2012年 02月 09日 ( 1 )

 

このキツネって何を食べてるの? 2月9日

f0113639_171849.jpg

ちょっと暖かい日があってこのまま春に・・・なんてことはなく今日も寒い釧路です。
でも陽射しはいく分やわらかくなってきたような気がしています。

前回は釧路空港ビルでの写真展のお話をしましたが、釧路空港店にもご当地情報で
使った写真をただテーブルとガラスに挟んだだけのミニギャラリーがあります。
ギャラリーというほどたいした写真もないのですが・・・たいくつしのぎになれば。
そのなかで人気なのはなぜかキタキツネの写真です。
小さく写っていたものをトリミングで引き伸ばしたのでボサボサですけどこのボサボサ感が
妙におどろおどろした雰囲気をかもしだしているし表情もいいぞ!
正体は阿寒国際ツルセンターに現れる「コン太」なんですけどね。
タンチョウに与えたはずのウグイをかすめ取ってくわえているのです。

でも、見たことのないお客さんは「これ 何を食べてるんですか?」という質問も多いのです。
コン太も目一杯ワイルドな顔をしているので「シカの足じゃないですかね。」なんて答えると
「キツネがシカを襲って食べちゃうんだ~。さすが北海道だね~。」みたいなことで一件落着
しますが、ここは変なことになっては困るので正直に
「本当はタンチョウに与えた魚をかすめ取って食べているんですよ。」と訂正します。
「どうりで!やっぱりキツネ なんかずるそうな顔してるもん。」
野生むきだしのワイルドな顔も説明ひとつでずるい顔(悪いど!)になってしまうのでした。
f0113639_18464173.jpg

タンチョウ撮影をしていてチョロチョロしているコン太はタンチョウ撮影をしていても
ちょっとしたアクセントになっていて外国人にも人気があります。

さて、前回の記事の欄外で釧路検定の問題を1問だしましたがわかりましたか?
外国人が釧路で宿泊する月で最も多いのはという問題ですが
正解は 厳冬の2月です。
中華圏の旧正月もあって台湾や香港・中国からのお客さんが多いのです。
そして旧正月とはまったく関係のない欧米からも多いのです。
これは100%バードウォッチャーです。世界でもここでしか見ることのできない
タンチョウやオオワシ・オジロワシの乱舞は道東でこの時期しか見ることが
できないからなのです。
釧路市内にいると気づきませんがツルの居る所やワシのいる所は本当に外国人が
多いんですよ。
                                  <moyan>

11日に「釧路夕焼けフォーラム」があるので入場整理券をもらってきたら
定員150人のところ150番の入場整理券でした。
しっかり聞いて夕焼けネタもぼちぼち出しますね。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村

by trlkushiro | 2012-02-09 19:38 | えとせとら | Comments(2)