ツルに恩返しせにゃならんね 3月10日

f0113639_1785998.jpg

時おり冷たい風が吹くものの日差しは柔らかくすっかり春らしくなってきました。
返ってくるレンタカーも泥だらけで職業柄こんなことでも春を感じてしまう毎日です。
春になると給餌場に集まっていたタンチョウもそろそろ湿原に帰っていく頃。
釧路空港下のつがいも道路わきで牛のエサを横取りしているのを見かけました。
なかなか要領のいいツルちゃん夫婦です。
f0113639_1794598.jpg

今シーズンは異変があって、多いときには200羽あまりが集結する給餌場に
ツルちゃんたちが集まらないという変な年でした。
原因は昨年秋の台風で収穫まぎわのデントコーン(牛の飼料)が風で倒れてしまい
収穫できずにそのままにしてました。雪でも降れば埋もれてしまうのですけど、その
雪が少なかったためにツルちゃんたちはしめしめと畑で倒れたデントコーン食べ放題
という事になりました。
ちょうど給餌場のほうでもエサの量を少なく、なおかつ分散させてタンチョウが1箇所に
集まり過ぎないように方策を立て・・・これはこれでうまくいったのかな?
ただ困ったのはカメラマン。特に鶴居の菊池牧場に代表される夕鶴撮影が・・・・。
いつもなら空がオレンジ色に染まるころ、バサバサと時にはV字編隊を組んで飛んでくる
ツルちゃんたちが待てど暮らせど来ないのです。
ツルちゃんたち付近の畑からねぐらに帰るので飛行コースがバラバラで予測不能に
陥った人も多かったんじゃないですか?
f0113639_1711384.jpg

そんなこともありましたが、釧路の冬の観光には欠かせない存在です。
野性動物でありながら、ほぼ100%見ることができるのは驚異的なことです。
しかもここでしか見ることができない! ツルちゃんたちに感謝ですね。
f0113639_17121254.jpg

阿寒国際ツルセンターも毎日大盛況でした。
大勢のカメラマンに囲まれ静か~にエサをついばんでいるとカメラマンも退屈ですが
そのへんを心得た気の利いたツルもいて。
なにやら怒りまくってケンカをしかける→応戦する→他のツルも挑発される→大ゲンカ
ということがあってどこにピントを合わせりゃいいの?・・ということもしばしば。
f0113639_17103430.jpg

普段の優雅な姿からは想像もつかない、けっこう気性の荒い鳥のようです。
春先は湿原で自分でテリトリーをつくり他を寄せ付けません。
私も一度、湿原内で魚釣りをしていて・・・・・なわばり内だったのでしょうね
「カッ カッ カッ!」とじわじわツルちゃんに追いつめられたことがあります。
あのくちばしで突っつかれたら、そりゃ痛いでしょうツルハシと言うくらいですから。
                                     <moyan>

前回「5位にしがみついています」って書いたら
なんと!一瞬 1位のときがありました! すぐズッコケましたけど
   またよろしくです!
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2016-03-10 19:14 | えとせとら | Comments(0)  

<< 転勤族のための釧路講座「食」 ... 開通まであと1週間 3月5日 >>