<   2007年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

釧路ロケーションマップ  5月31日

f0113639_142728.jpg

霧笛が鳴り、夜霧の中をひとりの男がさまよい歩く・・・・・ 
こんな感じで始まったと思う 「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」や
ハリウッドでリメイクするとの噂の「幸福の黄色いハンカチ」。
その当時の翔んでる女性を描いた「挽歌」など釧路を舞台に撮影された映画も
多くあります。このマップは釧路映画友の会が製作して全37作品がちりばめ
られています。映画の出演者の顔ぶれもなかなか豪華な顔ぶれです。
どれもみな何十年前の撮影ですから、今見ると街の風景が変わったりしています。
寅さんが河畔のベンチに座ってマドンナ役の中原理恵に話しかけたところには
今は「美川憲一 釧路の夜」の碑があります。フィッシャーマンズワーフもまだ
存在していませんでした。
古い映画をみても変わらないのが自然のすがた。釧路湿原も展望台の建物は
ないけれど湿原自体は一部で乾燥化が進みましたが、その当時とほぼ同じです。
毎年、1本くらいは釧路を舞台にしたテレビドラマの撮影があり、私共釧路空港の
スタッフがエキストラとして借り出されることがあります。(本業は車を貸しています)
また、バラエティー番組も多くアウトドアやグルメ番組が多いようです。
豊かな自然とおいしい食材や料理そして霧にむせぶ夜
全部組み合わせると さて、どんな映画や番組ができるのか?
                             

by trlkushiro | 2007-05-31 14:05 | えとせとら  

タンチョウは渡り鳥?    5月30日

f0113639_11511983.jpg

湿原のシンボル タンチョウは地元でも誤解している人が多いのですが
渡り鳥ではありません。冬の間は湿原も凍りつきエサを獲ることができないので
人里近くの給餌場に何百羽と集まってきますが、夏の間はエサが豊富な湿原の
中に巣をつくり子育てをしています。今頃はヒナがたくさん生まれていることでしょう。
キツネやカラスなどの外敵も多いので無事に育ってほしいものです。
ここ道々53号 鶴居村鶴見台には約10羽ほどが羽を休めておりました。
f0113639_11521877.jpg

たぶん、昨年生まれの若いタンチョウだと思いますが、大きさは親と同じですので
優雅な飛行も見せてくれました。
野生ですからいつもいつも居るとは限りませんが、鶴居村周辺はタンチョウを見る
機会が多いところです。今は新緑の牧草地もきれいです、釧路市湿原展望台から
10分ほど時間があれば足をのばしてみてください。 <moyan>

by trlkushiro | 2007-05-30 11:54 | 旬のみどころ  

猛暑日ってなんですか?  5月28日

f0113639_1318858.jpg

昨日の釧路は最高気温が10度、夕方近くになってようやく晴れ間がひろがり
ひさしぶりの太陽をみましたが、終日冷たい風が吹いていました。
今朝も内陸部では、もうすぐ6月になるというのに霜が降りたところがあるようですが
天気も回復して気持ちのいい気候です。
しかし、低気圧に近いオホーツク海側では低温注意報というのがでています。
一方、昨日の九州では最高36度とか、なにやら35度を越えると今年から猛暑日と
いうそうですが釧路や根室には縁のない話のようです。
釧路は天然のクーラーが効いていて真夏でも最高気温は25度くらいです。
f0113639_13211297.jpg

サクラの花が散った木も気のせいか秋の紅葉のような感じにみえてますが
地面に近いところではタンポポの黄色いじゅうたんがきれいです。
                           

by trlkushiro | 2007-05-28 13:25 | 気候情報  

花が咲き始めました  5月26日

今日の道東は朝から雨。気温も最高気温が9度で大変寒い日でした。
知床峠はみぞれで本日は通行止めとなっております。東京では28度とか、
同じ日本で気温差20度もあります。
f0113639_15523342.jpg

さて、昨日おとといとカジカだのガンズだのグロい魚の写真でしたので今日は
きれいな写真をだしてみました。上の写真はオオバナノエンレイソウです。
今あちこちで咲き乱れております。ごちゃーと咲いていると感じないのですが
アップで撮ってみると可憐できれいな花です。
f0113639_1554689.jpg

こちらはエゾエンゴサク。小さいので見つけづらい花です。名前にエゾとついている
ので北海道もしくは北方系の花でしょうか。地元では当たり前に咲いている花も
他の地域では見ることができないものもあることでしょう。
いい写真が撮れたらまたご紹介します。   

by trlkushiro | 2007-05-26 15:57 | 旬のみどころ  

さすらいのアングラー 岸壁編その2 5月25日

きのうのつづき 
f0113639_15563345.jpg

海底には岩や海草、ここは港なのでロープや魚網も底にあったりする。
「うあーやばい 根がかりか?」 竿をぐんぐんもちあげ針をはずしにかかり
ようやくはずれたようだ。だが、さお先がグ~ンと下がる「あれ?なんだこれ」
とりあえず合わせをいれると生き物の感触 「おっ!よしよし」 かなり重いぞ
これはカジカではない!もう少しで獲物がみえる。リールを巻いてあらわれたのは
黒い・長い・くねくねしてる・・・・・・うあ~~~ガンズだ~ それも大きい
このガンズ、釣師のきらわれものでへたに触ると尖った背びれに毒があったり
くねくねしていて針をはずす時に手にからまってきたり、おまけにエサを飲み込む
のでなかなか針がはずれない。
・・・・・・・やっとのことで針をはずしたが、のどの奥まではりはずしを突っ込まれ
ガンズもひん死の状態。うしろで見ていたカモメに「ほらっ」 と あげると
「ごとそうさま」と かっさらっていきました。
f0113639_15573656.jpg

その後もカジカ・カジカ・がんずの割合で釣れ続けガンズが釣れるたびに
カモメたちは大喜び。いつのまにか自分のまわりはカモメでいっぱいに。
ガンズが釣れるたびに
「クレー クレー 俺にも クレー」と 大騒ぎでした。  <moyan>

by trlkushiro | 2007-05-25 15:59 | えとせとら  

さすらいのアングラー  岸壁編 5月24日

f0113639_197232.jpg

川や湖でのフィッシングのメッカ道東ですが釧路根室は港町、当然海もあります。
先日の大雨で川のコンディションが悪そうなので、てっとり早く釧路港で竿を振って
みました。土曜日曜はファミリーでにぎわう岸壁も平日とあってだーれもいない状態
これでは「何が釣れるんですか?」と声をかける人もなく。さて、何が釣れるのか。
川でトラウト(サケマス類)を釣るときは気合と集中力を高めていきますが、どうも海は
緊張感が足りない。きっと釣れる魚の姿に原因があるようだ。釣れる魚といえばカレイ
コマイ、ホッケ、カジカ、アブラコ、こんなところか。アメマスやイトウの精悍な顔つき
とは違って、どれもみんな間抜けな顔してる。
まっ いいか。 今日はブラーとよばれる板状のおもりに針がついた物にプラスチック
ワーム(ゴム状の疑似餌)を使い底魚を狙ってみた。
川とは違いポイントがわからないから適当に エいッ!と キャスト。
折りしもの向かい風で20メートルも飛んでいっただろうか? チャポンと着水してから
5秒ほど待ってから糸ふけ(テグスのたるみ)をリールで巻き取る・・・・ と!
なんか手ごたえ! もう竿がガックンガックンしている。
あーぁ やりとりを楽しむ間もなく もう、かかっちゃてる。 でも、ちょっと重いぞ
さお先がぐぐ~っぐぐ~っと下にささる。 リールを巻いて見えてきたのは
あんぐり口をあけて怒っている カジカ。
f0113639_1984583.jpg

その後も連発カジカ三昧。「なべこわし」と異名があるほどみそ汁にしてウマイけど
自分は食べないのでぜーんぶリリース。うしろでカモメが「クレークレー」と鳴いて
います。
あまり釣れすぎるのも良し悪しで、なんか違うものが釣りたくなってきた
そんな時・・・・・・・・・・。        (明日へとつづく)    

by trlkushiro | 2007-05-24 19:11 | えとせとら  

北のさくら   5月21日

f0113639_15412425.jpg

道東に大雨、低温、強風、阿寒湖畔では降雪をもたらした低気圧も去り、今日は
全国的に高気圧におおわれ釧路地方も最高気温が18度ほどまで上がり爽やかな
日となりました。
16日に開花したサクラも大雨強風でどうなることかと思いましたが、ここで散って
なるものかとばかりに、かなりヨレヨレになっていますが枝にしがみついてました。
写真上は「北のさくら」と命名された新釧路空港線です。植樹されてまだ間もない
のでまだ枝も細く花もパラパラですが、どうかひとつ 長~い目でみてください。
そのうち立派な桜並木になる事でしょう。
f0113639_1543374.jpg

見栄えがするのはやはり年季のはいった旧釧路空港線のサクラでしょうか。
釧路空港から出発するお客様にはいつもなら道幅も広く安全なので新しい
道路をおすすめしますが、この時期はお客様に好評なのでエゾヤマザクラや
オオバナノエンレイソウ、ミズバショウの群落が楽しめる旧道もおすすめして
います。     <moyan>

by trlkushiro | 2007-05-21 15:45 | 旬のみどころ  

あの手この手もあります  5月19日 

f0113639_17193295.jpg

釧路湿原や摩周湖をはじめとする、道東のきれいな景色も天気で左右される
ことがあります。6月から8月中旬くらいまでは霧がかかりやすく、せっかくの
景色も霧で何も見えないなんてこともあります。
そんな時、釧路湿原へ行かれる方には高いところから見る景色がだめなら
下から見ましょうということで、釧路川の川くだりカヌーを勧めたりしています。
もちろん天気のいい日のカヌーはもっとすばらしいのですが、とりあえず
水面の高さからまわりを見るのもいいものです。
また、小さなお子様連れのお客様には酪農体験を勧めています。
小さなお子さんは景色を見るだけでは飽きてしまうようで、牛の乳搾りや
アイスクリーム造りをすると記憶に残りやすいものです。
写真は弟子屈(てしかが)摩周湖のふもとにある 渡辺体験牧場さんです。
裏のほうには大草原がひろがっています。ここでは牛の乳搾りやバターや
アイスクリームつくり、トラクターで大草原周遊で北海道を満喫。
また、お昼はジンギスカンもいいですね。    
体験観光はほかにもメニューがいっぱいあります。北海道旅行が決まったら
いろいろな事を計画してみてください。
                         <moyan>

by trlkushiro | 2007-05-19 17:23 | 旬のみどころ  

「シマ」が付くと付かないのでは  5月18日

f0113639_18593583.jpg

17日・18日と釧路地方は低気圧の通過で大雨になり、大雨洪水警報なんて出て
います。それでも、17日午前中は雨が降り出す前で竿をかついで川へ釣りに行って
まいりました・・・・が、 先日来の雨で川の水位もぐーんと上がり川岸を歩くにもキケン
な状態。ならば、安全なところで胴長ぐつに竿とカメラを持った変なバードウォッチャー
に変身となりました。
自分のまわりではホーホケキョとかフィーフィーそしてはるばるオーストラリアから
渡ってきたオオジシギがガガガガーッと羽音をたててやかましくまとわりついています。
ウグイスの姿が見たいなとまわりを見渡すと木の上に黄色っぽい鳥が! 
アオジ? いや違うぞ たしかアオジは胸に黒い模様があるような。 そうすると!
やや! これがシマアオジか? そろりそろり近づいて パシャ
バードウォッチャーあこがれの鳥。 こんなところにいたのかー。
チュルリ~ チュルリ~と鳴いている。シマアオジは湿原の歌姫といわれているが
今日は調子 悪い?
家に帰り野鳥図鑑で調べたら姿は似ているけど 鳴き方はシマアオジが
ヒュルリイ~ ヒュルル~にたいしてアオジはチュルリ~チュチュ
なーんだ ただのアオジか   残念 アオジはいっぱいいるもんね。
そういえば、シマフクロウとフクロウの差もでかい。
そもそも 「シマ」って何だろう? 珍しいってことでしょうか?
調べておきます。        


                      

by trlkushiro | 2007-05-18 19:02 | 旬のみどころ  

サクラ前線 ゴールイン  5月16日

f0113639_1805692.jpg

道外の人はサクラ前線なんて遠い過去の話とお思いでしょうが、ついに今日
釧路でサクラの開花宣言がだされました。そうすると、最下位は根室と思いきや
根室も今日、開花宣言が出され同時ゴールとなり共に日本一遅いサクラの開花と
なりました。
旧釧路空港線は道路の両側にサクラが咲きちょっとだけきれいな光景になっています。
写真では高いところに白いキタコブシの花も咲いています。また、サクラの木の下には
オオバナノエンレイソウ(下の写真)があちこちで咲いていました。
f0113639_18203042.jpg

日本の代表的サクラ ソメイヨシノは道東では寒すぎて育たないので、このへんでは
ピンクの色は濃いけど花が小さく、花もまばらなエゾヤマザクラです。
ようやく咲いてもちょっと控えめに咲いているので、まだ咲いているのにすぐに葉っぱに
かくれて見えなくなりいつの間にか散っているサクラです。
このような人生をおくっている人もいるとおもいますが、
みんな頑張りましょう。 <moyan>
                       

by trlkushiro | 2007-05-16 18:22 | 旬のみどころ