カテゴリ:おすすめレンタカー( 34 )

 

『TANK』と言っても戦車じゃない 4月1日

f0113639_1810356.jpg

今日から新年度がスタートしましたね、トヨタレンタカーも今日から「安心Wプラン」と
いう新しい保障サービスが始りました。
ちゃんと説明できるかドキドキしてましたけどなんとかしました・・・・ふぅ~。
そのあたりの新しいサービスはトヨタレンタカーのHPをごらん下さい。

さて、新年度1発目は本業のお話、おすすめレンタカーからです。
今回は使い勝手の良いコンパクトカー『たんく』です。
ひらがなちょっとカッコ悪いですかね『TANK』これでどうですかクルマらしいですか?
f0113639_1811527.jpg

TANKのいいところはなんたってスペースの広さ。
かつて軽自動車が規格サイズではやっぱり狭いぞ、という時に思いついたタテヨコが
いっぱいいっぱいなら高さがあるじゃないか!と発売したワゴンRが大ヒットしましたね。
その後も軽自動車は空間を上に上に伸ばして販売台数も伸ばしていきました。
これを普通車サイズで高さをのばしたのがTANKです。
f0113639_18113477.jpg

ベースはたぶんパッソかな?エンジンは1000ccで走りはまあまあ(実用上は充分)ですよ。
そもそもブンブン飛ばすタイプのクルマではありません。
レンタカー的にはいっぱい乗れて荷物もいっぱい積める、こういうタイプのクルマは
非常に使いやすい、まさに使い勝手の良いクルマなのです。
f0113639_18123936.jpg

後ろのイスをたたむとフラットの広い空間がひろがり大量の荷物も大丈夫。
リヤゲートのまわりがボルト締めみたいでタンクっぽいですね・・・ガスタンク?
f0113639_1813168.jpg

インパネはわりと実用的でC-HRのような遊び心は微塵もありません。
個人的にはこういうほうが好き。プロボックスバンみたいに最初から携帯電話スタンド
なんかがあると「なんてユーザーのことを考えているのだろう。」と感心してしまいます。
f0113639_18132574.jpg

そんなことを考えていると・・・・
ボディー側面に住まいのことなら〇〇建設なんて書いていると似合うような気がしませんか?
材料とか工具とかいっぱい積めそう。
f0113639_18135119.jpg

本業の話・・・・やっぱり褒めてるのかどうなのかわからない話になってしまいましたね。
こんなのでいいのでしょうか?
でも、すでにこのクルマが気にいった固定ユーザーもいますので、いいクルマですよ!

最近の釧路の話題
なんと今頃 はるばるオホーツクの流氷が知床半島を回り、納沙布岬を回り
南風にあおられて釧路へ到着しました。
生まれ故郷はロシアのアムール川です地球ロマンを感じますね。
                                   <moyan>

今日から新しいスタッフも加わりパワーアップしました。
でもね、おじさんはよる年波でパワーダウンしていて
プラスマイナス0でしょうか。

    「ここ」も行ったり来たりかな?
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-04-01 20:30 | おすすめレンタカー | Comments(0)  

スタイリッシュSUV C-HR登場 3月9日

f0113639_15555872.jpg

いつもはツルちゃんがどうした・・とか、
SLの煙に萌える~・・など いったいなに屋さんなのかわからなかったでしょ。
今日はつまんないので評判の本業レンタカー屋さんの話なので覚悟して見てね。

おすすめレンタカー(こんなカテゴリもあるんですよ!)
今回はちまたで流行りつつあるSUV(sports uti・・・日本語ではスポーツ用多目的車)
トヨタが本気で作った(もちろんいつも本気) C-HR。
インパクトがなかったのでC-HR(少し大きくしてみた)
f0113639_15562484.jpg

昔はこの手の4WD車はRV(レジャー・ビークル)と呼ばれていたのですけどね、
いつのまにかSUVと呼ばれて、レンタカーの料金もRVからSUVに変わりました。
変わったのはスタイルもぐ~んとかっこ良くなって実用的なスタイルから、なんだか
スポーツカーをイメージするようなクーペスタイルに変身しています。
このスタイルで北海道のオフロードが似合うかな?
だって春先は雪解けで道路もぐちゃぐちゃですからね、どちらかというと高速道路の
ほうが似合いそうですね。
f0113639_15565747.jpg

4WD車はエンジンも新型、1200cc(えっ?以外と小さい)しかしターボ付きなのです。
これで馬力は116馬力・・・・今のエンジン技術はスゴいですよ。
余談になりますが・・以前TBS系でトヨタ自動車が誕生したころを描いた「リーダース」と
いうドラマがありましたがエンジン製造では苦労していましたね。
3月26日は続編の「リーダースⅡ」が放送されます。
全国のトヨタマンはこれを見た感想文を書かされるのです・・・・なんてウソですよ。
f0113639_15571929.jpg

C-HRの前身はRAV4という車でした。レンタカーでも大活躍でしたね。
特に道東では野性動物の生態系調査などもあり、なんだ坂こんな坂と農道林道を
駆け回りけっこうキズだらけで帰ってくることも・・・・・。
このピカピカのスタイリッシュな車もそうなってくるのでしょうか?
みなさん だいじに乗ってくださいね。
f0113639_15574029.jpg

オンロードの走りはいたって快適・・・・乗用車以上?
ターボが効いたかどうかもわからないくらいのスムーズなターボエンジンと、プリウス
ゆずりの足回りで道路にへばりつく感じがなんともいいのです。
リヤのダブルウィッシュボーンサスペンション、突き上げが少なくて道路の継ぎ目も
さほど気になりません。
f0113639_1558459.jpg

ハンドルまわりはこんな感じでハンドルにはなにやらいっぱいスイッチが付いています。
ディスプレー画面やオーディオを操作するスイッチ類ですけど慣れないと使い方が
わからない人も多いと思う・・・特にレンタカーのお客さんは。
f0113639_15582179.jpg

洗練されたスタイルからは田舎よりも都会が似合いそうですね。
私もこんなかっこいい車が似合うイケてるおじさんになりたかったけど・・・・
普通のおじさんになりました。
                                        <moyan>

いいんです私はヴィッツで!

こんなのでクルマのPRになったのでしょうか?

  このところずっと4位5位が定位置
     上位の壁は厚いなあ。。。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2017-03-09 20:14 | おすすめレンタカー | Comments(3)  

レンタカーラインアップ~新型プリウス 1月12日

f0113639_14405846.jpg

今朝はしばれましたー。
阿寒湖畔はマイナス21,2度、釧路市内はマイナス14,8度で今期最低を記録しました。
何年か前はマイナス20度とかはよくなりましたが最近はせいぜい16~17度くらいで
地球温暖化をしみじみ実感します。
そんな地球環境のさらなる飛躍をめざした
新型プリウスがレンタカーにラインアップされました!
(なんとCM的な言葉の数々・・・・・つまんない予感するでしょ。)
f0113639_14412812.jpg

今回ラインアップしたのは新たに開発された4WD・・・・これがミソです。
北海道のために作られたと言っても過言ではない4WD。
レンタカー屋さんも夏の間は大活躍のプリウスも冬になると他の4WD車の旅立ちを
駐車場の奥で寂しそうにしているプリウスは気にはなってたものです。
でも、これで4WDの仲間入りを果たして安心です。
(年頃の娘を持つ親心というか・・・ あとはいいお婿さんが見つかれば)
f0113639_14415854.jpg

スタイルは以前に比べるとダイエットしたように見えます。
ボテっとしたイメージから重心が下がって平べったくなったような気がします。
フロントの部分は86(ハチロク・・・トヨタのスポーツカー)にも似た感じがしますね。
顔はつり目で精悍な感じ?・・・・だんだん憎たらしくなるかも。
f0113639_14422362.jpg

さあ!それでは実際に乗ってみた感想です。
新型プリウス発表でもう事前に従来型との変更点はお勉強済みですから、その辺を
チェックしながらです。
まずは足回りサスペンションですが橋や道路の継ぎ目のガツンが少ない。
これは乗り心地を判断するときは重要なのです。
これはボディー剛性も貢献しているようです。
カーブではタイヤが路面にへばりつくような感じが伝わります・・・・これはいい!

音もさらに静かになりました。
ボディーの空気抵抗はもちろんクルマの床下にまで整流板をつけて
空気抵抗を減らしてます。
この空気抵抗が少ないと高速道路では威力を発揮しますよ!
もちろん燃費にも。
f0113639_14424466.jpg

走りの面ではアクセルを踏むと高級感のあるしっくりくる走りという印象です。
(この感覚は大いに個人差があるし、言葉で伝えるのはむずかしいなあ)
その日の気分にあわせて走りを変えられるのも魅力。
モードはエコ・ノーマル・パワーと3段階に切り替えられ走る楽しみが増えます。
燃費重視のエコモード・・通常はこれで充分
気分を変えてノーマルモード・・ノーマルとは言えけっこう力強い
ガンガン走るパワーモード・・後ろから押されるような力強い加速感が味わえます。
4WDだからといって後ろから押しているということではないけど、なんだろうこの感じ。
4WDインジケーターが付いていて動力の配分がわかるのですが、発進時以外で
乾燥路は後輪のモーターは回りません。
でも、これが凍結路では大活躍しそう。
f0113639_1443678.jpg

レンタカーのお客さんはめったに空けないボンネットの中はこんなふうになっています。
ハイブリッドはエンジンとモーターで動くので複雑なんです。
ぎっしり詰まってますね、新型はバッテリーがエンジンルームに移動しました。
f0113639_14432523.jpg

ハンドルまわりはこんなふうになりました。
レンタカーのグレードはSというグレードです。ハンドルとシフトレバーのあたりが
白いのがアクセントですね。
個人的にはシフトレバーの位置がちょっと下のほうになって操作するときに
けっこう手が伸びるけど気になるほどではありません。
トヨタセーフティーセンス(自動ブレーキシステム)もランクアップしてTSS-Pや
トラクションコントロール(TRC)や横滑り防止システム(S-VSC)も装備。
強化されたボディーと相まって安全性も格段に向上しています。
もちろんそんな装備のお世話にならない運転がいちばんなのは言うまでもありません。

気になる燃費はもちろん世界ナンバーワンの40,8km/ℓ (4WDは34,0km/ℓ)
レンタカー料金クラスはHV2クラスです。
4WD指定の際は別途1日 1,620円かかりますのでご了承願います。

新時代の走りをレンタカーで体験してみませんか。
                               <moyan>

やっぱりカタログの言葉がしみついて踊らない。
     「ここ」は踊るか?           
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-01-12 19:20 | おすすめレンタカー | Comments(0)  

PRIUS!IMPOSSIBLE 12月15日

f0113639_12262538.jpg

暖冬小雪の釧路、きょうも雪ではなく雨が降っています。この雨が夜に凍らなければ
いいのですけど12月も中旬ともなれば朝は氷点下ですからね気をつけましょう!

さてさて、もうみなさんテレビコマーシャルとかでご存知かと思われますが
先日、4代目となる新型プリウスが発表されました!
あ~いつものモデルチェンジね・・・・ではなくて
今回はなにやら根本的に設計変更がなされてエンジンもボディーも足回りも
全部が新しいと言っていいほどです。
TNGA(TOYOTA NEW GLOBAL ARCHITECTURE)
トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーと言います。
「もっといい車を作ろう」ということで、クルマ作りを根本から見直した大改革の
1号車が新型プリウスなのです・・・・・読者のみなさんはどうでもいい?
社内的には新型プリウスについての商品知識テストがあるので要チェックですよ。

北海道でありがたいのは今回4WDが加わりましたよ。(悲願達成!)
HYYD(北海道はやっぱり四輪駆動だべさ)
これはテストにでません。
f0113639_12271473.jpg

レンタカーでもこの時期の予約は4WD指定がほとんどで夏の間は大活躍した
プリウスも冬は駐車場のすみで他の車をしり目にひっそりしていることもよくありました。
釧路は雪が少ないところなのでFFでもなんの問題もないことが多いのですけど、
昨年のようにドカ雪が降ったときはやっぱり4WDが威力を発揮します。
そしてテカテカの上り坂発進これもちょっと苦手な部類でした。
でも・・安心してください 4WDがなんとかしてくれます。(なんとかって何だろうね)
メカ的には後輪側に小型のモーターを付けただけなんですけど、プラモデルの
モーターみたいなわけにもいかないのです。
f0113639_1227396.jpg

普段の発進時は前輪80:後輪20の割合で動力が伝えられますが、滑りやすい
路面では動力配分を微妙に変えています。
また、通常走行時も前後の回転差やステアリングの切れ角やアクセル開度
その他加速度に応じて動力制御を行い前輪10:後輪0から前輪40:後輪60の
範囲で制御されます。
小型モーターですが通常走行ではこれでじゅうぶん。
その他VSCやTRCが滑りやすいところでは大活躍して安全に貢献します。
f0113639_12265457.jpg

プリウスに限らずハイブリット車のセールスポイントは燃費です。
今回もやってくれました世界最高40.8km/ℓ(4WDは34km/ℓ)バイク並みです。
実際は2割から3割落ちますけどそれでもすごいね。
と・・・今までならここで終わるところですが、今回はプラス走りの面でレベルアップ。
まずは低重心とボディー骨格の剛性アップで操縦性アップ。
そしてリアサスペンションはショックや突き上げの少ないダブルウィッシュボーン式を
採用してます・・・・レーシングカーとか高級車並みなんですよ。
燃費や走行性能にも影響大の空力性能はフロアアンダーカバーで床下
(下からのぞかないと見えません)も平らにする徹底ぶりなのです。
こんなところにもこのプリウスに対する意気込みが見えるでしょ。
そのほかラジエターが冷えているときはシャッターを閉めるグリルシャッターとか
(全自動です)寒冷地は車内がすぐ暖まっていいね。
空力性能もよくなるんだって。
f0113639_12283328.jpg

「なんだ?かっこいいぞ!」エゾシカちゃんも興味深々・・・・そんなワケないですね。

レンタカーのデビューは1月を予定しています。
当然4WDですよ!
今回は先日行われた展示会の車両であざやかな赤でしたけど、レンタカーは派手な
色は敬遠されるお客さんが多いので地味~な落ち着いたシルバーとか
いちばん無難な白がラインアップされる予定です。
登録されたら今度は実際に乗って感想をお伝えしますね。
                             <moyan>

今年もあとわずかとなってきましたね。
そろそろ今年の総集編とか
クリスマス用とか
来年の元旦用のネタを考えます・・・
安心してください ちゃんと仕事もしてますから。
   あいかわらず激戦中。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-12-15 18:43 | おすすめレンタカー | Comments(4)  

ときには満塁ホームラン~新型シエンタ 10月30日

f0113639_15334991.jpg

ひさしぶりのレンタカーラインアップですよ!
今回はシエンタ・・・・シエンタって 知ってた? (まあ いいですスルーしてください)
ヴィッツやアクア、プリウスの華々しい活躍から比べると決してトップバッターや
クリーンアップを打つようなポジションでもないし、
でもちょっと味のある打順でいうと7番とか8番あたりでしょうか。
ふだんはコツコツ当てるだけなのに、相手が油断するとホームランも有りで、
さながらいざというときの7人乗りは満塁ホームランのようなものです。
f0113639_15342572.jpg

今回は大胆なモデルチェンジで今までのおとなしいイメージを払拭しました。
ヘッドライトやテールレンズからモミアゲが伸びてあごひげ状につながる
黒いラインが特徴的です・・・・このデザインは賛否分かれそうな気がします。
f0113639_15344348.jpg

この斬新なデザインなのでボディーカラーもポップなカラーが用意されているようですが
レンタカーではポップなカラーは敬遠されることが多いので無難な白です。
個人的には赤とか黄色とか大好きなんですけどね。
f0113639_15353313.jpg

「なんだ! ごちゃごちゃうるさいなもう。」と現れたキタキツネのコンちゃん。
ちょうどカラマツの紅葉が背景に入る場所で撮影していると現れた。
f0113639_15361168.jpg

観光ぎつねではないみたいだけど、警戒心はあまり感じられません・・・なめられてる?
エサを探し回っているみたいでシエンタはおいしそうな匂いがしなかったようです。
f0113639_153758.jpg

「それじゃあ シエンタの続きやりなよ!」というので・・・・
f0113639_15372088.jpg

しもぶくれ?
モミアゲから伸びるあごひげや口ひげがやっぱり印象的。
f0113639_15374266.jpg

室内に目をうつすとメーター類が上のほうにあるのがわかりますか?
目線をあまり動かさないようにしているみたいです。
今までのトヨタ車とはちょっと違うイメージですね。
f0113639_1538480.jpg

コンパクトなボデーサイズに3列シートはなあ・・・・と思ったら。
意外と高さがあるのでそんなに窮屈ではないのです、だからといって足を伸ばせる
ほどでもないですよ。
f0113639_15382026.jpg

3列目までシートを出すとトランクルームはさすがに狭くなるのでレンタカー予約の際は
荷物のことも考慮してください。特に冬は防寒服などで荷物が多くなりやすいものです。
逆に3列目のシートをたたむとかなり大きなスペースが生まれます。
f0113639_15384328.jpg

もうこの時期になると北海道もぐ~んと寒さが増して天気予報に雪のマークもチラホラ
皆さんからよく問い合わせのある
「スタッドレスタイヤは履いてますか?」ということですが・・・・
   安心してください 履いてますから
f0113639_15391883.jpg

わざわざタイヤを強調して、これを言いたかったみたいですよ!・・・この時期しか言えない
でもね、スタッドレスタイヤといえども、すべるものはすべるのでこれからの季節は
じゅうぶん路面状況に注意して走行しましょう!
                                   <moyan>

またまたクルマで遊んでしまいました。
こんなのでPRになるのでしょうかねぇ
     「ここ」なかなか激戦中!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-10-30 18:01 | おすすめレンタカー | Comments(2)  

あの車は今  9月8日

f0113639_16345841.jpg

朝晩はぐ~んと冷えて秋の気配がいっそう濃くなった釧路です。
北海道では9月に入るとストーブやスタッドレスタイヤのテレビコマーシャルが始ります。
ちょっと早いようですが、レンタカーも10月の中旬からスタッドレスタイヤへの交換が
はじまるんですよ・・・・・あ~ あと1ヶ月もすればそんな時期なんですね。
写真は一昨年の冬に行われていた雪道体験テストドライブ。
テストカーはなつかしい「スターレット」です、今はその名前もなくなりましたが
今日はそんな懐かしいトヨタ車の名前を取り上げてみました。
f0113639_16341540.jpg

「スターレッ」トは「パブリカ」の後継としてその当時のトヨタ車ではいちばん小さな車でした。
初代はFF車がこれからのコンパクトカーの主流になりつつあったのに対して
オーソドックスなFR車だったのです。
コマーシャルはスポーティーさを売りにラリードライバーがかっこよく運転してました。
レンタカーでも稼ぎ頭で大活躍したものです。
現在は「スターレッ」トのあとを「ヴィッツ」が引き継ぎこれまた大活躍です。
f0113639_16335351.jpg

トヨタ車で初のFF車は「ターセル」と「コルサ」。
コマーシャルは山口百恵さんだったような気がするなあ。
その後セダン型は「ヴィッツ」のセダン型として
「プラッツ」そして「ベルタ」と名前を変えていきました。
軽のワゴンRがヒットしたころからコンパクトカーも背がだんだん高くなり
トヨタでは名車「ファンカーゴ」がデビューしました。カーゴというだけあって
後席をなんと前席の床下に格納すると広いラゲッジスペースが生まれて
夏のレジャーシーズンはレンタカーのお客さんも車中泊した人も多かったようです。
(蚊取り線香臭いのですぐにわかります。)
現在は「ラクティス」が後を受け継いでいます。(後席の収納方法は変わりました)
この1300cc~1500ccクラスには「サイノス」とかドアが上に跳ね上がる「セラ」という
スポーティーかつ遊び心のある車もありました。
f0113639_16362483.jpg

ボディーのバリエーションが増えると名前もどんどん増えて、いつのまにか消えて
いきます。
カローラ系統はバリエーションが広く「カローラⅡ」や「カローラFX」、
「ランクス」や「アレックス」「スパシオ」などもありました。
トヨタ車でもっとも新しい「シエンタ」は「スパシオ」からの流れをくんでいます。
販売店の違いで「スプリンター」もありましたね。
「スプリンター」からは「カリブ」とか「シエロ」
「マリノ」なんかもあってもうごちゃごちゃです。
f0113639_16355080.jpg

「カローラ」とならんで「コロナ」もトヨタを支えてきた車ですが今は「プレミオ」という
名前に替わっています。
ある時期コロナのワゴン系が「カルディナ」と名乗りをあげましたが
今はなくなりました。
このクラスには「カリーナ」もあってこれまたぐちゃぐちゃになるのですが、ある日
「ビスタ」という車があらわれた!
ビスタはまだFR車だったこのクラスにFF車でデビューしました。
ワイドトレッドとロングホイールベースを武器に広い室内空間を確保して・・・
そしてなにより北海道にとってありがたいのは雪道に強かったのです。
この車をベースに「ナディア」とか後になって「opa」とか「Will」といった
変種がうまれます。
「カレン」という2ドア専用車もあってかっこいい車でした。
スタイルが可憐なのでカレンという名前をつけたんだと信じてました。

コロナの兄貴分に「マークⅡ」がありましたが、その姉妹車「チェイサー」・「クレスタ」も
懐かしい名前です。ターボとかツインカム24という強力なエンジンを積み
内装は豪華絢爛、たまにしか使わないあまり意味のない装備もご愛嬌です。
でも、カタログを見るとワクワクしたものです。
その後チェイサーとクレスタの名前はなくなり、「ヴェロッサ」とか「ブレビス」と
いう名前の車が出てきましたがすぐに消えたような気がします。
「マークⅡ」はいつまでもナンバー2じゃいけないだろ・・・ということで
「マークX」という名前に替わっています。
(xは未知数なんだって、バツでもペケでもないのです)
f0113639_1637153.jpg

ハイエースやライトエースのバンから発展したワゴンもいくつかの変遷があります。
2000ccクラスのエンジンを積んで3列シートの7人乗りで登場したのが「イプサム」でした。
これはレンタカーでも人気がありました。「ガイア」という同じコンセプトの車もありました。
いずれも名前を継承せず現在は「WISH」と「アイシス」となっています。
f0113639_16372085.jpg

ワンボックスワゴン型は「ハイエースワゴン」が現在は「アルファード」とか
「ヴェルファイア」にその途中の経過では「グランドハイエース」とか「グランビア」と
いうのもあって紆余曲折を経て現在に至っています。
ワンランク下の「ライトエースワゴン」・「タウンエースワゴン」の時代には
「マスターエース」というのもありました。
現在は「VOXY」と「ノア」そして「エスクァイア」に受け継がれています。
f0113639_1641373.jpg

2000cc以上の高級車はあまり目にすることがなくて、いつ出てきていつ消えたのかも
はっきりしませんが「アリスト」とか「アバロン」なんていうのもありましたね。
レンタカーにもありましたがあまり活躍しなかったので印象薄いのです。

小さくて、あまり活躍しなかったけど印象深いのは「IQ」。
なんせ軽自動車よりも小さいのです。
小さくてもがんばっているんだぞ!という顔が印象的でした。
                                      <moyan>

クルマの名前をつけるのも大変だろうけど
記事のタイトルをつけるのもちょっと大変なんです。
前々回の「カヌーに揺られてどんぶらこ」・・・ひどかったですね。
今回はタイトルがすでに決まってました・・・いえーい!

そんな時に限ってここで立ち止まるのです。
   ふつうに「えいっ!」っとしてください。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-09-08 19:29 | おすすめレンタカー | Comments(0)  

トヨタセーフティーセンスってなんやねん 7月26日

f0113639_18255232.jpg

本州も梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑、お見舞い申し上げます。
梅雨のない北海道ですが梅雨前線が北上したのかムシムシする日が続いたり
雨がポツポツ降ったりでここ数日はパッとしない天気が続いております。

さて、きょうはコマーシャルなどで知っているけど実際はどうなんだろう?という
被害軽減ブレーキ・自動ブレーキ・エマージェンシーブレーキ(各社呼び方はいろいろ)
トヨタはトヨタ・セーフティー・センス(略してTSS)トヨタが一番ピンと来ないかも?
ようするに大まかに言うとドライバーが前のクルマが止まっているのに気づかないで
追突しそうなときに自動でブレーキをかけてくれる装置です。
f0113639_18272633.jpg

トヨタもカローラアクシオやカローラフィールダーに搭載されてレンタカーにも登場
しています。
今のところ台数はまだ少ないのですが将来的には全車標準装備になりそうです。
クルマに搭載されたカメラとレーザーレーダーの2種類のセンサーで傷害物を
感知して自動ブレーキをかけるのですが・・・・・。

前に研修会があってテストコースにて時速30㎞で傷害物に向かって車を走らせます、
このときハンドル操作や障害物が目前にせまってもブレーキを踏まないようにと注意が
あって・・・・・突っ込みます。
「あ~そろそろヤバイなあ~」と思った頃
後ろの座席に乗っている人がシートベルトをしていなかったら飛んででいきそうな
急ブレーキがかかって、間一髪セーフです。
(時速30㎞でそういう状況なので後部座席の人もシートベルトしましょう!)
それでは30㎞以上ではどうかと言うと・・・間一髪アウト!もあります。
でも、がんばって猛烈なブレーキをかけているのでぶつかった衝撃はやや和らぐ
というものです。
やっぱりね クルマは急に止まれるものではない、そういう自動ブレーキが利く前に
しっかり前を見て安全運転しましょう!・・・という事です。
今回搭載されたシステムは時速10㎞から80㎞まで作動する最高レベルなんですよ。
f0113639_18283945.jpg

そしてもうひとつ。
道路を走っていてついウトウトしてしまったり、わき見をして車線からはみだして
しまい正面衝突や路外転落なんて重大事故もあります。
それを予防するのがレーンディパーチャーアラート・・・(レーンだけ解ったけどあとは?)
時速50kmのスピードで車線をはみ出すと警報が鳴ります。
しっかり見張られていますね。
カメラで車線を認識して「おや? こりゃ危ないぞ!」という時に「渇っ!」が入ります。
でも、車線を確認できない雪道とかではさすがに使えないようです。
冬の北海道の道路は常識では考えられないことが多々ありますからね。
f0113639_18285776.jpg

おまけにもうひとつ。
オートマチックハイビーム・・・・夜間走行のときにヘッドライトを自動で切り替えします。
教習所で習いましたよね、
夜間に対向車があるときはライトを下向きにしましょう・・と。
基本は市街地だろうがハイビームが基本で広い範囲を照らしたほうが安全なのです。
これもカメラが対向車のライトを感知してくれるのですが・・・
街の灯りとか信号機だとか、間違わないのでしょうか?(今度調査してみます)
f0113639_1829206.jpg

カメラとレーザーレーダーはここにあります。
この部分が汚れると感知できなくなるので、いつもきれいにしておきましょう。
ここ・・・ワイパーが届くか届かないか微妙な位置だなあ。
f0113639_18293756.jpg

初めて見る人も多いスイッチ類はハンドル右下の位置にあります。
レンタカーでご利用されるお客様にはこのスイッチを実際に押して、メーターパネルに
表示されたオン・オフを確認して・・これはこんな時に作動するんですよ・・みたいな
説明をしますが、そのうちそんな説明もいらない時代が来るでしょう。
今では当たり前になったABS(アンチロックブレーキシステム)の時もそうでした。
雪の降らない地域の方はあんまり経験がないかもしれませんが
北海道の冬道ではブレーキをほんの少し踏んだだけで
「ダッ ダッ ダッ ダッ」とABSが作動して雪道走行の安全に寄与していますが
「このブレーキこわれてるんじゃねーの?」とよく言われたものです。
今はすっかりなくなりましたけどね。
ABSが標準装備されたときは雪道も楽になりました。
その装置が付く前はポンピングブレーキです、もちろん自分で。
滑りやすい路面ではブレーキを小刻みに踏んで制動距離や方向性を確保します。

むかし、会社の先輩にこのポンピングブレーキの達人がいて
目にも止まらぬ速さでポンピングブレーキをしていました。
足がつらないのかと思ったほどです。
その先輩、ふだんから貧乏ゆすりがクセで・・・
というか ふだんから冬の安全運転のために鍛えていたのかもしれません。
そんな努力も今ではムダな努力になってしまいましたね。(貧乏ゆすりは直った?)
f0113639_1830673.jpg

トヨタセーフティーセンス搭載のカローラフィールダー。
マイナーチェンジして男前になりました。
最近の流行でラジエターグリルが大きくなってますね、よく見ると相当デコボコに
なっていてですね・・・・ここに虫がはさまるとなかなか取れないんです。
今度モデルチェンジのときはレンタカー屋さんのことも少し考えてくださいね。
f0113639_18304991.jpg

いまのところ自動ブレーキのほうは人や動物には対応していないようですが
この手のシステムは進化が早いのでより性能がアップすると思います。
道東ではよくある野生動物との衝突事故もこれで減るといいのですけどね。
ときどき突っ込んでくるのがいるからなぁ。
                                   <moyan>

レンタカー屋さんも夏本番で忙しい毎日です。
予約状況はお盆周辺はすでに満車の車種もあって
特にビジネスの方は早めに予約していただいたほうがいいですよ。
そうそう! 1枚目の写真はどこかわかりましたか?
  わかった人は相当な北海道通ですね。   
      「ぽち」!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-07-26 21:25 | おすすめレンタカー | Comments(3)  

レンタカーラインアップ~アルファードの巻 5月14日

f0113639_1971180.jpg

ちょっと早すぎるんじゃないのという台風も農作物にはちょうどいい雨程度に終わった
釧路です。農作物にもちょうどいいけど、雑草にもちょうど良かったらしくみるみる間に
大きくなったなァ・・・・・そろそろ草刈の準備もしなきゃね。
サクラも例年だと15日ころに日本で最後の開花宣言をするころですが、今年はもう
花も散り始め葉っぱがどんどん出てきています・・・今年はなんでも早くて調子狂います。

さて、時々クルマの話をしないとどこのブログかわからなくなるので今日はクルマの
話です・・・断っておきますが本業の話はつまらないですよ。
f0113639_1973053.jpg

と いうわけで今日はトヨタレンタカーのワゴン系では最上級車のアルファードです。
ワゴン車の歴史といえばそもそもタウンエースバンとかハイエースバンみたいな
商用車から始まりました。
〇〇商店とドアに看板が入っているような車ですね、いすも貧弱でいっぱい商品が
積めるように荷物スペース優先です。
それがある日 目覚めた!
この荷物スペースにイスを置いて人がたくさん乗れるようにしたら・・・売れるぞ!
鉄板むき出しでは味気ないので内装も内張りを貼って、それだけのことでちょっと
ゴージャスになるものです。
この狙いはまんまと当たりました。
f0113639_1975137.jpg

夏はキャンプに冬はスキーに仲間とワイワイ楽しいドライブ!・・・みたいなCMでね。
またたく間にワゴン車は市民権を得てどんどん進化していきタウンエースや
ライトエースワゴンがバンバン売れましたが、いかんせん小型商用車ベースでは
ちょっと狭い、運転席はもっと狭くより大きいハイエースワゴンがにわかに注目され
るようになりました。
しかし所詮、商用車ベースには変わりなくフロントタイヤ上の運転席は長距離
ドライブはちょっと苦手でした。
この殻をやぶったのが「エスティマ」だったと記憶しています・・・たぶん。
いや・・・・今日はエスティマの話じゃなくてアルファードでした。
f0113639_1983562.jpg

で・・・ハイエースワゴンの後継としてレジアスワゴンとかグランドハイエースとか
グランビアというクルマがわずかの期間あって、総まとめで生まれたのが
アルファードです・・・・・・ようやくたどりつきましたね。
ありゃりゃ もう写真が残り少なくなりました。

f0113639_1992473.jpg

この「アルファード」は最上級にふさわしくゴージャスな内装で走るラウンジとでも
言いましょうか、運転席から3列目のシートまでゆったり感バツグンです。
これならロングドライブも楽チン、ドライブというよりはロングクルージングと言った
ほうがぴったり。
(2列目のセパレートシートはハイブリッド車です)
カタカナ英語をいっぱい入れるとクルマっぽいでしょ。

f0113639_1994014.jpg

いっぱい乗れるワゴン車ですけど、実は一人か二人のことが多い。
でも、力強いエンジンとバツグンの走行安定性でドライバーも楽しく運転できるはず。
インテリアも細かいところまで上質でメーターパネルあたりもステッチが入っておしゃれ
ですよ。
商用車ベースのころとは比べものにならないくらい格段に良くなっています。
f0113639_19102628.jpg

気になるフロントマスクはメッキがキンキラキンのラジエターグリルでか過ぎじゃないの?
と思えるくらい大胆ないでたちで高級感をかもしだしています。
最近はラジエターグリルの存在感を押し出しているのがどこの会社もブームかな?

もう日本各地では5月だというのに30度ちかくにもなって、今から30度じゃ夏は
どうなるの?というかんじですが・・・・・・釧路の夏はすずしいですよ!
この夏 ご家族で、友人同士で、会社の取引先とのゴルフも当然ありでワゴンでワイワイ
してみませんか。
                                 <moyan>

ねえ・・・やっぱり本業のはなしはつまらないでしょ。
書いていてもつまんないもんね。
   でも 「ここ」は よろしく。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-05-14 20:55 | おすすめレンタカー | Comments(2)  

商売繁盛ライトバン~今むかし 11月14日

f0113639_11503994.jpg

11月も半ばをすぎると北海道も雪の季節を迎えて、札幌や旭川では吹雪もよう
ですが、釧路では青空がひろがりからっ風が昨晩からビュービュー吹いています
いつもの初冬の風景ですね。
さてさて なつかしい写真は昭和42年ころ創業間もない当社です。
場所は今と同じ釧路市栄町12-1。
今は線路を渡る歩道橋がありますが当時は踏み切りだったあたりから撮った写真かと
思われます。
写っている車も前からセリカ・カローラクーペ・マークⅡと懐かしすぎる車ですぞ。

今日はそんな華やかな車じゃなくて一般家庭には関係ないけど、
はたらくお父さんたちには大いに関係のあるライトバンの話です。
f0113639_1151539.jpg

あんまり色気のない写真は最近モデルチェンジしたプロボックスバン。
フロントマスクを比べないととモデルチェンジ後なのか前なのかわからないくらい
ボデーもそんなに変わってません・・・・というかライトバンの形がもう完成しているので
変える必要がなかったかもしれません。
f0113639_11511618.jpg

でも、中身はいろいろ変わっていて安全性がよりいっそう強化されたり、
仕事中くるまの中に居ることの多いセールスドライバーには収納ボックスや
伝票書きにはちょうどよい引き出しの他1リットルサイズのドリンクホルダーとか
スマートフォンスタンドも装備されて、あまりお金をかけずに便利な装備で居住性や
機能性をアップさせています。
この手のくるまはキンキラキンの豪華な装飾はまったく関係ないのです。
f0113639_1151647.jpg

そのむかし ライトバンのシートといえばビニールレザー製で冬はいつまでたっても
冷たくてカチカチに硬く、夏の炎天下ではやけどするくらい熱くてとっても座れたもの
ではなかったけれど今は乗用車と同じです。
こんなところもお父さんたちを応援しています。
f0113639_11512187.jpg

ただ、後ろのシートは薄っぺらくて、しかもビニールレザー製。

外回りを終わってお昼休みにみんなで美味いと評判のラーメン屋さんに行くことも
たまにはあるかも知れないが・・・・・・
ライトバンの後ろの席はめったに乗らないから立派なシートはいらないという発想
のようです。
f0113639_11523876.jpg

今ではライトバンと言えばこのプロボックスバンと同じボデーでちょっと装備がいい
サクシードバンの2車種しかありませんが・・・・・・。

むかしはスターレットバンから始まりカローラバン、コロナバン、カリーナバン
マークⅡバンや「この紋所が目に入らぬか~」のクラウンバンも立派な王冠マークを
ちらつかせていました。(セリカバンはさすがになかった。)

バンに限らず同じボデーから2ドアセダン・4ドアセダン・クーペ・リフトバック・バンと
まあよく考えたなあ・・・と 次から次と出てきたものですが
最近はなにか寂しくなりました。

それでもかつては街中を走り回っていたカローラバン。
カローラはアクシオという名前に変わり現在も「まじめ一筋」を貫いていますが
カローラバンゆずりの快適で荷物もいっぱい積める機能性を受け継いだのが
アクシオのステーションワゴンタイプのフィールダーです。
f0113639_11525824.jpg

まじめなアクシオをそのままステーションワゴンにするのはつまらないので・・・・
椅子とか内装もちょっとスポーティーな仕上がりになっています。
たしかテレビCMはキムタクだったような・・・・。
名前が示すように北海道のフィールドでは長い釣竿も大型のカメラ三脚もバンバン
積めて使い勝手のいい車です。

しかし・・・・・今度マイナーチェンジするときは直してほしいところがあって

アクシオもそうなんですがセンターコンソールなんです。
椅子に座って肘掛(ふたを開けると小物入れ)になるところなんですが
洗車するため乗り込んだ時にひじの内側をぶつけやすくて、
そのたびにび~んとなります。
いや・・・ケガをするというほどのものじゃないんですけどね

・・・というわけで設計の人が見てましたら
この次はよろしくお願いします。
                          <moyan>

これで本当に「おすすめレンタカー」なのか
不安ですけど・・・・まあ 日ごろスポットを浴びない
ライトバン紹介ってことで。
  ここを突っつくと釧路情報がいっぱいです。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2014-11-14 15:52 | おすすめレンタカー | Comments(4)  

レンタカーラインアップ~VOXYの巻 10月26日

f0113639_1723721.jpg

10月最後の日曜日 今日の釧路は最高気温18度のポカポカ小春日和でした。
こんな日が続くと今は灯油も高いので家計も大助かりなんですけどね、
明日からはまた寒い日が続きそうな気配で暖かかったり寒かったりで
体のリズムもどうもおかしいぞ。

さてさて、今日は長らくごぶさたしていた「レンタカーラインアップ」。
レンタカーのカタログみたいなものです。

これをやろうと思ったきっかけは・・・・・。
ある日、飲食店もメニューをインターネットで写真公開すればいいのになぁ・・・・と
ラーメンをすすりながら考えた。
ちょっと待てよ・・・・自分のところだってレンタカー屋さんなのにクルマ出てないぞ!
こりゃまずいよな・・・・・・ということでこのカテゴリーが存在します。
何年か経つと「あ~ こんなクルマあったっけな~。」と懐かしくもなりそうです。
f0113639_1723737.jpg

前置きが長くなりましたね。
今日は『VOXY(ヴォクシー)』です。『NOAH(ノア)』とは兄弟車で販売店の違いで
名前が変わります。(アルファードとヴェルファイアもほぼそんな関係です。)
もとをたどればタウンエース・ライトエースで商用車ベースがワゴンに発展、
その後ワンボックスワゴンはファミリー層にも広がり1大ブームとなりました。
子だくさん家族も気の合う仲間でドライブで旅行やキャンプも荷物もいっぱい
積めて重宝したものです。
今でもレンタカーではグループ旅行やビジネスにも大活躍しています。
(レンタカーの料金クラスはW2というランクです。)
f0113639_1725834.jpg

ワンボックスワゴンがブームの頃のスタイルは運転席の座席の下にエンジンや
フロントタイヤがあってドライバーはちょっと窮屈かつ前輪がひろう凹凸をまともに
おしりで受けてましたが、最近は2ボックススタイルに変わり乗り心地が格段と
良くなり、安全性も向上しました。
新型VOXYは乗り心地が向上したのはもちろんですが、特筆するのは運転が
とっても楽ちん。運転席から見た視界がいいので車の四隅がどこにあるのか
把握しやすいので狭いところでのバックも簡単です。
もちろんレンタカーにはバックモニターもついてるし!
そして、ミッションのせいなのかアクセルの反応がすこぶるいいのです。
これは運転していて楽しくなりますよ。
f0113639_1752121.jpg

車内の改良点は床が低くなりました。
以前はステップがあって1段上に上がるかんじでしたが、床が低くなったので
そのままスルスルと座席まで行っちゃいます。
これはレンタカーを掃除していても楽ちんで助かります。
f0113639_1745715.jpg

いちばん後ろのシートはレバーひとつで折りたたんで大収納スペースが生まれるので
北海道旅行へ来たらたくさんおみやげが買えますね・・・・・どれだけ買うんだか?
f0113639_1742269.jpg

ワゴン車となれば燃費も気になるところですが・・・・ハイっ!
ちゃんとハイブリッド車もあります。これで長距離ドライブも安心です。
(ハイブリッドの料金ランクはHW2というランクです。)
今これ買おうかな?と思っているあなたもガソリン料金が高止まりのことを考えると
検討の余地はありそうです。
f0113639_1741178.jpg

今回のモデルチェンジでは「あれっ? 何 このスイッチ??」と私たちも???な
従来のトヨタらしくない変更が随所にみられて設計した人のヤル気を感じます。
f0113639_1755668.jpg

例によってハイブリッド車はマークに青いふちどりがあります。
『VOXY』と言うだけあって顔もデコボコカクカクしていて顔に虫がいっぱいつくと
ちょっと洗いづらいんです・・・・・・・へこんだところにブラシが届かないんだわ。

ライトエースにタウンエースそして世界に誇るハイエースもみんな商用車からの
発展型ワゴン。なにか名前に「エース」がつきますけどトヨタにはもうひとつ
「トヨエース」がありますが・・・・・・
f0113639_1714218.jpg

このトラックはさすがにワゴンにはならんでしょう。
お目目ぱっちり「一文字まゆ」がたくましいけどねネ。
                                 <moyan>

ひさしぶりの「レンタカーラインアップ」
ほめてるのか、けなしてるのか
はたしてこれでPRになってるか疑問ですけど
またやります!・・・・ネタ切れにはこれがいちばん。
   また「ぽち」してね。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2014-10-26 19:32 | おすすめレンタカー | Comments(0)