流木の「くーちゃん」ならここにいます。 1月14日

f0113639_16534853.jpg

最低気温は昨日がいちばんでしたが今日は風があって体感的には今年いちばんでした。
レンタカーを返却のお客さんもこの気温を体験したら本州の寒さなんかへっちゃらだい!
みたいなことを言ってました。
さて、11日のことですが釧路川にアザラシが迷い込んだようで、しかもあのラッコの
くーちゃんがひなたぼっこをしたいかだに上がってひなたぼっこをしたようです。
12日はお休みをいただいていたので、どれどれと2回も見にいきましたが発見できず
「あ~もういなくなったのね。」と思ったら昨日のテレビにでているではありませんか。
釧路市民はもうくーちゃんの再来のような思いをしているのではないかと思うんですよね。

くーちゃんメモリアルではないけど釧路空港店にまさにくーちゃんそっくりの流木があり
ます。釧路町在住の流木アーチィスト遠藤国光氏から寄贈いただいたもので目とか口や
全体の丸くなっているところとかよく似ていますよ。

釧路にいたころのくーちゃん写真を見て思い出してみました。
下の写真は釧路に来た翌日、取材のボートが近づきびっくりしているところです。
このころはまだ警戒心があったみたい。
f0113639_16542362.jpg

これは「今日はくーちゃんいないのかな~。」と思ったら目の前で橋のたもとのコンクリート
をよじ登ってきたところ。
f0113639_16544633.jpg

コンクリートの割れ目を利用してよいしょよいしょとよじ登りました。
濡れているところがそうです。
最初に陸に揚がったときは「くーちゃん上陸!」と新聞の見出しにもでてましたね。
陸に揚がるとさっそくギャラリーが写真撮影をします。
f0113639_16552364.jpg

では、超アップで。
「何 考えているんだろう?故郷のことを思っているのか?」と私はこの時思いました。
でもきっと「はら へったな~。」ぐらいなことですね。
その後は食べまくっておなかパンパンでした。
f0113639_16554857.jpg

くーちゃんはたちまち子供たちにも大人気でおじいちゃんに連れられ・・・?
というか孫たちにひっぱられておじいちゃんも走ります。
4月になると日銀側のほうでよくひなたぼっこをしてましたね。
f0113639_16561672.jpg

こんな光景があちこちで見られていい思い出となりました。
いまだに写真を撮ったころを鮮明に覚えているのでまだボケてないとはおもいますが
昔のことは覚えているけどちょっと前のことが思い出せないことがあるのでそろそろです。

釧路川に現れたアザラシは幣舞橋(ぬさまいばし)にちなんで「ぬーちゃん」と命名された
ようですね。フィッシャーマンズワーフmooのmoo(ムー)をとって「ムーちゃん」のほうが
かわいいような気もするしフィッシャーマンズワーフも喜ぶと思うのですが慣れれば大丈夫
でしょう。
少し弱っているのではということなので外敵のいない釧路川でゆっくりしていってほしい
ものです。
住民票を発行すると「タマちゃん」をはじめ「くーちゃん」もなぜかすぐにいなくなるので
今回は慎重にお願いします。
                              <moyan>

それにしても最初に見つけた人はびっくりでしょうね
「えー!? くーちゃ・・・・ん じゃな~い。」てな かんじでしょうか?
16日までいてくれたら写真撮りに行ってみますが、
それまでに寒さが緩んでほしいものです。
        ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へ
にほんブログ村
          

by trlkushiro | 2012-01-14 18:43 | えとせとら | Comments(0)  

<< 21日から「SL冬の湿原号」運... クロスロード  1月13日 >>