時代を作ったイケ面たち(全メーカー編) 3月18日

f0113639_13233585.jpg

ポカポカ陽気が続いて道路わきの雪山もだんだん低く小さくなってきました。
でも油断すると2車線の道がいきなり1.5車線になるところもあるので
しっかり前を見てクルマの運転をしましょう。
国道38号線 釧路市宝町あたりなんとかして!

さて、前回のつづき  ※今日も長いので覚悟して見てください

<トヨタ編>のあとは<全メーカー編>です・・・とは言えやっぱり1枚目の写真は
トヨタ車で、まだ発売前でモーターショーで登場したFCVというクルマです。
超未来的なお顔であんまり愛嬌がないかな・・・・ひげクジラの顔みたい?

愛嬌たっぷりのなつかしい顔もあるのでどうぞ。
f0113639_13235750.jpg

さあ それでは・・・・。
まずはお目目パッチリの日産「サニー」。
直線的なラインのスタイルでかっこよかったです。(ボデーカラー赤が特に)
カローラとは良きライバルでした。
今日も写真がいっぱいでバンバンいきます。
f0113639_13251798.jpg

こちらは「スバル1000」。
たしかFF(前輪駆動)だと思う・・・スバルはこのあと「レオーネ」などFFや4WDや
水平対向エンジンなど先進的なクルマが多かったですね。
黄色いフォグランプは後付けだと思いますが最近は黄色フォグ見なくなったなぁ。
f0113639_13251587.jpg

凛々しいお顔はマツダ「ファミリア」。
この1965年あたりは自動車メーカー各社もバンバン新型車を出した時期のようです。
それだけファミリーカーの需要もあった頃なんでしょうね。
f0113639_13254877.jpg

スカGファンならみんな知ってるプリンススカイラインGTB。
国内の自動車レースでは国産車で唯一ポルシェと互角の戦いをしていたクルマです。
スポーツカーらしくない顔(頑固おやじ風)でバリバリやったんですね。
f0113639_13264078.jpg

むかしは今のトラックメーカーも乗用車を作ってました。
こちらは「日野ルノー」。
イタリアのルノー社のものを国内生産していたようです。
エンジンが後ろにあるRR(リアエンジン・リアドライブ)という駆動方式です。
これはフォルクスワーゲンのビートルも同じ。
フロント部分にラジエターがないのでぺろんとしていてもいいけど、味気ないので
あえてお飾りがあるみたいですね。
f0113639_1327252.jpg

これも日野自動車の「コンテッサ」・・・・ネーミングがイタリア~ノです。
ヴィッツにしてもパッソにしてもクルマの名前ってイタリア語みたいのが多いのです。
さて、こちらもRRで好きなように顔を作れるのですがヒゲのように見えるラジエター
グリル風のものが見えます。
このRR駆動は大型バスがその方式・・・さすが日野自動車です。
f0113639_13281655.jpg

今でも超カッコイイ「117クーペ」いすず自動車です。
クルマ好きの人ならみんな知ってるジウジアーロのデザイン。(サッカー選手じゃないよ)
いすず自動車はジェミニとかフローリアン・ピアッツァという乗用車も作ってましたね。
もちろんエルフもあります。(ダイナ・トヨエースとは良きライバルです)
f0113639_1328133.jpg

珍しいたて目4灯は日産「セドリック」。
ほとんどが横目なんですが・・・そういえば古いベンツもたて長ヘッドライトありますね。
1960年ではまだエンジンが大きかったみたいで、現在のクルマのように先端を下げれ
なかったみたいです。
でも、風格みたいなものを感じます。
f0113639_13284035.jpg

風格といえばプリンス「グロリア」。その後日産の高級車2枚看板の「セド・グロ」と
呼ばれる1台です。
メッキがピカピカで神社仏閣のような和風の雰囲気もただよいます。
f0113639_13313647.jpg

日本車で はずすことができない軽自動車。
スバル360から始まり各社個性的な軽自動車がでてきました。
そのなかで元祖アルトがこのスズキ「フロンテ」
目がパッチリで「小さくてもがんばるぞー!」みたいなかんじ。
f0113639_13321056.jpg

いっぽうこちらはホンダ「N360」通称エヌサン。
小さい寸法できっちり納まるようにムダを省いた超合理的な設計でこのボデーデザインは
いま見ても古さを感じません。
f0113639_13341898.jpg

このシリーズ、今日でケリをつけたいので今度は外国車。
まずは「サンダーバード」。
このあたりのアメリカ車は映画とかにもよく出てきますね。
「アメリカン・グラフティー」とかちょっと不良っぽいヤンキー若者がワイワイ言って
乗ってました。
サンダーバードと言っても1号とか2号は関係ありません。
でもグリルの中にある丸いもの・・・なんでしょうね?
ミサイル出る?
f0113639_13345860.jpg

顔がメインの特集でおどろいたのがこの顔です・・・・三つ目。
いい男とは・・・・・・  ちょっとね・・・・・。
「タッカー48」というクルマでした。
f0113639_13355195.jpg

アメリカ車は独特のキンキラキンの顔が多かった中、キマッていたのが
フォード「ムスタング」。
3代目カローラの時かなLB(リフトバック)というのがあって、このムスタングと
顔がよく似てました。(やっぱりカッコ良かったです)
f0113639_13363543.jpg

華やかなアメリカ車とは正反対のドイツ車は質実剛健をつらぬいております。
f0113639_13364182.jpg

これでもか!とばかりのキンキラキンのキャデラック・・・・近寄りがたいオーラが。
ダブルクッションのベッドのようにも見えますが・・・・・・・・・・・・。
f0113639_13371082.jpg

こんな風にも思えた。
かじられたら御利益があります。
                              <moyan>

長~いのを最後まで見ていただきありがとうございます。
      「ここ」はさっさと済ませましょう。
      ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
トヨタレンタリース釧路のホームページはこちらをクリックして下さい。

by trlkushiro | 2015-03-18 17:11 | えとせとら | Comments(2)  

Commented by おがっち at 2015-03-19 09:38 x
やっぱりスポーツカーは、スカイラインですよ!!w

あの、ブレーキランプはステキ過ぎる!!←ここ。





Commented by trlkushiro at 2015-03-19 11:15
あの丸いテールランプはスカイラインの代名詞でした。
モデルが代わっても引き継がれていたもんね。

表の顔があるなら、裏の顔もあって最近はLEDで
なんでも作れそうです。
信号待ちで前の車のうしろにつくと・・・
何かじーっとにらまれているようなクルマもありますね。

今度は「裏の顔」特集も考えてみます。
               <moyan>

<< 春の夕焼け写真集 3月22日 時代を作ったイケ面たち(トヨタ... >>