カテゴリ:旬のみどころ( 192 )

 

湖めぐりはどうですか 4月11日

f0113639_15512021.jpg

北海道観光の4月は来るべきゴールデンウィークへむけての冬から夏バージョンへ
切り替えの時期の時期です。
冬の間は閉ざされていた知床横断道路の除雪からはじまり、阿寒湖の遊覧船による
氷割りはテレビのニュースにも取り上げられ観光業者は「そろそろだな。」と実感する
のです・・・・・「そろそろ・・えっ!あと2週間後?」まったりしているのも今のうちなのね。
f0113639_15514765.jpg

ゴールデンウィークの予約も順調にいただいています・・・ありがとうございます。
昨年から高速道路 阿寒ICが開通して札幌圏からもずいぶんと近く便利になりました。
阿寒ICから阿寒湖まではわずか30分ほどで到着します。
富士山型の山は阿寒富士、そのとなりで噴煙をあげているのは雌阿寒岳です。
この山をめざして国道240号を北上すると阿寒湖に到着です。
f0113639_1552715.jpg

阿寒湖を通り過ぎて足寄町方面に行くと宝石のようなオンネトー(沼)があります。
山の位置が入れ替わってますね、ちょうど山の反対側なのです。
阿寒湖が有名になりすぎて知名度が低い?
紅葉の名所ではありますが、シーズン通してみていただきたい名所なのです。
その日によって色の変わる湖面を見てほしいなあ・・できれば風の無い日に。
エメラルドグリーンやコバルトブルーに変化します。
f0113639_1552222.jpg

ブルーといえば忘れちゃならない摩周ブルー。
晴れている日の摩周ブルーは吸い込まれそうな神秘的な色合い。
超有名な湖ですから写真ではよく見ていますけど、実物はスケールの大きさで
圧倒されます。
ゴールデンウィーク期間中の5月3日~5日あたりは駐車場に入るまでの渋滞が
あるので時間に余裕をもって行かれるといいですよ。
摩周岳がより近くに感じる第3展望台もおすすめです。
f0113639_15531437.jpg

スケールの大きさでは摩周湖以上の屈斜路湖は北海道の大きさを感じるパノラマです。
湖岸の砂湯や和琴半島でグツグツ湧き出る地球の息吹を実感して、美幌峠からは
絶景をご覧ください。
f0113639_15535542.jpg

釧路北部の湖を見たあとは釧路湿原の川や湖もどうぞ!
ここは野性動物を間近で見るカヌー下りも都会の喧騒を離れて異次元の空間が
あります。
聞こえるのは鳥のさえずりと風の音・・・・・しかし!
チュルチュルと聞こえていた鳥のさえずりも「カーぁ カーぁ・・ガー!」という
カラスの鳴き声で帳消しにされることも正直あります。
野性動物がいた!・・・と目をこらすと
釣人だった・・・なんてこともあります。

自然を見る北海道観光は天気にも左右されることが多いので、まずは防寒対策と
雨の日は本来の自然探索から別メニューのグルメ探索とか博物館めぐりみたいな
2の手、3の手も計画しているといいと思います。
                                   <moyan>

まじめな観光案内でしたね・・なにか役に立ったでしょうか?
それともグルメ案内のほうが良かったでしょうか?
グルメ特集はそのうちやるのでお待ちください。
そこまで待てない人はこちらをどうぞ!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-04-11 19:02 | 旬のみどころ | Comments(0)  

夕焼けシーズン到来  3月4日

f0113639_14135727.jpg

陽ざしはもうすっかり春だけど時おり吹く風はまだまだ冷たい釧路です。
3月ともなれば日に日に日の出は早く、日没も遅くなってきました。
夕焼けシーズン到来ですね。
f0113639_14142216.jpg

1年中 陽は昇り沈んでいくので毎日見ることはできるのですけど、この時期は特別
なのです。
それは・・・幣舞橋とのからみ。
釧路川の河口は真西に開けていて春分の日の太陽は幣舞橋の真ん中に沈みます。
(秋分の日も同様ですよ!どちらも若干前後するけどね)
幣舞橋は全国でも例をみない橋にブロンズ像がある橋で、それとのからみがポイント。
太陽の落ちる位置は毎日少しづつ変わっていきますが、夕焼け撮影のポイントの
東部漁協前(センチュリーキャッスルホテル前)はガーブを描いていて太陽の落ちる
位置にあわせて移動できるのです・・・これでいろいろな角度から撮れますね。
春の夕焼けはしっとりしているのがまたいいのです。
f0113639_14144281.jpg

写真が趣味ではない人は幣舞橋から海に沈む夕日をながめ旅情に浸るのもいいですね。
(実際には日高山脈があるので海には沈みません)
これから漁に出る漁船なんかが橋の下をくぐりぬけていくとシチュエーション的には
最高です。
今夜は獲れたての新鮮な魚でぐいっと・・・期待がふくらむというものです。
f0113639_14151022.jpg

釧路は海あり川あり、そして背後には果てしなくひろがる湿原もあります。
湿原の夕陽もまた格別。
写真は春の雪解けが一気に進んで大増水のころ。
昨年の台風後もしばらくこんな風景でしたね。
f0113639_1415307.jpg

細岡展望台も夕焼け撮影では人気スポット。
夕陽に照らされたヨシ原も黄金色に輝き、よく晴れた日は地平線はグラデーションに
反対側の空には星が輝きます。
その頃の気温はけっこう冷え込むので日中暖かいときも万全の防寒スタイルで
礼拝しましょう。
真ん中の人・・・寒いのかな? 腰のくねくねが気になります(笑)
                                      <moyan>

今日はちょうど釧路夕焼け倶楽部による
「夕焼けフォーラム」が開催されました。
夕焼け倶楽部さんは
「釧路の世界3大夕日」世界にむけて毎日ライブ発信中です。

「釧路からのご当地情報」は気まぐれで発信中です・・・・なにさ!      
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-03-04 17:55 | 旬のみどころ | Comments(0)  

白鳥の湖  3月1日

f0113639_1924854.jpg

3月にもなると道東の冬の観光も終盤となります。
冬の観光「道東3白」と言われオホーツクの流氷、釧路湿原のタンチョウそして・・・
わりとあちこちにいる白鳥。
前回はタンチョウの美しさを目いっぱいお伝えしましたので今回は白鳥です。
弟子屈町の屈斜路湖、そうです、怪獣クッシーがいるらしい湖ですよ。
湖岸の砂を掘るとお湯がわき出てくる砂湯は白鳥の越冬地として有名なところです。
冬は背景の藻琴山がきれいですね。
まさに白鳥の湖 首をのばして泳ぐ姿は気品が感じられますね。
f0113639_1965532.jpg

あれっ?こんどはみんな整列して左から右に移動中。
f0113639_193792.jpg

なんで?と言うと・・・・・
近くの売店で白鳥のエサをバケツで買って歩いていると、白鳥はそのバケツを見て
エサがもらえると思ってついていくのです・・・・気品もなにもないね。
白鳥の動く姿をカメラに収めるカメラマンも近くで「ふがーふがー」鳴かれて
うるさいと思うのですけど決定的瞬間を狙って気にならない様子でした。
f0113639_1932372.jpg

今年はなぜかタンチョウの給餌場にも白鳥が多くて、足の短いツルなんて呼ばれて
ます。
湖に浮かぶ姿はきれいなんですけど
陸にあがると・・・短足・おでぶな体型は認めざるをえないのです。
黒いゴム長はいているようにもみえますね。

そんなこんなで湖に浮かぶ白鳥は絵になるけど、陸にあがるとちょっとね・・・
と言う話でした。

変だな 白鳥を褒め称える記事にしようとしたのですが・・・・。
                                      <moyan>


  3月もよろ「ポチ」!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-03-01 19:36 | 旬のみどころ | Comments(0)  

ここでしか見ることができないもの 2月9日

f0113639_18585349.jpg

釧路の冬の観光といえば・・・・イチバンはなんたってタンチョウでしょう!
世界中でタンチョウを見ることができるのはこの時期は釧路管内だけです。
気品のあるスタイル、優雅な舞、赤白黒のコントラスト、
そして写真が撮りやすいあのデカさ!(それなのにピント外れることもしばしば)
いつも裏切らないでここにいる!というのも大事なことです。

早朝まだ暗いうちからにぎわいを見せる「OTOWABASHI」は日の出とともに始る
大ファンタスチィックショーに今か今かと海外のお客さんも期待をふくらませます。
木々にはりついた霧氷は時間とともに満開のサクラのようにも見えます。
そしてけあらしの先に見えるタンチョウの優雅な姿はまた格別なのであります。
しかし、いつもいつも霧氷が付くかというとそうでもなくて・・・
気温が高かったり、風があったりすると残念でしたということになりますが・・
よ~し! 明日はお休みで音羽橋にいくぞ!と決めた7日の朝はまさに残念でした。
それでも春を感じるようなせせらぎに仲むつまじいカップルがお迎えしてくれました。
f0113639_18592696.jpg

この日は10時近くになっても給餌場に飛び立たず残っているツルちゃんたちが
いっぱいでした。
このツルちゃんたちもそのうち飛んで行くのでそれを待ちましょう。
                ・
                ・
                ・
         待ちました  いっぱい。 
            早く飛んでよ!
f0113639_1901025.jpg

願いが通じたのか来ました来ました。
この日は風が強くてツルちゃんたちも向かい風で飛びづらそう。
f0113639_1922281.jpg

最初はパラパラと飛んできたツルちゃんも最後のほうは団体です。
みんないっせいにこちらに向かってきますが、なんせ強風で高度が上がらない様子
それをカメラのファインダーで見てますけど頭上通過するころはギリギリの高さです。
f0113639_1903697.jpg

羽根をひろげると2m40cm日本最大の鳥が頭かすめて飛んで行くのは大迫力なので
あります。

ファンタスティックショーは見ることができなかったけど、
こんな体験も味わってほしいなあ・・・・・・
なんて思うのでした。
                                <moyan>

地元にいるとリベンジできるけど
飛行機代もかかると本当に大変かと・・・・。
北海道観光は天候に左右されることが多いよね。
ご予定のある方はてるてる坊主いっぱい吊るして願ってください。
   
   ここを「えいっ!」と押すといいことある・・・かも。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-02-09 20:26 | 旬のみどころ | Comments(0)  

びみょーにハマるSL撮影 2月5日

f0113639_13343454.jpg

「節分過ぎれば日がのぼる」って昔ラジオでよく聞きましたが、季節の変わり目なのか
ここ数日の太陽の光はやや黄色味をおびて優しく感じられます・・もうすぐ春なのかなあ。
ただ、気温はまだまだ低くて釧路へお越しの際は最強の防寒スタイルでお越しください。

さて、前回に引き続き「SL冬の湿原号」ネタですけど・・・快調に運行中です。
1月28日が運行初日でした。
f0113639_1335210.jpg

初日は特別な日で釧路駅のホームでも出発式のセレモニーが行われます。
たしか数年前はえぞ太鼓がドンドンドドーンと鳴り響き「出発進行!」の掛け声と共に
汽笛の雄たけびで走り出すというような感じでしたが・・・・・
この日はものすごい強風で煙が大暴れ、どこかの国のスモッグを思わせるような
ばい煙で走り去ったあとに残された人は顔が真っ黒?
f0113639_13353453.jpg

とりあえず走り出すと煙は後ろになびいてくれましたが、歩道橋でカメラをかまえても
風であおられて集中力ゼロです。
さすがにこの風では「煙が命」のSL写真には厳しかったのかカメラマンも少なめでしたね。
しかし翌日からは好天に恵まれて、みなさんいい写真が撮れたのではないでしょうか
f0113639_13363854.jpg

SL写真は「釧路からのご当地情報」が始って以来
「そうだ!釧路は冬になるとSLが走ってるじゃないか!」と観光的な要素として
飛びつきましたが・・・なんせその頃はカメラ初心者で大失敗の数々。
クルマで移動して、沿線で撮影場所を確保してシャッターを切るのはほんの数十秒、
失敗したときのショックは大きいのです。
f0113639_183350.jpg

厳しい掟にも遭遇します。
ここはSL冬の湿原号の写真ではもっともポピュラーな釧路川にかかる鉄橋です。
釧路市内にあり川も凍って冬の厳しさが伝わる釧路ならではの撮影ポイントです。
ここはまず駐車スペースが問題で10台くらいの駐車場はあるけど土曜・日曜日は
道路もいっぱいになるので早めに行ったほうがいいですよ。
そして、熱心なカメラマンは早い順番で撮影場所を三脚で確保しているので、その前に
入るときは恐る恐る「ここ・・・大丈夫?じゃまになりませんか?」と声をかけたほうが無難
です。凍った川面とSLを入れる構図があるので前に入られると川面のはずが
後頭部なんてことになるからです。

先日は記事的にカメラマンとSLというテーマでちょっと別な場所から撮りました。
どうせ後ろから撮るので釧路駅出発の10分前くらいに現地到着したのです。
一番良さそうなところはすでに先客がいて三脚をかまえています。
ところがちょうど良さそうな雪山を見つけてそこに登ってやや上から撮るとSLもカメラマンも
入るのでここに決めました。
ややななめ後方に先客がいたのでご挨拶は言うまでもありません。
時計を見るともうまもなく出発です。
たぶんホームのSLは今にも走り出すくらいブルブルしている頃でしょう。
SLの軌跡を予想しながらのリハーサルもバッチリです・・・・が!
「あっ そこ! 今 そこで撮ろうとしたのよ!」といい場所で三脚を構えた先客が・・・。
「え~っ なんで?」と思ったけどそんなこと言ってる余裕はないし・・・。
でも ちょっとまてよ この先客がそのいい場所を離れるということは
そこが空くよね・・・じゃあ 
「それじゃ そこで撮りますよ!」と
「あー そこで撮られるとシャッター音入るからダメダメ!」・・・三脚は動画用ってことか
結局 三脚からはちょっと離れてなんだか中途半端な位置だけど・・・
「そこまで離れたら シャッター音も汽車の音で消されて大丈夫だあ。」 おっ 神の声。
まわりの方が言ってくれました。
それで撮ったのが1枚目・・・リハーサルではもうすこしSLが手前に来たらカメラを振る
予定がバタバタしてたんですね早く振りすぎて、このあとすぐ電柱が入ってしまいました。

・・・と いつもこんな事してますけど SL撮影は楽しいのです。
                                    <moyan>

しばらく更新サボってたら・・・・
なんだかずるずるランクダウンしてた!

 もっとがんばらなくっちゃね。
   どれだけずっこけた?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-02-05 18:22 | 旬のみどころ | Comments(0)  

「SL冬の湿原号」が始まります 1月27日

f0113639_18592812.jpg

毎日厳しい寒さが続いてますが今日は低気圧通過で気温が上がって雨もポツポツ。
氷もとけて道路はビチャビチャになってましたけど、夜になると再び凍ってブラック
アイスバーンとなっています。
みなさん気をつけてご走行ください。
明日は天気も回復するようでよかったです・・・そうです!
明日あさっては釧路の冬の風物詩、釧路駅周辺が煙に包まれるSL冬の湿原号が
運行します。(当社 釧路店もまきこまれます。)
f0113639_18595188.jpg

明日は今シーズンの出発式があってたぶんこんなセレモニーが行われると思われます。
この写真は釧路店近くの歩道橋から・・明日もカメラマンでいっぱいかな?(私も参加)
当社レンタカーご利用の皆様は釧路店でクルマをお預かりしますのでお申し付けください。
f0113639_1901638.jpg

Sl出発直前はそれまでぽやぽやだった煙もだんだん多くなり黒い鉄の塊も命を
吹き込まれたようなかんじに思えてなりません。
初日はまた特別なのです。
f0113639_1935771.jpg

そんなSL C11-171も昭和15年製造で相当老朽化していて毎年のことですけど
「まだ 大丈夫かなあ?」と鉄道ファンは心配でなりません。
調子の悪いときは時々ディーゼル機関車に助けてもらったりしています。
f0113639_1903892.jpg

それよりもなによりも釧網線が廃止になるんじゃないか?という心配もあります。
いっぽうで風光明媚な国立公園(釧路湿原・阿寒・知床)を通過、知床は世界遺産にも
なっていて世界鉄道遺産で残そうではないかという運動もあるようです。
SL冬の湿原号は釧路駅ー標茶駅までの往復なので網走の流氷とかは見ることが
できませんけど厳冬の釧路湿原とタンチョウをはじめとする野性動物と・・・・
この寒さのなか、なんでこんなところにいるの?という
雪に埋もれているSLカメラマンはよく見かけます。
f0113639_1911724.jpg

Slを追っかけるカメラマンも多くいますけど冬の道路状況はすべりやすいところも
あるので充分気をつけて無理のない行程でお願いしますね。
山の上からSL写真を撮る山岳部の方は遭難しないようにお願いします。

運行期間は途中何日かお休みの日がありますが2月28日まで
今年は天候に恵まれて運休のないことを願いたいものです。
                                   <moyan>


SL冬の湿原号が始まるとツルちゃんやキツネのコンちゃんだけじゃなく
ネタ写真の撮影が俄然忙しくなります。
今年は車内からの撮影もしたいけど片道1860円だったかな?
標茶からの帰りは普通列車ですね・・・これもまた良しとしますか。

   ランキングの調子は良し?悪し?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-01-27 20:16 | 旬のみどころ | Comments(0)  

舞踏会がはじまるよ 1月17日

f0113639_12373136.jpg

昨日は釧路もひさしぶりの雪がほんの5センチほど降りました。
北陸の雪にくらべりゃかわいいものです。
この雪に喜ぶのはタンチョウ撮影のカメラマンさんたち。雪の上のタンチョウも新雪で
いっそう美しさが引き立つというものです。

15日は予報に反して天気が良かったので1年ぶりの阿寒国際ツルセンターへ行って
きました・・・そうです、激しくランキングでデットヒートをくりひろげているミキィちゃんの
いるところです。
早朝の音羽橋の風景もすばらしいけど、ここもキンキンに冷え込んだ時の霧氷を
バックに飛んでくるタンチョウはすばらしいのです。
しかしこの日は霧氷はイマイチでちょっと残念・・・・ちょっと乾燥気味だったのかな。
でも、とびっきりのモデルなのでそれなりに撮れるでしょう。
まずは「防寒着の内部構造」・・・ちょっと色気がなかったので
「オー! モーレツ」・・・スカートがまくれたようにみえるので これは古すぎましたね。
f0113639_1238575.jpg

ツルセンターの魅力のひとつが「グルス」の裏側ビオトープ。自然なかんじがいい!
キラキラ輝く霧氷をバックに飛ぶタンチョウは美しいのです。
朝、ねぐらから飛んでくるとこれからステージが始るような雰囲気に見えませんんか。
f0113639_12382920.jpg

こちらは観察センター側。
今シーズンは鳥インフルエンザの感染予防のため、海外からのお客様にも大人気の
「お魚タイム」が休止になってます・・・海外にも知れわたっているんですね。
観光業者としては早く終息して再開を願うところです。
そんなことでタンチョウもなんだか静かです。
しかし・・・・事態は一変
横いっぱいにひろがってラインダンス?
みんなバタバタしてますよ。
これにはワケがあって
f0113639_12385142.jpg

ちょっと寸詰まりのF1フェラーリ登場!
なにやら撒いてますけど、後続車を妨害するのか?
マリオカートのバナナはよく滑るけど・・・・
こんな車はチキチキマシン猛レースにもなかった・・・なんてね。

それは冗談でエサのトウモロコシを撒いてます。
ツルちゃんたち起きがけののんびりしているところにフェラーリ登場で右往左往して
バタバタしていたのでした。
                               <moyan>

トラクターも最近のはカッコいいですね。
GPSもついて自動運転もあるみたいですよ。

    例のランキング
    ミキィちゃんと激しく競り合ってます。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-01-17 19:22 | 旬のみどころ | Comments(0)  

飛んでるよ いっぱい  12月5日

f0113639_1314241.jpg

11月には この寒さ師走のようです・・・なんて言っていたのに12月に入ってからは
みょうな暖かさで調子狂います。
でも、明日の午前中は雪マークがありますよ、車の運転は注意しましょう!

さて、雪景色でもあれば季節感の漂う記事にもなるのですが・・・そんな時は
空に目を向けると飛んでいるじゃあ~りませんか!
そういうわけで今日は飛んでいるツルちゃん特集です。
f0113639_13144091.jpg

地元に住んでいると飛んでいるツルちゃんは何もめずらしいものではありませんが・・
初めて見る人は「わぁー 飛んでる!」みたいな感じでしょうか?
なんせあの大きな鳥が頭をかすめて飛んで行き、目の前に降りてくるのですから。

日本で一番おおきなタンチョウはさすがにすぐ飛び立つことはできないので
飛行機のように助走が必要です。
f0113639_1314581.jpg

澄み切った青空に浮かぶ純白のボディーはきれいですよ!
そうだ・・またグループ会社新春広告のオファーがきたらこの写真使おうっと。
新聞社さん・・またうまい具合にレイアウトお願いします。
文字入れやすいように余白残してますからね。
f0113639_13151941.jpg

飛んでいる物は常に動いているのでカメラのピント合せが難しいのですけど
カメラによっては動いているものもピントが追従してくれるすばらしい装置がついて
いるものがあるので大いに活用しましょう。
f0113639_13154628.jpg

ピンボケやシャッタースピードが遅いときも時には躍動感があったりするので
何がいいのか解らなくなることもよくあります。
「へたな鉄砲 数打ちゃ 当たる」 これでいきましょう!

今までもツルちゃん写真を撮りに行って失敗することが多くありました。
それはテーマがしぼれていないときで、なんでもかんでも撮ってしまうと平凡な写真ばかり
こっちで鳴くと「パシャ」 あっちで飛ぶと「パシャ」とやっているとそうなりやすいのです。
「気合」の入り具合がねえ・・・。
その日の状況に合わせて「テーマ」を決めたほうが渾身の1枚・・・あれっ?
さっき言ってた「へたな鉄砲・・・・・」と違いますね。
「へたな鉄砲 怒涛の連写」こんな感じでいってみましょうか。
f0113639_1316104.jpg

風の強い日はなにかとおもしろいものを見ることができます。
鳥も飛行物体なので風の影響はまともに受けます。
強風の日はねぐらから飛び立てず運休することもあります。
この2羽 上からぶらさがっているようにも見えますが、風が強くて降りられないでいます。
この後ぐらぐら揺れてようやく着地しました。
f0113639_1316307.jpg

こちらはその年に生まれた幼鳥と親鳥。
幼鳥はまだ飛行技術が怪しいので、こんな「おっとっと」みたいにバランスをくずして
いますね。
f0113639_13165460.jpg

「おっ キタキタ!」3羽がまっすぐ来ましたね・・でもね
このまままっすぐではなくて、大抵は着陸寸前でぐるんと曲がって着地します。
このほうがスムーズな着地ができるようです。
f0113639_13171591.jpg

着地寸前のブレーキ。
足はもう着地する用意ができています。
f0113639_13174039.jpg

数十羽が一度に飛んできて着陸することもあります。
今まで静かだった給餌場もとたんににぎやかになります。
f0113639_1318462.jpg

そして日が沈むころねぐらに帰るのです。

と・・いうことで全国各地から集まったカメラマンさんたちも朝早くから日が沈むまで
ツルちゃんを追いかけるシーズン突入しています。

1度でいいから根雪がほしいところです。道路にはいらないけど地面に雪があると
光が下から反射してツルちゃん達をいっそう美しく見せてくれるんですよ。
よけいな物も隠してくれるしね。
明日の雪はカメラマン待望の雪になるかなあ・・・・みぞれっぽいかもね。
                                 <moyan>

1年なんて早いものですね
毎年恒例の自分で選ぶ記事ベストなんとかも
考えないといけない時期になってきました。
   もし なんだったら
     「ぽち」など
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-12-05 18:20 | 旬のみどころ | Comments(2)  

今年の紅葉はどうかなぁ 9月30日

f0113639_14182320.jpg

10日ぶり?・・・・すみませんサボってました。
10日間のあいだに負けられない天王山首位決戦は敵地に乗り込み、
ほぼ大多数の北海道民が逆転サヨナラ負けを覚悟したであろう大飛球を
スーパーキャッチで勝利をつかんだ1戦目。
そして大丈夫?大丈夫なの?と不安だった有原投手のナイスピッチングと
ホークスの追撃も許さぬ主砲のダメ押し2ランホームランで見事首位奪取。
25日はいてもたってもいられず札幌ドームへ行ったら大谷選手のすごいのなんの
同点打は代わったピッチャーの初球をいとも簡単に(そう見えた)センター前ヒットでしょ。
この日3安打目はセンター前ヒットと思ったらドライバーショットのごとくセンターの
頭上を越えショートバウンドでフェンスに当たるものすごい打球からチャンスをつくり
まさかのワイルドピッチでサヨナラ勝ちでマジック3。
その後、息抜きもあったけど奇跡の優勝を決めたのはやっぱり大谷こんどは投手。
打者で打率.322ホームラン22本 投手で10勝 防御率1,86
(規定打数・規定投球回数にちょっとづつ不足。クリアしていれば打率2位 防御率1位 )
でも、何年かしたら大リーグに行ってしまうんだろうなあ(悲)

そういうわけで10日もサボったんです・・・ウソですよ仕事が忙しかったことにしてください。

で・・・すっかり釧路も秋めいてきました。
紅葉にはまだ先ですが、これから釧路に来られる方のために紅葉スポットの紹介です。
f0113639_14184071.jpg

まずは阿寒湖から阿寒川へ流れ出す滝見橋。
滝と紅葉は相性バツグンですよね。
釧路から国道240号で阿寒湖に向かい、もうそろそろ阿寒湖畔というところにあります。
滝見橋手前道路右側に駐車スペースがあります。
f0113639_14185829.jpg

こちらはオンネトー。
阿寒湖から足寄町よりに車で20分ほど国道241号から標識があります。
オンネトー自体がエメラルドグリーンの美しい沼なので、それに紅葉が加わると
美しさ倍増です。さらに欲をいえば目前にそびえ立つ阿寒富士と雌阿寒岳に雪を
かぶると文句なし・・・なんですが、そうやすやすとタイミングがあわないのです。
f0113639_14191455.jpg

これは白糠インターチェンジ付近の茶路川です。
フライフィッシャーあこがれの茶路川での釣り人を撮りましたが紅葉もなかなかでした。

釧路管内ではあと川湯や屈斜路湖周辺もスケールの大きな紅葉が、鶴居村では
紅葉とタンチョウのコラボレーションがあったりと楽しみな季節を迎えます。

ただ、今年は例の台風の影響があって植物の様子がちょっとおかしいのです。
暴風で葉を落とされた木からは今ごろ新芽が出てきたりで赤くなるのでしょうか?
気温も例年にくらべてやや高めで推移しているので10月中旬すぎから色づきそうな
気配です。
                                   <moyan>
今日は札幌ドームでファイターズの最終戦です。
ファイナルステージまでナイターが無いのはさびしいのですけど
今年は遅くまで野球が楽しめていいですね。

今日で9月も終わり、10月早々からスタッドレスタイヤの交換に追われて
いつになったらヤレヤレできるのでしょうね。
 
 ここの順位は! ピンチ!←サボったせいですね。
     ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-09-30 15:55 | 旬のみどころ | Comments(0)  

待ってました夕焼けシーズン 9月20日

f0113639_1981044.jpg

今度は西日本で台風が大暴れしているようです。北海道も先ごろの台風の被害が
未だに癒えていないところがいっぱい。
何か最近の天気は大災害をもたらすことが多いですね・・・異常気象なのかな?
雨・雨・雨が続いた釧路の夏。
釧路の夕日を拝みたかった観光客も多いはずですが・・・申し訳ございませんでした。
ようやく最近は拝めるようになってきましたよ。
f0113639_1982933.jpg

秋分の日あたりからは釧路のシンボル幣舞橋もからんで絶好の撮影&参拝シーズン
を迎えます。
直接沈み行く真っ赤な太陽を拝むなら幣舞橋のフィッシャーマンズ側の歩道から、
ブロンズ像をからめた写真撮影は反対側の歩道からがいいですよ。
f0113639_1984734.jpg

幣舞橋とブロンズ像を絡めるにはキャッスルホテル側の東部漁協前の岸壁からが
おすすめです。
今なら夕方5時前ころまだ太陽が高い時間に現地についてブロンズ像と太陽が
絡みそうな「ここだ!」という場所に三脚を構えます。
ピーカンで晴れているときはいいけど、下のほうに雲がかかっていることも多く
せっかく、さあこれからという時に雲のなかに消えてしまうこともしばしば。
そして、日没予測した場所がぜんぜん違って3脚をかついで大移動もよくある
ことなのです。
週間予報はようやく晴れマークがならぶようになりましたね。
                              <moyan>

朝晩はめっきり冷えてきてストーブの出番となりました。
秋の紅葉も気になりますが、8月の台風の影響で
ナナカマドの赤い実はなっているのに新芽がでている
変な光景がひろがっています・・・サクラは咲くし。
やっぱり普通がいいよね。

     「ここ」の只今のランキングは普通です。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-09-20 20:03 | 旬のみどころ | Comments(0)