いちばんマイナー?北斗遺跡 6月29日

f0113639_18371056.jpg

およそ2週間ぐずぐずしていたお天気もここ数日はさわやかに晴れた釧路です。
こうでなくちゃね!
夏の北海道観光のお客さんもじわじわ増えてきました。みなさんどこへ行っているので
しょうか?近郊の阿寒湖・摩周湖・釧路湿原はちゃんと押さえていますでしょうか?
釧路湿原展望台に行かれるお客さんも多いのですが・・・・坂の途中に何かあったような

今日は・・・たぶん・・・いちばん・・・マイナーな観光地?・・・北斗遺跡です。
この業界 長い間勤めていますが初めて行ってきました。
f0113639_1838465.jpg

そもそも大昔紀元前は釧路湿原も海だったんですが、地球の気温が下がって
釧路湿原が生まれます。
北斗遺跡は擦文時代(6世紀飛鳥時代ころ、北海道は時代が本州とは異なります。)
この地に集落がありました、それが北斗遺跡です。
遺跡展示館にそのへんが紹介されています。
行ったときは誰もいなかったのでちょっとレクチャーしてもらいました。
当時の人はアイヌ民族でもなく和人でもないらしい・・・・・いったい誰なんだ?
そんなこと考えながら復元された竪穴式住居へ向かいます。
f0113639_18392244.jpg

誰もいない道をひとりで歩きます・・・・クマさん出ないでね!
f0113639_1840794.jpg

6分ほど歩くと萱葺き屋根のような竪穴式住居の村があらわれます。
みんなテント型でキャンプ場のような感じもします。
f0113639_18405310.jpg

誰もいないと思いますが、中をのぞいて見ます・・・・誰か住んでいたらびっくりですね。
一応玄関をのぞきますが誰もいないようです。
せまい玄関から中は地面が下がっていて踏み台を下りて居間兼寝室権ダイニングです。
f0113639_18415068.jpg

家の奥のほうから入り口方向を撮ってみました。
左上のほうにあるのはトイレではなくてかまどです。ここで煮炊きするようです。
真ん中の焚き火あとは暖をとるためでしょうけど、ここで木を燃やしたら煙で
たいへんなことになりそうです。
そして火事も多かったようです・・・そりゃ そうだよね。
でも夏はいいけど冬は寒いだろうなあ。
f0113639_18422218.jpg

大昔の釧路人は擦文土器で煮炊きをしたのだそうです。
遺跡から出るものはなんで釣鐘をさかさまにしたようなものなのか疑問でしたが・・・
f0113639_18424824.jpg

こんなふうに使っていたようです・・・・もっと楽しそうな絵でもいいような。
f0113639_18444478.jpg

住居の屋根は萱葺き屋根のようですが、釧路には萱がないので湿原にはいっぱいある
ヨシでできています。
いっぱいあるといってもこれだけ集めるのは大変です。
北斗遺跡には5戸が復元されていますが作ったときはヨシ集め大変だったと思われます。
どこのゼネコンが請け負ったのでしょうか?
f0113639_18452129.jpg

だれもいないと思っていたら人影が動いてびっくり!
恐る恐るお話を聞くと1年に1戸ずつ補修をしているらしいのです。
やっぱりこのヨシ集めが大変らしい。
前年の11月のうちに大量に集めて葉を落として保管するとか。(ご苦労さまです)
f0113639_18454731.jpg

遺跡展示館入り口には来館者がどこから来たのか記入するところがありますが
圧倒的に道外から・・・まちがえました! パラパラと道外からのほうが当たってる。
釧路市民は少ないんですって。(私も初めてだもんね)
現在から1500年前の住居におじゃまするのもいい体験でした。
                             <moyan>

もう今年も半分終わってしまいますね・・・早いものです。
レンタカー屋さんはこれからが本番で忙しくなってきます。
  更新頻度・・・がんばります!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-06-29 22:16 | えとせとら | Comments(0)  

<< 涼しいですよ!釧路 7月5日 春採公園シマエナガフィーバー完... >>