を故郷で過ごそうとする帰省客でいっぱいの一年で一番ピークの
日に降っちゃいました。午前9時ころから降り始め午前の便はなんとか降りましたが
お昼からは全便欠航です。
釧路空港の午後4時、通常だと到着ロビーも迎えの人でいっぱいですがご覧の
とおり人影はみあたりません。明日も全便満席で今日帰郷できなかった人は少し
空きのある31日にも振り替えたのでしょうか。最後の最後にいじわるをする天気でした。
f0113639_1730261.jpg

ところが、ニッコリしている人もいます。タンチョウを撮りに来たカメラマンです。
やっぱり雪の中を舞うタンチョウは絵になります。明日は晴れの予報がでていますので
新雪の白、晴天の青をバックにタンチョウもいっそう映えることでしょう。

by trlkushiro | 2007-12-29 17:32 | えとせとら  

2008年も出発進行  12月26日

f0113639_181261.jpg

来年のことをいうと鬼が笑うといいますが、今年も残すところあとわずか、来年の話
をしてもいいかな?
来年の1月19日・20日そして1月26日~3月9日そして3月15日・16日。釧路湿原
をSLが雄雄しく走り抜けます。1月19日は鉄道ファン必見の重連(機関車2台で煙が
モクモクです)20日は逆向き。標茶駅から釧路駅に向かって機関車が走るこれまた
鉄道ファンにはたまらない演出です。
毎年、午前11時ころになると釧路駅周辺は、なにか懐かしい臭いがただよい。
そのうち大煙幕のなか汽笛一声「冬のSL冬の湿原号」が発車します。
釧路も人口18万人、道東の中核都市として駅のある中心部はちょっとは近代的な
ビルもありますが、その中を黒煙を吐き力強く走るSLは独特の違和感があります。
でも、ちょっと走ればそこはすぐ釧路湿原の中、レトロな車内からはダルマストーブで
ししゃもを焼く香ばしい臭いもして、30年、40年前と何も変わりありません。
車窓からはエゾシカやタンチョウにも会うことができます。
線路わきでは大勢のカメラマンが待ち構えているのも毎年の光景ですね。
私事ですが昨年はカメラのほうも初心者であまり良く撮れなかったけど
(1月31日~2月1日「初のSL湿原号 撮影記」をみてやってください)
今年はがんばっていい写真撮れるようにしたいものです。
                                    <moyan>

by trlkushiro | 2007-12-26 18:04 | えとせとら  

メリークリスマス  12月24日

f0113639_15434088.jpg

♪らーす くりすます あと げりゅまはー ばと べりねくすてー・・・♪
例年なぜかクリスマスには雪が降りホワイトクリスマスになって雰囲気を
盛り上げてくれるのですが、朝のうち雪の予報が出ていたのでちょっとは期待
したけどやっぱり降らず あいかわらず乾ききった釧路です。
どうも、雪のないクリスマスは実感がわいてきません。
クリスマスらしい写真をと思ってもまわりは枯れ草の茶色とアスファルトのグレーの
世界。冬らしいところは見当たらなかったので、先日外装工事の終わった
フィッシャーマンズワーフのイルミネーションです。
これでクリスマスを連想させるのはチョット無理だったかなー。


それじゃー


f0113639_15413367.jpg




「待て待てー!   トナカ・・・・・・・・。」  

どうみても鹿だよね  グスン。

それでは Happy Chistmas   <moyan>

by trlkushiro | 2007-12-24 15:45 | えとせとら  

かもめのジョナサン3  12月21日

f0113639_19171832.jpg

まいど! もう今年は出番がないと思っていたら写真ネタがないのか急遽指名され
生まれも育ちも釧路っ子のジョナサンが最近の道東をレポートします。
 今年も残すところあと10日。なにかと気ぜわしいこの頃です。
釧路の街でもカレンダーを抱えてお得意様まわりをする営業マンや寒風のなか
ガラスクリーナーを片手に窓磨きをする主婦のすがたが上空から見えます。
釧路地方の今冬はいいのか悪いのか降雪がなく白い雪のかけらも見当たりません。
例年この時期、雪が降ったら人も車ものろのろ動いてますが、今年はいつもどおりに
すいすいと動いています。
レンタカーのお店もウィークデーは年末挨拶のビジネスのお客様でにぎわってますが
さすがに明日から始まる師走の3連休のレジャーのお客様は少ないようです。
空港やJR駅では早くも大学生の帰省が始まり、少し大人っぽくなったわが子と
ひさしぶりの対面で目を細めているお父さんお母さんの姿もみられるようになりました。
きっと今日は家でホームパーティでしょうか。

あ~ ジョナサンも 早く家に帰りたくなりました。
それではまた来年お会いしましょう。      <moyan>

by trlkushiro | 2007-12-21 19:19 | えとせとら  

凍てつく川  12月19日

f0113639_1129422.jpg

冬だから寒いのはしょうがないけど、昨日今日と釧路の最低気温はマイナス10℃!
日中の最高気温も0℃。フリーザーまではいかないけれど冷蔵庫よりはまちがいなく
低い気温です。でも、これぞ釧路の冬といわんばかりの冬晴れのいい天気が続いて
おります。
阿寒川もご覧のとおり流れのゆるいところは凍ってしまい流心部分は氷が流れて
ます。(このへんでは当たり前の光景だけど道外のお客さんには珍しいようなので
あえて撮ってみました。)
釧路では今冬 本格的な雪がまだ降ってません。週間予報でもこの先ずーっと
晴れの日が続いていて、いつもならクリスマスあたりで白い世界となりますが
今年はこのまま雪のない状態が続き、ひょっとすると年内降雪なしという事もあり
そうです。
生活するには雪がないのは大いに結構なんですが、北海道冬の観光といえば
白い大地。純白な雪は不可欠で道東も雪原に舞うタンチョウや雪煙をあげて走る
SLなど、雪は貴重な演出をしてくれます。
土ほこりをあげて舞うタンチョウやSLではちょっとツヤ消しですよね。
まあ、冬ですから雪もそのうち降ると思いますので気長に待ちましょうか。
                          <moyan>

by trlkushiro | 2007-12-19 11:31 | 気候情報  

4WDなら大丈夫? その2 12月16日

f0113639_11205439.jpg

釧路は12月も中旬ですが今シーズンはまだ本格的な雪は降ってません。
上の写真は昨シーズンの写真です。

さて昨日のつづきですが。
4WD車は4輪にトルクを与えることにより、FF車にくらべて駆動力は格段に上がり
ますが、路面が滑りやすい時は4輪ともスリップをして路面をまったく捕まえていない
最悪の事態に陥ることもあります。発進時だけではなく走行中も路面状況やアクセル
の踏み具合により発生するので注意が必要です。
直進しているのに車が勝手に蛇行を始めたり、車がだんだん斜めに走り出したら危険
です。この状態でブレーキを踏むのは最も危険でゆっくりアクセルを戻しハンドルで
少しづつ車の姿勢を修正します。アイスバーンやミラーバーンでは非常にデリケートな
テクニックが必要です。
では、FF車ではどうかというと。FF車のリアタイヤはフリーな状態になっているので
トルクを駆けられてスリップすることはありません。そのため4WD車よりはスピンは
少ないようです。ただし、駆動力では劣るため上り坂の発進などでは苦労することも
あります。(一般道路ではあまりないが)
それでは4WDは危険なのか?というとそうではなく。
「4WDなら大丈夫」という過信による路面状況を把握しないスピードの出しすぎが
いちばん危険です。「4WD。 それではゆっくり確実に走ろう」と思ってもらえれば
メリットはいっぱいあります。
トヨタレンタカーではほぼ全車に4WDの設定がありますのでご予約の際はご確認
ください。
ちなみにアドバイスとして、SLやタンチョウの撮影では道路わきに駐車することも
多く、また、おひとりで乗られることも多いので4WDをオススメします。
万が一スタックしたときも4WDなら他の人に車を押してもらわなくても脱出できる
可能性が高いからです。

by trlkushiro | 2007-12-16 11:23  

4WDなら大丈夫? その1 12月15日

 
f0113639_16411756.jpg

冬の北海道は白い大地となり夏とは違った美しい景色をご覧になることができますが
そこまで車で移動するには時としてアイスバーン路面を走行することもあります。
お店でお客様を車までご案内して 「この車は4WDです。」 と説明すると大半の
お客様は 「4WDなら雪道もだいじょうぶだね。」 とよく言われますが・・・・・・・・
この過信が危ない!
確かに4WDは雪道には強い。 まだ除雪されていない駐車場から出るときなど4WDは
威力を発揮。少々の雪が車のおなかをこすろうとおかまいなしに脱出する、また
上り坂での発進時、この強さはさすが4WDです。
しかし、道路へ出てしまえば雪が踏み固められアイスバーンやミラーバーンが現れます。
ここでは4WDはさほど必要ではありません。逆にFF車より注意しなければならない事
があります。   
      長くなるので ・・・・・・・       つづきはまた明日です。

           

by trlkushiro | 2007-12-15 16:42  

4番ピッチャー鶴田(ツルだっ!) 12月11日

f0113639_1883654.jpg

「きょうは自分がピッチャーするからね」
「一本足打法でホームランかっとばすぞ!」 ってな具合で学校のグランドに
いるタンチョウです。
作り物かと思ったら本物でした。鶴居村周辺ではこんな光景があたりまえの
ようにあって、いつも驚かされます。
カメラマンでにぎわう鶴居伊東サンクチュアリでも人からわずか5~6メートル
ぐらいまで近寄ってきてポーズをとったりして、なんとも目立ちたがり屋のツルも
います。  なんか人間と似ています。
この人間っぽさがタンチョウファンをひろげています。
一度見たら また、見たくなるタンチョウに逢いにきませんか。

by trlkushiro | 2007-12-11 18:09 | えとせとら  

阿寒町タンチョウ観察センター その2 12月9日

f0113639_1643256.jpg

阿寒町タンチョウ観察センターのタンチョウ達&カラス達です。
どうしてもエサをまくとカラスが集まってきます。タンチョウのために与えたエサを
タンチョウ達と仲良くいただいているようにも見えます。
ところが、ここにワシが姿をみせるとカラスもタンチョウとの同盟をくずされては
なるものかと果敢に自分よりはるかに大きいワシにアタックしていました。
カラスはタンチョウの用心棒をかってでて、その代価にエサをわけてもらってるのかな?
f0113639_1653422.jpg

この執拗な攻撃にはオジロワシもたじたじで何度も奥の林にひっこむのですが、
カラスのスキをみて再び姿をあらわします。
カラスも自分のためとはいえ 一生懸命ですが、カメラマンには一番じゃまなそんざいと
いうことをカラスはわかっているんでしょうか。
                              <moyan>

by trlkushiro | 2007-12-09 16:07 | 旬のみどころ  

阿寒町タンチョウ観察センター その1 12月8日

f0113639_18151697.jpg
 
タンチョウの集まり具合リサーチのため阿寒町タンチョウ観察センターへ行ってきました。
阿寒町観察センターは釧路市内から45分、釧路空港から20分。国道240号 道の駅の
すぐ奥にあります。タンチョウの3大給餌場のひとつで、ピーク時にはカメラマンが
いっぱいになりますが、今年は北海道各地で雪が降っているにもかかわらず釧路地方
は降雪0でカメラマンの数もまばらでちょっとガッカリのようすです。
やっぱりタンチョウは真っ白な雪の上が似合います。
f0113639_18154988.jpg

ここは、寒ければ館内からタンチョウがご覧になれるので軽装でもOKです。
喫茶コーナーもありタンチョウの優雅に飛ぶ姿を見ながらコーヒーを飲み、
ぜいたくな気分を味わうこともできます。
ここ数年のもうひとつのお楽しみが午後2時から始まる給餌の時間です。
この時間はエサに大好物の魚をまくのですが、どこからともなくオオワシやオジロワシ
が姿を表しエサの魚をかっさらっていきます。
頭上を何羽ものワシが乱舞する姿は大迫力!
カメラマンのレンズもこの時ばかりは空に向かっています。     <明日へ続く>
           

by trlkushiro | 2007-12-08 18:16 | 旬のみどころ